ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】女装ノンケがオジサンに無理矢理キスされちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】女装ノンケがオジサンに無理矢理キスされちゃって・・・・・・

女装ノンケ

ハッテン映画館に行ってきました。

そこは女装子さんが集まる場所みたいで、前と同じカッコで出かけました。

映画館に着いて、ミニスカになったんですが乱暴に触ってくる人がいて、途中で出たんです。

不完全燃焼のまま、電車に乗りました。

終電間近なこともあって電車はガラガラ、2人がけの席に座ると隣に50くらいのオジサンが。

いっぱい空いてるのにと思って、電車が動き出した瞬間に

「見てたよ、さっき。」ておじさんに小さい声で言われて。

全く気づいてなかっけど、映画館から後ろをつけられてたみたいでした。

聞こえないふりして目を閉じたら、膝の上にコートのせられて手が股間に。 そのまま触られ続けてたらカタくなってきて。

「次で降りよう。わかってるよね。」おじさんが小さい声でいいます。

怖かったけど、かなり興奮してたので同じ駅でおりました。

おじさんについていくと、アパートに。

部屋に招かれると、六畳くらいの場所。 椅子に座るよう言われて

「電車の中で感じてたね。あんな下着はいて映画館に行くって変態なんかな?」

「違います、、。経験もないし。」

「でも気持ちいいことすきなんでしょ?」

うつむいていると、顎を持たれて無理矢理キスされました。

「ほら、口あけて。」

ベロがはいってきて、ヨダレまみれになるまでキス。

もうよくわからなくなって、服を脱ぐように言われてブラ、パンティだけに。 目隠しされて、手と足が拘束。

ブラをとられて乳首責め、さしだされたおじさんのモノを夢中でしゃぶりました。

おじさんのモノをしゃぶるのが、初めてのフェラだったんですが、あまり抵抗はありませんでした。

独特の感触が口の中で動きまわる感じで、頭は何も考えられなくて。

上手ではなかったと思いますが、しばらくするとおじさんが

「でるっ」

といいながら口からモノを抜いた瞬間、口のまわりにドロっとしたミルクが。 それと同時に、おじさんが僕のモノを口に含んだんです。

その時点でカチカチのパンパンだった僕のモノからは、びゅるびゅると濃いミルクが出ました。

今まで経験したことない感じで、腰がガクガクするくらい気持ちよかったです。

放心状態の僕のあいた口に、おじさんが指で口の周りのミルクを、その後にキスで僕のミルクをうつされました。

「飲んで。」と耳元で囁かれて。

出したばかりだったのに、口の中にひろがるミルクの味とこってりした舌触りに、また興奮して飲んでしまいました。

喉にひっかかる感じかしました。

縄をとかれ、足で手を持って赤ちゃんのオムツみたいなポーズにされると、アナルを指と口で責められました。

これもはじめてだったけど、すごい気持ちよかったです。

「ヒクヒクしてる。ここも経験してみる?」

指でされる以上の感触を期待してうなずきます。

「どうして欲しいか言わないと、わからないよ。」

なんて言ったらいいかわからなくて、戸惑っていると、

「じゃあ、今日はここで、、。」

「イヤっ、おしりもっと気持ちよくさせて下さい!」

それを聞いたおじさんは、少し笑って手にとったローションをアナルに塗りこんできました。 力を抜くように言われそのまま挿入。

入口でつかえたけど、メリっ音と痛みとともに中にはいってきます。

おしりに異物がはいってるのは不思議な感じで、あまり気持ちよさはわかりませんでしたが、女の子みたいなカッコで犯されてる自分に興奮しました。

しばらくおじさんは腰を降り続けて、イキました。

自分のモノを抜いたおじさんに少しこすられただけで、僕はいってお腹にミルクをまきました。

お腹の上にミルクをまいてしばらくしたら何か急に冷静になって、自分がしたことに嫌悪感が出てきました。

女装はしても、俗にいうノンケで恋人もいます。

急いで着替えて、おじさんの家を出ました。

出る時に「また会おうね。」っ言われました。

もうこんなことしたらダメだと思い、

「もう会わないと思います。」と言って出てきました。

次の日、おじさんとのことを忘れためにAVを見ることにしました。

昨日は気の迷いだったんだとおもいながら見てたんですが、フェラのシーン、顔にかけられてるシーン、そして挿入のシーンを見ていたら、おじさんとのことが思い出されて結果AVでなくおじさんに犯される自分の想像でイッてしまいました。

そこからはもうどうしても忘れられなくて体が疼く感じで。

理性を抑えきれずに、おじさんに会いたくて連絡をしました。

「忘れモノをしたからとりにいく。」

というわざとらしい理由を伝えると、夜ならいいとのことでした。

でも、おじさんには前日に言った手前、どうしたらいいのかわからなくて。 結局そのまま当日に。

Tバックが好きだと言ってたのを思い出して、ほとんどヒモみたいなのを履いて誘惑してみようと思いました。

おじさんの家に行きました。

忘れモノを探すフリをしながら、いつ下着になろうか考えていました。

でもそんなタイミングはなかなかなくて、忘れモノを探すフリも限界に。

「何わすれたん?ないの?」

横で見ているおじさんに聞かれて、一瞬答えにつまりました。

「て、定期です。でもないみたいで。」

「ふーん、じゃあ、これ何?」

おじさんの手をみると、僕のサイフ。

ポケットから出してテーブルにおいといたのに、いつのまにかおじさんの手に。

「定期なら、はじめからここにあるやん。今日は何しにきたん?」

簡単な失敗で、恥ずかしくて何も言えません。

「また気持ちよくなりたいんやろ?」

そういうとおじさんは、ズボンとパンツをおろしました。

手でしごくとみるみるうちに大きくなります。

口、お尻にいれられた感触を思い出して、ボッキしました。

そのままおじさんが近づいてきて、モノが口の前に。

たまらずくわえようとすると、

「もう一回聞くけど、今日は何しにきたん?」

「家に帰ってもわすれられなくて、もう一回気持ちよくなりたくて!Tバック履いてきたんで、気持ちよくして下さい!」

我慢出来ず正直に言いました。

「しゃぶりたかったら、脱いで、自分のモノしごきながらおねだりしてみて。」

言われたとおりTバック一枚になり、カチカチのモノをしごきながら言いました。

「お願いします。しゃぶらせて下さい。」

さしだされたおじさんのモノを夢中でしゃぶりました。

口の中を圧迫する感触、匂い、たまりませんでした。

自分のしごいてたものからはすぐにミルクが。

おじさんの足にかかり舐めさせられました。

足、乳首、脇を舐めて、キス。

舌を夢中で吸いました。

キスしながらアナルに指、出し入れせれてもうカチカチです。

今度は自分からおねだりしました。

「おしり気持ちよくして下さい。かきまわしてください!」

「可愛いね、いれてあげる。」

バックであてがわれて、すぐにはいってきます。

奥までくる感じ、一日目より気持ちよくなってました。

すぐにミルクが出そうになって、

「出そうです。」というと動きが止まります。

抜かれそうになった瞬間、もう一度おじさんのモノが入ってきたんです、かなり奥まで。

腰がぬけるくらい気持ちよくよくて、大量のミルクを噴射してしまいました。

おじさんも少しおくれてイキました。

ゴムの中のミルクを舌におとされ、口じゅうで味わってごっくん。

舌に残る感触。

しばらくしてまた後悔する感じになって、家に帰りました。

おじさんのの家は少し行きにくいこともあり、今後は行くことはないと思います。

それでも目覚めた身体の疼きはおさまらなくて、ご主人様を探そうと最近は考えています。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。