Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【体験談】種壺名器の兄貴にザーメン搾り取られた話

【体験談】種壺名器の兄貴にザーメン搾り取られた話

肉ヒダの絡みつく名器

東京都在住の会社員さんからの投稿。掲示板で知り合った兄貴と有料発展場で待ち合わせた投稿者。すでに種壺状態の兄貴は前日から発展場に泊まっているという好きモノで・・・・・・

名器さんを騎乗位

掲示板にて知り合ったG-MEN系兄貴と交尾してきた。

兄貴は前日から発展場に泊まりで種壷になってたみたい。

待ち合わせてから発展場へ行き、生交尾開始。

兄貴はフェラがかなり上手で、普段は感じない俺だけど、思わず声が出てしまう。

声以上にジュポジュポと俺のチンポをしゃぶる音が大きく、興奮してきた。

兄貴は慣れた手つきで自分のケツにローション塗って、足を抱えるように仰向けに寝転んだ。

兄貴のケツマンに指をなぞらせると、吸い込まれるように指がスルっと入った。もう我慢できずに正常位で生挿入。

キメたりしてないのにトロトロで、今まで俺がハメてきたケツマンの中でダントツに最高気持ちいい。

兄貴のケツマンは締まったり緩んだりと、チンポを美味しそうに貪る別の生き物のように蠢き、グチュグチュと淫らな音が響く。

ガン掘りしてるとすぐにイキそうになる。

名器ってこういうものなんだなと感動した。

そのあとは騎乗位になって兄貴が上下に動く。

兄貴の乳首を責めると、それに応じてケツマンの襞がチンポに絡み付いてくる。堪らなく気持ちよくて、噴火のときが迫ってきた。

俺は兄貴の腰を掴み、一番奥に突き刺して思いっ切り種をぶっ放した。

ドクッドクッと大量に種付けしたぜ!

これほど気持ちいい種付けは過去最高かもしれない。

ケツマンから溢れる種を掬って2人で舐め回しそのままディープキス。

1回戦はこれで終了。

今度は種たくさんの種マン掘りたいと俺が言うと、兄貴は他の種馬を見つけて種付けされに行った。

兄貴が種付けされるのを見ていたので、掘りたくなって、2回戦へ。

兄貴にまたしゃぶってもらい、今度はバックから挿入。

種マン気持ちイイ!雄種独特の匂いと、チンポに絡むケツマンと種、種マン最高!名器+種のスペシャルコラボ!!

グチュヌチュっといやらしい音が周りに聞こえるくらいに掘った。

マジ堪んない。願わくば、ずっと掘ってたい。

バックから騎乗位になり、1回戦同様にケツマンの奥で種付け。

2発目も大量に放出。兄貴の騎乗位だとすぐ逝ってしまうみたいw

「また種追加してくるね」と言って、あとでまたやることにしたが、

俺のバイトの時間が迫り、3回戦へ。

時間がないということで、最初から俺がイキやすい騎乗位。

兄貴が腰を振る動きと、兄貴の名器とですぐに絶頂のとき。

量は少なかったけど、兄貴に3発も種付けしちゃった。

次会うまで俺は種溜めておかなくては。

それからというもの、俺のすべての種は兄貴の名器で処理させてもらってます。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索