ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】職員用トイレで強面教師に処女アナル貫通されたDK

【ゲイ】職員用トイレで強面教師に処女アナル貫通されたDK

短髪ヒゲの強面教師

大分県在住の会社員さんからの投稿。高校の入学式の最中、オシッコが我慢できなくなってしまった投稿者。勝手に体育館を抜け出し職員用トイレに駆け込んだそうなんだが・・・・・
ガチムチのオナニー狂
高校の入学式の日に体験した衝撃的な話です。

僕は身長が150センチしかなく色白で、周りの生徒と比べるとかなり浮いてしまっていました。

そんな僕が入学式の最中にトイレに行きたくなってしまい、小走りで体育館を抜け出し目に付いた職員用トイレにはいりました。

本当は、生徒は使用禁止なんですが漏れそうだったので考える余裕がありませんでした。

用を足していると、大きな体でスーツを着ている先生が入ってきたのです。

先生は隣で用を足していて、僕は気になったんでチラチラさりげなく見ていたら、「お前、新入生か?そんなにチンコがみたいんか?」と言われて、思わず大きな声でハイといってしまったのです。

先生はよく見ると超恐い顔をしていて、髭、短髪なので、いつのまにか目が離せなくなっていました。

「じゃあ見せてやるから先生にもお前のチンコ見せてくれよ」と言われ、恥ずかしくて、チンチンを慌ててズボンにしまっていたら「かわいいなぁ、気持ちいい事しようか」と言って軽々と抱っこさせられて、トイレの個室へ入って行きました。

先生は堂々と便器に座り、僕は先生の前で緊張し『気を付け』の姿勢で直立していました。

「チンコ舐めたことはあるのか?」と言いながらベルトを外し、チャックをおろした先生は下半身裸になりました。

足の筋肉がハンパじゃなく太くて、モジャモジャでまるでラグビー選手のようでした。

先生のチンチンは勃起してないのに、それは大きなバナナのようだったのを覚えています。

「舐めたこと…ないです」と言うと「分かったwじゃあ、まず服を脱げ」と言われて、恐さと恥ずかしさのあまり動けない僕は、素直に「どうすればいいですか・・・」と言うと、先生は笑いながら僕を抱き上げて、膝の上に立たせて、服を脱がしてくれました。

裸になった僕はチンチンを手で隠していましたが、両手をつかまれかて万歳の格好にさせられ「ちっちゃなチンコやなあ、ザーメンは出したか?」と言われ、その時はまだ射精したことがなかったので答えずにいると、片方の手でチンチンを触ってきたのでヨガっていたら急に先生の顔がチンチンに迫り、僕はチンチンに生暖かい感触を覚え、「あぁぁぁぁぁぁぁぁ」と叫んでしまいました。

先生は舌でいろいろしたと思いますが、そのころの僕には何がなんだかわからなかった。

そして急に「おしっこがでます!!」と言うと先生は「口に出せ」と言い、僕は我慢できず大声を出しながら射精してしまいました。

すると先生は「どうだ?気持ちいいだろ?」と言ってきたので、「疲れました」と言うと、「これからが本番だ」と言って、僕を床に立たせて、先生は股をひらき、「さぁ次はお前の番だ」と言ってチンチンをくわえさせられました。

小さな口には入るはずがなく、僕は夢中で興味と恐さでチンチンを舐めました。

自分では一時間くらい舐めたと思って「入学式おわっちゃます」と言うと、「まだまだ終わんないよ」といって、笑いながら頭を押されてました。

先生のチンチンが固く大きくなってきたくらいに、先生は太い指に唾をつけて、僕のお尻にグイグイ入れてきました。

僕は「やめてください、やめてください」と叫んだのですが、先生はますます強く指を出したり抜いたりしてきました。

僕は立つことができなくなって、ひざまつくと「ほら、立て!」と言って指を二本いれてきました。

でも僕は痛さよりも感じていたらしく、喘ぎ声を知らない間に出していました。

「いい声出るんじゃねぇか」と言われ、チンチンにしゃぶりついていると先生のチンチンから大量の精液が僕の口のなかに入ってきました。

あまりにも苦いので、精液を先生のチンチンにすべて吐き出してしまいました。

「おしいかったか?気持ち良かったぞ」

僕は誉められたのが嬉しかったのでにっこり笑っていると、先生は僕を抱き上げて、精液まみれのチンチンに僕を座らせ、「力を抜いて」とニヤけながら言い深呼吸すると、先生は僕の肩を押してチンチンを入れようとしました。

あまりの痛さにさわいでいると、先生は片手で僕の口をふさぎ、少しづつお尻へチンチンをすべらしていきました。

先生のチンチンの固さや熱さがわかるころには、まったく痛さを感じなくなっていて、その分喘ぎ声が大きくなっていました。

「全部はいっちゃったぞ、気持ちイイか?」

思わず「はい、なんか変な感じです」と答えると、「そうか、そうか」と言って、先生は腰を動かして僕の体は上下を激しく動きました。

チンチンの先端がお腹の上に当たると「あっあっあっあっ・・・」とリズムよく声が出て、先生が立ち上がる時は僕は先生の首に手をかけて、全てを先生にまかせていました。

いろんな角度から突かれても僕は感じてしまいました。

「お前の穴は小さいけど楽に入るし、しめつけも最高や」と言って片手で僕を抱き抱え、片手でチンチンをいじられて「チンチンはダメです!おしっこが出ます!」と言うと、「出していいぜ、その代わり穴はまだピストンするで」といって僕の目を笑いながら見てました。

僕は、先生に見つめられながらピストンとチンチン弄りとで二回目の射精をしてしまいました。

その時、穴が収縮したらしく、先生も「おぅ!」と言って僕の中に出しました。

チンチンを抜いた後、お尻からは大量の精液が垂れてきました。

僕は急に眠くなり、ふと気が付くと保健室にいて親と先生がいました。

話によると廊下で転けて頭を打ったという事になっていました。

その先生とは3年間お世話になりました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。