Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】オレ氏、大久保ドーベルマンで種マン便器にされる

【ゲイ】オレ氏、大久保ドーベルマンで種マン便器にされる

始発まで交尾三昧

東京都在住の飲食店勤務さんからの投稿。深夜、狂いそうなほどのケツの疼きに襲われた投稿者は大久保ドーベルマンへ。そして次から次に手を出してくるタチの生チンを自ら導き種をもらってゆく。この疼きをとめるにはまだまだ種が必要で・・・・・・
種付け交尾
いつもマンコ疼かせているんだけど、その日はヤリ狂いたくて自分を貶めたくてたまらなく、深夜に大久保にあるハッテン場に行った。

この辺りには生交尾当たり前のヤリ部屋が密集しているけど、今日はドーベルマンに行くことにした。

11時近くでもう人は帰りかけている時間。

俺は始発まで誰専でやり狂うつもりで、ケツにキメてシャワーを浴びる。

まずは煙草を一本吸って一応一周しようと店内を彷徨うが、すぐに通路でガッチリ兄貴が俺のケツを触りまくってくる。

まだキマっていないし乗り気ではなかったけど、誰専をきめこんでいる俺は、兄貴にされるがままに個室に連れ込まれデカマラをしゃぶりまくる。

兄貴はしゃぶらせるだけでなかなか俺にご褒美をくれないから、仕方なく自分から兄貴のデカマラにローションつけて、タチマンで自分のケツマンに導いて生チンをもらう。

だんだんケツもきまってきていい感じになった俺は、気づいたら大きな声を上げていた。

兄貴も徐々に息が荒くなり、俺のケツに腰を打ち付けてきて、最後は無言で種付けされた。

個室を出たらシャワー浴びる間もなく、次のガッチリが俺を暗い大部屋に連れ込んでガチガチのマラをしゃぶらせてくる。

もう淫乱になってた俺はジュルジュルと喉マンするとケツを向けさせて一気にぶち込んでくる。

うぉ~気持ちいいっス。ガチマラですげーピストンでガン掘りされてしまう。

そいつは最後「あぁ~、中にぶっ放すぜ。イクッ!」と、腸壁にすりつけるように種をぶっ放しやがった。

これまためちゃくちゃ気持ちいい。

そいつが離れたらすかさず隣で見ていた奴が雁デカのマラを直ぐに入れてきた。

嬉しいことに、もう息つくヒマがないくらいに次から次に入ってくる。

「やべー、種マン気持ちいい」といいながらユルユルと出し入れしてくる。

「気持ちいいッスか?俺もすげーいいッス」と、ガバガバになったマンコを一生懸命締め付けたら、「おい、いっちまうからそんな締めんなよ」と焦ってる。

俺は懸命に締め付けながら自分で腰振ったら、ものの数分で「あぁ~もうダメダメ、いっちまう。いっちまうよ!!」とケツん中にそいつも種をぶちまけてきた。

とりあえず3発連続でもらってようやく少し落ち着いた俺は、シャワー浴びに行きケツの中の種も洗い流す。ふんばると3人分の種がボタボタすげー勢いで出てきて少し興奮した。

シャワー浴びて戻ってくると俺に種付けした奴らは帰っていき、新しい客が来ていたようだった。

見るとデカマラにリングかましたいい体したタチだったんで、発情した俺はそいつのチンコをしゃぶりまくる。

全部飲み込むのは全然無理なぐらいのデカマラで、興奮してきた俺はケツにローション塗りたくって、「ケツにください」とお願いしてデカマラを飲み込む。

普段なら無理だと思われるそのデカさも、キメマンには余裕で入ってしまう。

こんなデカマラにやられている自分に興奮して掘られながらも、俺のチンコはギンギンだった。兄貴は立ち上がってバックからガンガンに掘ってきた。

兄貴の種も欲しかったけど、デカマラが奥マンにあたりまくってトコロテンしてしまった。

めったにトコロテンしない俺なんだけど、兄貴のデカマラはめちゃ気持ちよかった。

本当に久々。

しばらくそのまま掘られ続けたけど、だんだんとキツくなってきたので兄貴には謝って許してもらった。

兄貴も帰ってしまい店内は閑散として、しかもウケだらけになっていたのでしばらく寝ることにした。

起きたらそろそろ始発の時間だしシャワー浴びて帰ろうかな、と思ったら、寝ている間に来店したらしいタチがいて、あっさりした顔が俺のドストライクだった。

そいつも俺のことガン見していたから、これはイケるかな?と思っていたら、すぐにそいつが手を出してきて個室に連れ込まれた。

コンドームもっていたしセーフなんかな?と思っていたけど、いっぱいキスしてチンコをしゃぶりまくったら、そいつがケツと自分のチンコに唾塗りたくってそのまま入れてこようとした。

いくらガバマンな俺でも唾では無理と、持参のローションつけて生チンコをもらった。

チンコのサイズは普通だったけど、俺としてはめちゃタイプな奴だったから、キスを沢山しながら掘ってもらって最高に気持ちよかった。

そいつも「気持ちいい。そろそろいっていいか?」と耳元でささやいてきたから、「うん。中で言ってほしい」ってお願いしたら、「マジ?種付けしていいの?」といいながら、激しくピストンして最後はすげー勢いで種付けしてきた。

中で雄膣に種が当たるのを感じるぐらいの勢いだった。

また暫くしたら種マンコになりに出没してしまうんだろうな…。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索