Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【和歌山】ハッテン掲示板で陰キャに強制種付けされましたwwwwww

【和歌山】ハッテン掲示板で陰キャに強制種付けされましたwwwwww

ハッテンしようぜ

和歌山県在住のリーマンさんからの投稿。掲示板でケツをガン堀りしてくれるタチを募集した投稿者。激しいSEXを求めていた投稿者だったが、やって来たのは心配になるほど優しい雰囲気の方で・・・・・・

優男のガン堀り種付け

 

オレは177*70*24のリーマン。

 

地元のハッテン掲示板で、オレのケツをガンガン掘ってくれるヤツを募集したら、すぐに1人がレスしてきた。

 

そいつは32歳。画像で見ると体型はオレと似たような感じ。

 

名前はナオといった。

 

近くのインターチェンジで待ち合わせして、雨の中、ナオを待つ。

 

辺りを見回すと、短髪の優しそうなヤツが1人、傘を差して誰かを待っている様子。話し掛けてみるとナオだった。

 

この弱々しいというか優しそうなヤツが、オレのケツをガンガン掘ってくれるのか…と、期待と不安を胸に抱きながらも、オレの車でそのままホテルへ直行した。

 

ホテルに入って、お互いにシャワーを浴びた。

 

オレは念入りにケツを洗う。

 

オレがシャワーを終えると、既にナオはベッドに入り、オレを待っていた。その姿がとてもかわいく、オレはナオの隣に入り込み、ヤツの唇にキスした。

 

すると、ナオは舌を絡ませてきて、激しいキスになった。

 

かなり長い間、唇を吸い合って、舌を絡め合っていたと思う。

 

オレは唇を離し、布団に潜り込んでナオのチ○ポを探す。

 

オレのケツをコレからガンガン掘ってくれるであろうナオのチ○ポを確認。

 

ナオのチンポはもうビンビンで、長さは16㎝くらいか。よし。

 

太さもまあまあだった。オレはすぐにナオのチ○ポにしゃぶりつく。

 

一気に根元までバキュームで口に含み、ビチャビチャと舌で舐め回した。

 

気持ちよさそうな声を出すナオ。

 

オレはこれからオレを感じさせてくれることを期待しながら、亀頭も竿も玉袋も執拗に舐めた。ふと、ナオがオレのチ○ポを触った。

 

「すげぇ、ビショビショじゃん!」

 

オレのチ○ポはもうすでによだれを垂らしまくっていた。

 

ナオはそれを知って興奮したのか、オレのケツに手を出してきた。

 

「かなり太いのが入りそうなケツだな」

 

優しそうな顔とは裏腹に、ナオはオレを興奮させる言葉を吐く。

 

ナオはローションを塗りたくった指を、オレのケツに差し込んできた。

 

オレは感じて、思わず声をあげる。

 

ナオは更に指を2本に増やし、オレのケツを弄ぶ。

 

「イヤらしいケツだなぁ」

 

オレのチ○ポからはダラダラと汁が出ていることだろう。

 

指を一旦抜いたナオは、オレの足を肩にかけ、ついにチ○ポを入れてきた。

 

ナオはまずゆっくりと奥まで入れてきたと思うと、次は急に激しくチ○ポを出し入れしてきた。とても荒々しくパンパンという音が響く。

 

オレは声をガマンできずに感じまくっていた。

 

どれくらいそれを続けていただろうか。

 

ナオはオレのケツからチ○ポを抜き出すと、仰向けになった。

 

どうやらオレに上に乗れと言っている。

 

オレは素直にナオのビンビンでにグチョグチョのチ○ポに手を添え、オレのケツに導いた。

 

上に乗ると感じ方も違う。ナオは下からズンズン突き上げてくる。

 

オレもなるべく腰を振り、それに答えた。

 

ナオは、優しそうな雰囲気からは想像もつかない、激しいSEXをする。

 

人は見かけに寄らないなと、こんな時にもふと考えていると、次はナオはオレをベッドの脇に立たせ、立ちバックの姿勢で突きまくってきた。

 

オレは初めベッドに手を置いて立っていたが、あまりの気持ちよさに立っていられなくなり、ベッドに俯せに倒れこんだ。

 

ナオはそれでも休むことなくガンガンガンガン掘り続ける。

 

オレも喘ぎ声を出し続ける。

 

その内、ナオもオレの上にそのまま覆い被さるように倒れこんできた。

 

腰の動きは止まらない。ニチャニチャという音が聞こえている。

 

もう何が何だかわからない状態だ。

 

ナオがキスを求めてくる。ケツを掘られながらも、オレは振り向き、それに応える。

 

オレの舌とナオの舌はメチャクチャに絡み合う。

 

互いの唾液が混ざりあい口の端から溢れる。

 

ナオは腰の動きを止めない。口を離し、さらに激しいSEXが続く。

 

「このまま中でイッてやる!イクからな!」

 

ナオが叫んだ。

 

オレが答える間もなく、ナオは腰の動きを猛烈に速めたかと思うと、ケツの中にジワッとナオのチ○ポから出た物が腸に広がる感覚があった。

 

ケツの中にナオのチ○ポを入れたまま、暫く息を整えながら重なり合っていた。

 

できることなら、このまま抜きたくない…

 

あれから数日後、またナオからメールがあった。

 

また会おうというものだ。

 

オレは、ナオとの激しいSEXを思い出し、すぐに返事を送った。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索