ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】千本日活に映画を観に行った童顔M男の話

【ゲイ】千本日活に映画を観に行った童顔M男の話

女装を始めたワケ

京都府在住の社会人さんからの投稿。ある日行った成人映画館で、複数のお客さんから乱暴されてしまった投稿者。衣服を剥ぎ取られパニックになる投稿者のもとに1人の男性が救いの手を差し伸べてくれ・・・・・・
女装子さんにガン堀り
文章ヘタなので、少々省略して書きます。

読みづらいとおもいますが、許してくださいね。

普通のオナニーに飽きたのは、中学生くらい。

そして刺激を求めた結果、アナニーを始めたのですが、自宅だとどうしても気が散るので、絶対に誰も来ない野外でやっていました。

そして、人気のない場所に捨てられていたSM系の本を見て、異常なまでに興奮して野外で脱ぐことも覚えたのもその頃でした。

小遣いを貯めて、アダルト系自販機でアナルバイブ(細め)を買った時は、それを見てるだけでイキそうになるほどの興奮でした。懐かしいですw

運転免許を取り、行動範囲がずいぶん広がると、学生の頃から行ってみたかった成人映画館に・・・心臓が爆発しそうな位に激しく高鳴っていたのを良く覚えています。

童顔だったので身分証を提示を求められたんですが、手も足もガタガタ震えていたので、受付のおじさんに笑われました。大丈夫か?と^^;薬でもやってると思われてたでしょうねw

超興奮で舞い上がっていたので、かなりキョドっていたんでしょうね。

そんな私を見ていた結構年上の方がすぐに「初めてなんか?」と話しかけてくれました。

映画館って、こんなにフレンドリーなのかとびっくりしましたが、意味が違ったんですね。

一緒に座ってあげるから、と救いの声にノコノコ着いていったら触られまくりでしたw

気持ちいいけど怖い。映画(本来の目的。笑)が見れない。

今思うと、これ以上にパニクッたことは以後ありませんでした。

もともとM気があったので、一応気持ちよかったので数回通いましたが、ちょうどその頃どういう訳か顔見知りの女の子に告白され、なんとなく付き合ってしまったのでしばらくその映画館には行かなくなりました。

数年後、彼女の家族とある理由で大喧嘩してしまい、とりあえずお詫びを入れたのですが納得できない私は、泣く泣く彼女と別れました。

そして、失恋を引きずる日々が続きましたがある日、急に思い出しました。

あの映画館、変わってないかなと…

すぐに車を走らせ久しぶりに行くと、私を優しくいじめてくれていた方は見当たらず、しょんぼり映画を見ていたんですが、連日の疲れと懐かしさというか居心地の良さにいつの間にか深く眠ってしまっていました。

目を覚ますと隣に大柄な人がいて、私の股間を触っていました。

完全に目が覚めていない私はそのまま好きにしてもらっていたんですが、私が抵抗しないと分かったら、超ドSな人でして、突然力ずくで全裸にされてしまいました。

数人の仲間がいたらしく、手も足もすごい力で押さえつけられ、乳首が取れるかと思うくらい引っ張られたり、おしりをバシバシ叩かれ、何の準備もしていないアナルに太い指(親指?)を無理やり押し込まれたりで、本気で泣きそうになってました。

その人達が満足したのか、時間的な事なのか分からないけど突然あっけなく開放されました。

しかも裸のまま。

自分の服を回収して、震える体でなんとか服を着ようとしていたとき、心配そうに一人の男性が声を掛けてきてくれました。

どう見ても大丈夫じゃないでしょ私、と思いましたが、ウンウン頷くことしか出来ませんでした。

初めて見た人なのに「ここ出よう」という声に「助けてもらえるんだ」と安心してしまい、その人の車に乗って映画館をあとにしました。

その人の自宅に案内され、シャワーを借りました。

バスタオルを借り、体を拭いているときに「怪我してない?」と体を見てくれました。

あの場所にいたんだからゲイさんなのは理解してたけど、助けてもらっておいて拒否るのもダメかなと思い、言われるままに体中を見てもらいました。

体を拭き終わっても「服は着ないで欲しいんだ、いいかい?」と言われ、お酒を勧められ、もう正しい判断が出来ない私は自力で帰れないくらいに飲んでしまいました。

気がついたらベッド。部屋はカーテンで遮光されていて、時間も分からない。

しかも身動き出来ないようにシッカリと縛られていましたw

目隠し、口も猿轡?されていて、映画館での出来事以上に自由が無い状態でした。

ですが、痛みや苦痛のないプレイスタイルで、寸止めを何度も繰り返され、私は快感に溺れるばかりでした。

彼のモノはとても太かったのですが挿入はされませんでした・・・私は、彼を好きになっている自分に気づき、入れてもらいたいと心から思いました。

が、恥ずかしくてその場では口に出すことは出来ませんでした…

お陰で、映画館での出来事はトラウマにならずに済みました。

私が帰宅出来たのは、映画館に入ってから24時間近く経ってからのことでした。

そして、おしりの毛がツルツルに剃られていたのは、帰宅してから気がつきました。

それから二度と会うことがなかった彼を探し、何度も映画館に通ってしまった私。

記憶を頼りに彼の家を探すんですが、見覚えのある玄関に辿り着くことはありませんでした。

あれから何年経ったのかな。

女装を始めた私は、今も彼の幻影を探し続けているのかもしれません。

女装を始めた理由が分からないんです。

私の意識ではなく、体だけが答えを知っているのかも知れませんね。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    ええ話や

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。