ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】大晦日から元旦にかけてハメ倒したった話

【ゲイ】大晦日から元旦にかけてハメ倒したった話

種付け初め

年末に福岡県に旅行に行ってきたという投稿者。せっかくなので年越しをハメながら過ごしたいと思い、地元の掲示板に募集をかけたという。そして真面目そうな青年とホテルで会うことになったらしいが・・・・・・
騎乗位の青年
数年前の話です。

年末年始を、九州の某県に旅行に行った時の話。

大晦日から元旦にかけて、ハメて過ごしたいと思ったので、地元の有名な掲示板で相手を募集した。その中からいいかなと思った奴に連絡して、ホテルに来させた。

相手はK太という名前。

一見すると真面目そうだが、実はエロの固まりみたいなのでハメてよがらせたかった。

部屋のドアを開けて中へ入った途端、背後から抱きしめ、そのままベルトを外しジーンズ下ろした。

片手でそのままビキニの上から揉みしだくようにして、もう片方の手で顔をこちらに向け、唇を貪った。舌を激しく絡ませ、その状態に既に感じ始めているK太のビキニは、我慢汁が溢れじっとりと濡れていた。

ビキニの上からその我慢汁を嘗めまくってやり、丸ごと大口開けて含んでやると、ガクガクと腰が立たない感じで崩れかかった。

ケツは予めキレイにしてこいと命じてあったから、ベッドへ運ぶと、上半身はまだ服を着たままだが、下半身は全部脱がされ、露わになった状態で、予想よりデカいK太のマラを深々としゃぶってやる。

女みたいにアンアン鳴かれると気分は冷めてしまうが、K太はいい感じで唸るように鳴いてくれる。もっと鳴かせたいと思って、マラに舌を絡ませ、なぞるようにゆっくりとしゃぶってやると、ますますいい感じで鳴きを入れてきた。

しゃぶりながら、握っていたその手を俺のマラに導き、今度は俺のマラをしゃぶらせた。部屋の明かりは点いたままで、K太が恍惚の表情で俺のマラを味わうようにしゃぶっている。

その姿をマジマジと見てると、こいつ真面目そうなのに、ホントはかなりのドエロなんだなって思った。

年越しの0時までにはまだ時間がある。暫くの間ベッドの上でお互いのマラを握り、
扱き合いながら、ずっと唇を離さずキスしていた。キス好きな俺は、K太の柔らかくプルっとした唇の感触に大満足で、貪るようにその感触を味わった。

K太は早く入れて欲しい素振りを見せるが、わざと焦らしてやる。ホントは俺だってすぐに入れたかったが、合間合間にK太の穴を探ると、これまた柔らかく、かといって、全然ガバマンではないその絶品の穴が、俺の指をキュッと絞め付ける感触を考えると、俺の目的である年を跨いだSEXの目的が果たせなくなりそうで我慢した。

時間は23:30をちょっと過ぎた辺り。そろそろマラを挿入しようと決めた。

マラでツンツンとオイルを垂らした穴を突いた。予想通り、その柔らかな穴はズブズブと俺のマラを吸い込んだ。

K太は穴の中でギュッと包むようにマラを刺激してくる。これは気をつけなければ早めにイッてしまうかも知れない。

なのでガン堀りよりも、ゆっくりとその感触を味わう。バックで掘っている時、K太のマラは勃ったまま、ゆさゆさ揺れていた。そのマラから我慢汁が糸を伝うようにタラーっと流れている。その姿が何ともやらしく感じ、益々俺自身がエロモードになる。

時間は23:55。

『0:00を過ぎたところでぶっ放したい。K太の絶品マンコを俺のザーメンでなみなみに満たしたい』

するとK太が「正常位でギュッて抱きしめられて、キスしながら俺の中でイッて」と言う。

恥ずかしそうにそう言ったK太が可愛くてたまらなくなって、リクエストに応えることにした。K太を強く抱きしめ唇を貪る。

そして、マラをゆっくりと、わざと抜けるようにしつつ、すぐにガバッと奥まで挿入する。その度にK太は仰け反る。

K太はマラが抜けないよう、俺のケツをガッチリ掴んでくる。マラを出し入れする速度を徐々に上げていく。K太の鳴き声も段々とデカくなる。

さすがに隣の部屋に聞こえやしないかと思い、俺の唇を強く押し当て舌を絡める。

時計を見た。

23:59。スパートをかける。

K太から声にならない声が漏れる。俺もそろそろ限界だ。

時計が0:00に変わった。

唇を離し、K太に言った。

「イクぞっ」

K太が頷く。

俺はマラをK太の穴の奥深くに、思い切り強く挿したところで発射した。何度も何度もビクッビクッとなりながら、これでもかと言うくらい俺の種を仕込んだ。

その時、K太も同時にトコロテンで発射した。2人の腹と胸は、K太のザーメンでベトベトだった。そのザーメンをかき集め、K太に見せつけるように嘗めると、K太は唇を合わせ、今自分が出したザーメンを俺の口から奪い、そしてまた押し込んできた。

俺はK太のザーメンを飲み込み、再びK太の唇を貪った。繋がったまま、イチャイチャとずっとキスをしていた。

俺のマラは萎えることなく、穴の中で時折ヒクついていた。それを感じているK太も、穴をキュッと絞め付けおねだりしてきた。

断る理由はない。

種付けしてやる度に、そのザーメンが穴から溢れ、それがオイルいらずの絶品マンコに磨きをかけ、俺のマラも萎えしらず。

明け方まで、K太に何度も何度も種付けしてやった。

あれは最高の正月だった。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。