ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】水球部の競泳パンツを嗅いでオナニーする高校生

【ゲイ体験談】水球部の競泳パンツを嗅いでオナニーする高校生

競パンをオカズに・・・

千葉県在住の学生さんからの投稿。高校時代、サッカー部に所属していた投稿者。ある夏の日、体力造りのためプールで泳ぐことになったのだが、そこで競泳パンツを初めて目にしてしまった投稿者は・・・
パイパンの真性包茎
俺が競パンフェッチになったり理由。

それは高校での部活のある出来事が原因です。

その日は、太陽がグランドに照りつけ熱で遠くがかすんでいた。

コーチは熱中症の恐れがあるとのことでサッカー部の練習を急遽室内練習に変更。

しかし、体育館はすでに他の部で使用されていた。

部員全員で練習場所がなく途方にくれていたとき、プールから聞こえる笛の音が耳に届きました。

誰かがコーチに「プールで泳ぐのはどうですか?」といいだし、コーチがプールへ交渉へ行ってくれました。

プールでは、ちょうど競泳と水球が合同でスイムの練習をしているところでしたが、もう終わるとの事でプールを使わせてもらえることになりました。

急遽決めた水泳練習のため、水着はないのでサッカーパンツのみでみんなで泳ぐことに。

更衣室で着替えてプールにでると調度そこには水泳部達の姿が。

日焼けしてブーメランのモッコリ競パン。

引き締まったケツにまとわりつく小さな水着の上ではケツの割れ目が見え、なんとも言えないエロさを感じたのを覚えています。

そして、水泳部の中でひときわ筋肉をまとった体に黒いゴムのテカテカパンツを穿いた集団を発見。

それが水球部でした。

競泳部の細身で胸筋だけが発達した体も十分エロかったが、水球部のプロレスラーのように全身にまとった黒光りする筋肉。

そして鍛え上げられた筋肉の鎧のような体に穿いた黒いエナメル質のテカテカ水球水着は異様なエロさをか醸し出していました。

で、そんなマッチョのなかでも、ひときわ背が高い筋肉質な水球部キャプテンは顔がサッカーの本田圭佑似のちょっと怖い感じのイケメン。

足が長く黒テカリするポロパンが水球部キャプテンのケツに食い込んでる様子を間近で見て、俺は平常心を保つのがやっとだった。

水泳の練習中も残って片付けをしている水泳部や水球部の様子が気になり、チラチラと見ていましたが気づくと水泳部も帰り、1時間後に俺たちも帰ることに。

俺を含めて7人のサッカー部でビート板やコースロープをプールサイドに上げる作業を行い、最後の施錠は俺がすることになった。

鍵が沢山ついたプラスチックの板に「部室」と書かれた鍵があることに気づきドキッとしてしまった!

プール入り口を施錠し、職員室に鍵を返しに行く俺はみんなと別れて校舎へ。

しかし、胸にこみ上げる複雑なざわめき。

もう一度、水泳部のあの水着を生で見てみたい。

水球部のテカテカする黒光りの水球パンツを触ってみたい。

そう考えている内に、いつの間に俺はまたプールへ向かっていました。

入り口の南京錠を空け、水泳部の部室へ。

鍵のボードから「部室」と書かれた鍵を鍵穴に入れて回転させた。

「カシャ」という金属音と共に開いた施錠。

部室のノブに手を伸ばし、ゆっくり回転して部室の扉をおそるおそる開けてみた

部室の中は夏の蒸した熱風と塩素の臭い。

そして男臭い臭いが混じった複雑な臭いが鼻にこみ上げる。

他の人に見られないように左右を見渡し、急いで部室に滑り込む俺。

もちろん鍵をロック。

薄暗いが、入り口と部室奥の格子窓から入り込む光でぼんやり部屋が照らし出されてる。

もう、心臓がバクバクして興奮がおさまりませんでした。

手前には水球ボールやスコア表。

ポカリスエットのプラスチックのボトルケース。

その奥には鉄扉の沢山の部員のロッカーが並んでいました。

興奮する気持ちを抑えつつ、まずは手前のロッカーの扉に手をかけゆっくり引くが、なかなか空かない…

ロッカーが古く、なかなか扉は開かなかったので力を込めてロッカー扉を引くと「ガリ」という金属音と共に扉が開いた。

人気の無いプールの部室に広がる金属音。

結構、大きな音で誰かに気づかれるのではないか、という緊張感が走る。

念のため一瞬動きを止め、周囲の音に耳を澄ませる…

音もなく静まりかえっている。どうやら誰にも気づかれていない。

そこでようやくロッカー内を見る気持ちの余裕がでて、のぞき込むとロッカーの扉に2枚の競パンが無造作にかけられて干されている。

1枚はかなり穿きこまれて使い込まれた競パンだった。

ロッカーの奥は教科書や体育館シューズ、ゴーグルなどが押し込められ、内扉に競パンがぶら下がっている。

次のロッカーへと手を伸ばし、今度は慎重に大きな音が出ないように扉を開いてみると1つ目と同じように扉の内側には競パンが数枚。

ロッカーの奥に行くほど上級生のロッカーらしく、上級生の教科書が目に付く。

上級生になるにつれ、競パンの数が多くなりどれも穿きこまれた競パンで使用感がある。

そして一番奥のロッカーを開いて見ると扉内側にはプリクラが張ってあり、そのロッカーが前々から気になっていた水泳部イケメンキャプテンのものだと分かった。

気になる先輩の競パンが俺の手が届く距離にある…あの競パンが…

緊張感と高揚感が半端ない。心臓が口から飛び出すほどバクバクで…

競パンを手に取りゆっくりクチと鼻元へ運び嗅いでみると塩素に混じって男のいやらしい臭いが漂ってきた。

競パンの内側部分をめくって、思い切って先輩のチンポがいつも当たっているインナー部分にクチと鼻を近づけて嗅いでみると、先ほどよりさらにキツイ男の臭い。

もう頭が真っ白になっておかしくなりそうでした。

そして反対のロッカー側に目をやると、そこには入り口からは死角で見えなかった水着や水球キャップが干してある。

先ほどまで水泳部や水球部が穿いていた競パンや黒いテカテカ水球ポロパンも、無理矢理折り曲げられて変形したハンガーに掛けられ干されていました。

1時間前まで水泳部が穿いていた競パンはまだ濡れてしめっていて半濡れ。

ロッカー内側扉に干されていた競パンより明らかにまだ新しさを感じる競パンばかり。

穿いているときは伸びていた競パンも脱いで干していると極小の競パンで「こんなのよく穿けるな!」と思わずつぶやく俺。

全て統一された水着には学校名が入っていて綺麗に干されていました。

そして、その奥には水球部達が穿いていたポロパンがずらり。

ポロパンに手を伸ばし触ってみると、意外にもすでに乾いていたポロパン。

競パンよりは乾きが早いらしく黒光りしているところが競パンとは違う異様な存在感。

ポロパンの内側をひっくり返すと驚いたことに、競パンと違って内側のインナー布がない。

ポロパンは競パンよりゴムの生地があつく、インナーがないことを知った。

勉強になるなぁw

競パンが干されている側のロッカーをあけると、水球キャップやプロテインがあり、そこは水球部が使っているロッカーと判明。

水球の本田圭佑似のキャプテンのロッカーは一番奥のロッカーかな、と思い開いてロッカー内を確認。

教科書に書かれた先輩の名前からこのロッカーがお目当ての先輩のロッカーだと分かると、ロッカー扉内側に干されているたくさんのポロパンと先輩の体がダブって、余計にエロク見えた。

このポロパン全てが、本田圭佑似のあの先輩に穿かれて練習でもみくちゃになったポロパンか!と思うと大興奮。

震える手でポロパンを掴み嗅いでみると、競パン以上に強い男の臭い。

あこがれの先輩のケツやチンポをこのポロパンで包んでいたのかと思うと足もガクガクと震えがとまらなかったことが今でも忘れられない。

一番使用感がありそうな先輩のポロパンがどうしても欲しくなりカバンへ…

水泳部の穿いていた競パンもカバンに詰めて部室をでた。

ダメなことだと分かってても我慢できなかった。

学校から数分の自宅に帰るまでの道のりは興奮で頭が真っ白状態でまったく覚えてないw

ただただ、自分のカバンの中にあこがれの先輩のポロパンがあるのだと思うと興奮。

自宅に帰って2階へ駆け上がり自室に入ってからは、今までに感じた事の無いドキドキ。

エアコンをつけ汗ばんだ制服を脱ぎTシャツとパンツだけで、ベッドにおいたカバンのチャックをゆっくり空けると、そこには先輩のポロパンと競パンが。

明るい自室でポロパンと競パンを手に取って見ると部室で見たときより、冷静さがありじっくりポロパンや競パンの詳細を確認できた。

そして、先輩のあの体を想像しながらまたポロパンを鼻先に近づけると、香り立つ雄の臭い。

気がつけば、俺のパンツの中は汁まみれでベトベトに。

ポロパンと競パンを手に取り水泳部、水球部の両先輩の下半身の臭いを比べながら、自分の肉棒に手を添え、上下に動かして精処理。

精子を出した瞬間あまりにも気持ちよくベッドに倒れるように横になり、興奮が収まるまで高揚感を堪能。

精子を出し切ったあとに、ようやく冷静さを取り戻し、それと同時に罪悪感がこみ上げる。先輩達の競パンやポロパンへの高鳴る思いと征服感が到来。

エアコンで汗ばんだTシャツで肌寒くなるのを感じて、起き上がり何気にカバンを見ると部室の鍵が入ってる!ヤバい!!!

急いで返さないといけないと思い、慌てて制服に着替えて学校に向かう。

途中「これを返したら先輩達のポロパンや競パンがもう手に入らない」と頭をよぎり駅のスペアキーを作るところでプールの入り口と部室の鍵のスペアを制作。

職員室に鍵を返してからは、作ったスペアキーが魔法の鍵のように思えてしかたなかった。

その後も水泳部のスペアキーを使って競パン、ポロパンを拝借し放題でオナニーしまくったよ。すっかり競パンフェッチに陥ったことは言うまでもない。

高校を卒業した今も、その鍵は俺の性欲を満たすための魔法の鍵としていまだに使ってるw

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。