ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】思春期のノンケ中学生2人が過ちを犯した話

【ゲイ】思春期のノンケ中学生2人が過ちを犯した話

【体験談】山梨県在住の投稿者が学生の頃、よく親友とエロビデオ鑑賞をしていたらしい。2人ともノンケなのだが、童貞を拗らせて性欲のピークを迎える少年二人は・・・

ノンケ同士のゲイ体験談

現在は既婚で子供2人、ホモじゃないけど、夏になると思い出してしまいます。

中学3年の時、親友の家にほぼ毎日遊びに行ってました。

遊ぶ事と言えば、エロ本、エロビデオを見たりと、2人共かなりのスケベで、親友の前でも、チンコ出してセンズリもしてました。

先輩が裏ビデオを貸してくれて、2人で見てたら、かなり衝撃的でした。初めて見た、おまんこよりも、男優のチンコのでかさに驚きました。

2人共、仮性包茎、勃起時は親友の方が長さが1㌢長くて13㌢、俺は12㌢だけど亀頭は俺のが大きかった、平均的な大きさだと思ってたのに、男優のチンコは勃起してないのに、黒ずんでて見事なズルムケで、勃起したら女性が両手で掴んでも、亀頭が出て、20㌢以上はあるとビックリでした。

女性が亀頭を口に入れてフェラを始めると興奮しまくりました。

「気持ち良さそうだな、絶対に気持ち良いよ、俺のチンコもしてくれる子いないかな」と親友が

「吸えば大きくなるんじゃないか?」

「そうだよな、お前の母ちゃん吸ってくれないかな」

「バカな事言ってんなよ」

「でも、やられたいな」

「お前、試しに俺のチンコ吸ってくれよ」

「やだよ」と言われたけど顔の前にチンコを出して、「頼むよ、お願い、俺もするから」

俺のチンコを握りました

「初体験、自分以外のチンコ触るの、こんなに堅いか太く感じるし、シゴイテやるよ」

握った手を動かされると自分でやるより気持ちいい

「気持ちイイよ、そのまま吸ってくれよ」

親友が亀頭を口に含んで、吸いだすと、刺激が強くて「あ、ダメだ、出るぞ」

自分から離れた瞬間に、射精してしまい、床の上に飛ばしてしまい「ばか野郎、そんなとこに出すなよ、汚いな」

「しょうがないだろ、気持ち良かったよ」

「やっぱり、気持ち悪いなチンコくわえるのは」

「俺やってやるから、目つぶって、好きな女だと思えよ」

チンコを握り、先を舐めるとヌル、ショパイ

「ウッ、感じる」と親友の声がして

くわえて、ビデオで見たように上下に動かすと、俺も興奮してきて、また勃起状態に、

「俺も、出ちゃうぞ」

一度、口から離して、「いいぞ、出しても、どんなもんだか試そうぜ」

もう一度くわえて、動かすと、亀頭が膨れた感じになると、生温かい物が口の中一杯に、「ゲェ、気持ちワリイ」

口から精子を吐き出しました。

「ダメだ、これは、良く飲めるな、こんな物が、美味しいって言ってたよな」

「俺、大丈夫だ出来るぞ、センズリより気持ち良かっただろ、またしてやるよ」

「うん、確かに気持ちいいな、女だと思えば全然平気だし、俺も別にいいぞ」

それからは、夏休み中やりまくりで、夏休みの最後の日にチンコ2人計ったら、なんと1㌢長くなって、包茎も前は綺麗に被ってたのに、小さい状態でも、亀頭が1/3くらい出るようになっていました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。