ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】公園遊具で全裸種付けされました・・・・・・

【ゲイ体験談】公園遊具で全裸種付けされました・・・・・・

道具としての幸福感

埼玉県在住の社会人さんからの投稿。ひと月ほど前に野外で生掘りしてもらったタチから、また種付けしたいとメールをもらった投稿者。どうやら投稿者のアナルが忘れられなかったようだ。待ち合わせたのは埼玉県内の某公園。夜といえども外灯が照らす公園の遊具で投稿者は全裸になり、人目をはばからず吠えまくり・・・・・・

公園遊具で全裸種付け

デカマラ22歳B系ガッチリタチの性処理種膣になってきた。

そいつとは前一回やったことありで、そんときの俺の絡み付く生膣が
忘れられなかったらしく、しつこく兄貴のケツマン掘りてえよ、
種付けしてえってメールしてきたんで、会うことにした。

そいつとはいつも野外で俺だけマッパという恥辱的な感じで責められる。
奴も年上を辱めるのが好きで、俺も性処理道具が服着てちゃおかしいだろって考えなんで、掘られる時はいつでもどこでもマッパ。

リスクは高いけどね。

待ち合わせ場所の公園で、奴は短パンからデカマラだけ出すと、
くわえろよといわんばかりに無言で俺の前につきだしてくる。
俺はデカマラ欲しくてたまんねえから、ついついガッツイて吸い付き、舐めまくる。これこれ、相変わらずデカイんだ。

「そんなに欲しくてたまんなかったんか?うめえか?
デカマラ欲しかったんやろ?もっと、気合いいれてしゃぶれや!」

急にSっぽくなるタチ。

俺は、22cmはある奴のギンギンデカマラを喉までいれて、えずきながらしゃぶりまくる。

ツバだか胃液か分からない液体で口中満たしてジュポジュポやってると

「うっ!すげっ!クチマンでイッちまっていいんか?もうおわっちまうぞ!」

と言われ、急いで口から離す。

「そんなに、ケツマンにデカマラ欲しいんか?

種付けされてえんか?あぁっ?言ってみろ淫乱野郎!」と言われ、

「うっす!俺の淫乱ケツマンコに生デカマラ入れてください。
種付けまくってくださいっ。お願いしますっ。」

「よし、じゃあ、移動だ」

の合図で近くの公園の遊具に移動し、俺はその場でマッパになり四つんばいで両手でケツタブ引っ張って、ケツマンコを奴にさらす。夜、人があまりこない公園だか、照明はついており、少し遠くからでも丸見えのはずだ。ましてや、奴には開いたケツマンは丸見えで、年下に掘ってもらいたくて、ケツマンひくつかせてる自分に酔いしれ、マラも糸引いてギンギンだ。

「いつも、こんなんやってるんか?いやらしい兄貴やな?デカマラのためなら、なんでもやりそうやな?なあっ?変態兄貴?」

と、奴に言われ、俺は違うと首を横に振る。

「おまえにしか、こんな道具姿見せてないよ。そんな事より早く、ケツマンぶっかきまわしてくれよ。」

と嘘をついて懇願する。
こんなんは、いつもやってることだが、おまえだけってのが、
タチは安心し満足するらしく、俺はいつもと同じセリフをはく。

「嘘つけ!おまえが俺だけで満足するわけねえだろ?
他の奴にも生で掘られて、種付けされてんだろ?」

俺はまた首を横に降りつつ、ケツマンを指マンでグチャグチャ挑発しながら奴によりつき出す。

「そんな入れて欲しいんか?ぶちこむぞ!」

若いだけあって、我慢できないのか、速攻ズブズブ俺のケツマンに
ギンギンデカマラを当然のように生で一気に根元までぶちこんでくる。

「マジっ、こいつデケエっ!たまんねっ。俺の生マンコ使いまくってくれっ!」

俺は、淫乱スイッチがはいっちまい、叫びまくる。

「マジこのマンコたまんねっ。こらっ、そんな締めんな!イッちまうだろぅが!」

と言いながら、俺のケツタブをピシャッとたたきまくる。
俺はウオッウオッ言いながら、狂ったようにケツを振りまくる。
もっと欲しいもっとぶっかきまわしてビロビロにしてくれと言わんばかりに。
奴は俺のケツタブ開きながら、奥へ奥へ遠慮なく突っ込みまくってくる。

「当たるうぅっ。そこそこ。イイっ。」

「野郎くせえ顔してんのに、すげえ淫乱女やな!俺の種欲しいんか?」

俺は、「欲しいっ!たっぷり生マンコに種付けしてえぇっ!」

と叫んで懇願する。それを聞いて、すげえ勢いでピストンしてくる。

「そろそろイクぞっ!あああっ!イクイクイクっ!イッグうぅっ!」

俺のケツマンコにたまってたのか、タップリ種付けてんのがわかる。
すげえまだ止まんねって言いながら、ユルユル腰動かして、出しまくってやがる。俺も我慢できず、種付けられてんの感じながら、トコロテンでビュッビュッザー汁飛ばしまくる。

奴は、俺のマンコに擦りつけるように、腰動かしてくれる。
俺がいつもタチに漏らしたくねえからって言ってやってもらってるんだ。

いいかげん萎えてきたのか、スッとタネマンからマラが抜ける。
よっぽど、大量なのかツウッーと奴の種がマンコから垂れるのを感じた。
奴は、ご苦労さんとばかりに俺のケツタブをたたくと、帰るぞと車に向かう。

性処理道具と実感できる瞬間であり、すげえうれしい瞬間だ。
もっともっと種付けされてえぇっ!

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。