ホーム » BL小説/カップル » 【BL】交際一ヶ月のバカップルだけどペアリング買ってみた!

【BL】交際一ヶ月のバカップルだけどペアリング買ってみた!

元彼とつけてたペアリング

主人公のマナは同じ大学に通っているヨシヒロと付き合って1月が経ち、従姉の経営するバーに2人で挨拶がてら飲みに行った。従姉は昔から投稿者のよき理解者で2人を祝福してくれた。お酒も進み、従姉は話の流れで投稿者の元カレの話をしてしまい・・・・・・

ラブラブカップル

ひさびさに投稿します、ヨシヒロと俺は、あいかわらずって感じです。

 

この前、従姉のやってるダイニングバーに、ヨシヒロを連れてった。

 

従姉のサヤ姉は、俺がゲイなことを理解してくれてて、ヨシヒロのことを彼氏やって紹介した。

 

「へぇ、マナ(俺です)のタイプやん」

 

サヤ姉はそう言って、ヨシヒロを見て、「でもさぁ、何で指輪着けてないん? アッ君の時は着けてたやん」

 

ちょっとサヤ姉、いきなりそんなこと、このバカに言ったら…。

 

ヨシヒロはジッと俺を見ながら、なんとも言えない顔で「今度絶対買いに行きます」

 

あーあやっぱり。

 

ちなみにアッ君は、俺の元彼のアツシのことです。

 

その後もサヤ姉とヨシヒロは、指輪買うなら、安くしてくれるトコ紹介してやるとかなんとかで、2人で盛り上がって、俺のことはほったらかし。

 

ま、ヨシヒロが従姉と仲良くなれたことだしいっか。

 

その後、サヤ姉が仕事終わるの待って、朝まで3人で遊んで、サヤ姉の家に泊まった。

 

サヤ姉が空いてる部屋に布団を敷いてくれて、出て行く前に、「ヤッたらあかんで」って、ニヤついて出て行きやがった。

 

「わかってるって! アホ!」

 

クッション投げたけど、ノーヒット。

 

やれやれって感じで、布団に入って寝ようとしてたら、すかさずヨシヒロが俺の布団に入って来て、「なあ、明日指輪買いに行こ」

 

あーあ、やっぱ来たぁ。

 

「今更いーやん。男同士やねんし」

 

俺は目をつむったまま答えた。

 

「いーやん。買いに行こ。元カレとつけてたんやろ・・・・」

 

言いながら、ヨシヒロの足が俺の足に絡み付いてきて、チンポが太股のつけ根に当たってて、なんか変な気分になる。

 

「指輪はめてて、学校でバレたらヤバイやん」

 

「でも、アツシの時、はめてたんやろ」

 

拗ねたような甘い声で耳元で呟かれた。

 

ホンマ、コイツって、女っぽいちゅうか、どっちがタチかわからんくなる時あるよなー。そこが愛おしいんやけど、

 

「あんなー、アツシと別れたんって、その指輪のことがちょっと噂になったんが、原因の1つやねん」

 

コレは正直、あんま言いたくなかった。

 

「それでも着けたい?」

 

さすがに速答は、してこなかった。やっぱ悩むよなぁ。

 

天井をジッと見つめて返事を待ってた。

 

それからまた少しして、「いーやん。買いに行こ!バレたらバレたってことで、なんとかなるって、多分」って言いやがった。

 

子供かw

 

コイツやっぱアホやー。

 

なんか笑えてきて、バカの腕を引っ張って、無理矢理腕枕させた。

 

こういう瞬間て、ホンマこいつに惚れてよかったって思える。

 

「んじゃ、明日買いに行こっか」

 

それだけ言って、返事聞かずに寝た。

 

もちろんヤらんとw

 

次に目が覚めた時は、昼の3時過ぎで、サヤ姉に起こされた。
ヨシヒロもすぐ起きて、かなり遅い昼飯。

 

「サヤ姉さあ、昨日言ってたアクセサリーの店教えてーや」

 

「あっ! あんたたち結局、指輪ハメルんやー」

 

ちょっとニヤついてる顔が、なんとなく憎らしかったりする。

 

「ハイハイ。そういうことやから、早よ教えてーや」

 

あ゛ーもう! むっちゃ照れ臭い! 顔アツ!

 

サヤ姉は、店の場所を教えてくれて、あと、従弟が買いに行くしって電話を入れてくれた。

 

何やかんや言って、やっぱ頼りになるよなぁ、サヤ姉って。

 

その後、「買い物に付き合え」ってことで、サヤ姉は俺らを引っ張り回してくれた。

 

それからサヤ姉は仕事があるし、別れて家に帰った。(もちろんバカも一緒に)

 

家に着いて、タバコ吸いながら風呂に湯を入れてたら、後ろからバカが「学、俺もう我慢でけへん」って絡み付いて来やがって、

 

「風呂入ってからにしろって」って、チンポをちょっと力こめて握ってやったら、「うぁ」とか言って、風呂場から退散してった。

 

ホンマ、ドスケベめ!

 

そんなこんなで、風呂に湯が溜まって、体洗ってセックスの準備して、湯に浸かってたら、ヨシヒロのバカも入ってきた。さっと体洗ったかと思ったら、

 

「もうマジ限界…」とか言って、俺をタイルの上で四つんばにさせて、ケツに指入れだした。

 

俺の中で指をグリグリ動かされて、膝の力が抜けそうになる。

 

「学、銜えて」

 

そう言いながら、指を入れたまま俺の顔の方に腰をもってきた。

 

デカいチンポが、俺の目の前で可愛そうなくらいに勃起してて、俺が付け根の方から舐めてやると、体をビクっと震わせた。

 

ちょっと焦らしてから、半分くらいまで銜えて舌で刺激してやると、背中を舐められて、なんかくすぐったいような、気持ちよいような感じがした。

 

「学、もう入れるで」

 

そう言って、口からチンポ抜いて、四つんばの俺のケツにチンポを当てた。グッて力強くヨシヒロが入ってきて、「あぁー!」

 

叫んだ声が風呂場に響いて恥ずかしくなる。

 

「ハッ…ハッ…」

 

ヨシヒロの息遣いも響いて、ムッチャヤらしい感じ。

 

「ヨシヒロ…もっとかき回して」

 

覆い被さったヨシヒロの腕にキスしながら俺が言うと、根元まで突っ込んだ状態で円を描くように腰を回し始めた。

 

「学、気持ちいい?」

 

チンポを扱かれて、頭がおかしくなりそう。

 

「あっ…あっ…すげー気持ちい…い」

 

体がガクガクして、もうイキそうな感じ。

 

「んあー、んっ…んっ‥イク! ヨシヒロ…イク!」

 

狂いそうな感覚の中で、ヨシヒロの手の中でイッた。
全身の力が抜けて、ヨシヒロが掴んでる腰以外は、床にへばりついた状態。

 

「学っ! 俺も…イクで!」

 

小刻みなピストン運動の後、大きく腰を振って、俺の中で射精した。

 

「ハーハー」って息遣いの中で、ちょっとの間、風呂場に2人で倒れこんでた。

 

その後、冷えた体を温めて、風呂を出た。
ベッドに入ると、ヨシヒロが腕枕してくれた。

 

「明日、学校帰りに指輪買いに行こなー」

 

嬉しそうな顔してるヨシヒロの顔、なんか俺も嬉しくなる。

 

次の日、学校でヨシヒロはずっとニヤニヤしてた。

 

ちょっとこのバカ、誰かに喋るんちゃう?!一応バカのスネ蹴って、『余計なこというなよ』って目で釘を刺したけど、

 

こっち見て、「楽しみやなー」とか言いだしそうな目してた。

 

うわぁー全然わかってないし。

 

そんな感じで、その日の学校は、ほとんどバカの監視で終わった。

 

学校終わって、サヤ姉が教えてくれた店に行ってみたら、マジ高そうな店!

 

完全に場違いな2人やったけど、サヤ姉の紹介って言ったら、色々出してきてくれて、ヨシヒロが気に入ったヤツで決めた。

 

2つで76,000円を42,000円にしてくれて、おまけでピアスまでくれて、店の人にかなり礼言って、家に帰った。

 

家で指輪をはめた自分の指とヨシヒロの指を見て、やっぱ買ってよかったなって思う。

 

「なあ、絶対外すなよ」

 

ヨシヒロの真剣な目。

 

「わかってるって」

 

あーもう! ンなこと心配すんなよ。

 

ソファに座ってるヨシヒロに乗っかってキスした。
背中を撫でるヨシヒロの手がくすぐったくて笑った。

 

「ちょっと股の上で暴れんなってー」

 

バカの困った顔。

 

がっしり抱き締められて、俺も抱き締め返した。

 

それから流れでセックスに突入。2回ヤッて、もうクタクタ。

 

ヨシヒロのバカは、3回もイッて、よくそんな出るよなぁって呆れた。

 

次の日の学校ではハラハラしたけど、案外誰も気にしてなくてホッとしたけど、

 

やっぱアツシのアホは、いろいろおちょくられた。

 

ちなみに今は、指輪で金を使って、軽く金欠状態!
仕送りと給料日まで堪えしのぐ生活やってます。



 

カテゴリ:BL小説/カップルの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索