ホーム » フェラチオ » 【エロ体験談】配達のお兄さん、客にゲイだとバレた結果wwww

【エロ体験談】配達のお兄さん、客にゲイだとバレた結果wwww

偶然の出会い

大阪府在住の男性(20)からの投稿です。ピザ屋で働く投稿者は、その日最後のピザ宅配に行ったのだが、そこでお客さんにイチャもんをつけられトラブルになってしまったんだとか・・・・・
部室で抜き合う男性
俺が20歳になって、ピザの宅配のバイトをしていた時のことです。

ちなみに17歳の時から自分はホモでだと認識しており、今まで彼女は一度も作っていませんでした。

バイトに入って下積み期間を終えてから、配達するようになって間もない頃だったのですが、 配達のラストオーダーぎりぎりに電話がかかって来たんです。

それを配り終えたら店に戻らず上がっていいとのことだったので、 バイクではなく車を借りてお客さんの家に向かいました。

車は次の日シフトに入っているならそれを使って直帰してもいいことになっていたので、 配達し終えたらそのまま家に帰るつもりでいました。

しかし、最悪なことにトラブルが発生してしまったのです。

注文した方の家に着いて、代金を支払ってもらったのですが、こちらのお釣がなかったのです・・・・

「お客様、大変申し訳ありませんがお釣の方がございませんので、違うお札にして頂いてもよろしいでしょうか?」と頼んでも、「この札しかないから」の一点張りなんです。

結局、根負けして店に戻り、お釣を持って自分の車でまたその配達先に向かいました。

なんだかんだで支払いが終わり、いざ帰ろうと思うとお客さんが声をかけてきました。

「今から暇なんやけど、ちょい上がってかへん?」

その時、時間は23時30分頃。

疲れてて早く帰りたかったので「もう遅いですし、ご迷惑にもなりますので・・・」と、何度も断ったのですが「つり銭でこっちに散々迷惑かけといて、終わったらバイバイっすか?」と・・・・。

正直、面倒臭いお客さんに当たってしまったと思いました。

しかし彼は脅しのようなことを言ってはきたものの、気さくで話しやすい人でした。

彼と話したりテレビなどを見たりしている間にすっかり遅くなり、明日(今日)のバイトを休む連絡を入れました。

彼の家の周りに車を止めさせてもらい、その中で夜を明かすことにしました。

運転の必要もなければ家に戻る必要もないということで、近くのコンビニでお酒等を買ってくることに。

ジャンケンに勝ったので、お客さんだった森本さんに買いに行ってもらいました。

彼は俺より3歳年上だそうです。

「年上の言うことは聞くもんだぞw」と言って、お酒を2缶ほど頂いていると彼はお酒に強いらしく、全くと言って良いほど酔っていませんでした。

俺自身弱いほうではなかったのですが、少し体が熱くなってくる感じがしたのでストップしました。

その時彼が、「そろそろエロビでも見るかぁ…。」といい始めたので少し動転しました。

男と女が戯れるものには全く興味がなかったので、逆に興奮しないことでホモだと感づかれると思ったからです。

「俺はいいです…。」とはぐらかしていたのですが、有無を言わさずディスクを挿入。

テレビの女が淫らな声をあげ始め、半ば萎え気味にそれを見ていました。

エッチの時にうるさいのは苦手だったのもあって、アンアンと啼き続ける女に嫌悪感を抱きながら見ていると「お前、もしかしてこういうの嫌いやった?」と、相手に気を使わせる程楽しくないオーラを出していたようでした。

「いやぁ、全然普通ですよ」と言って笑っていると、突然森本さんが深刻な顔をし始め、無言になりました。

『ヤバいな、ばれたかなぁ…、気付かれたかなぁ…。』

心でそう思っていると突然ディスクを取り出し、部屋中が沈黙に。

「あっと…気ぃ使わせちゃってゴメンなさい、そろそろ寝てきますわっ」と逃げる感じで言うと、「なぁ、ちょっと俺の話聞いてくれへん?」と一言。

怖かったのですが断れる雰囲気でなく、また元の位置に足を崩して座りました。

「…いやや思たら帰ってもらっていいから、嫌いやったらホンマにゴメンな」と念を押してから俺に「俺さ…キモイ思たらゴメンな、ホンマにゴメンな、・・・・・・・俺な、好きになんのは男なんさ。」と、いきなりカミングアウト。

びっくりして「え、…えっ!」と繰り返して目を泳がせていたのですが、拒絶しないでいると彼は「ぱっと見、お前もゲイや思ったんやけど…」とストレートに直球。

逆にびっくりしすぎて肯定しかできませんでした。

「あ、はい、はい…俺もホモです…けど…」

「だよな!ならよかった!!あー、カミしてよかったっ!!」と突然ハイテンションになりました。

男向けのAVを持っていたのは彼の友人にノンケで通しているからだそうです。

カミしたのは、俺がホモっていう同じニオイがしたからっていうのと、初対面だから拒絶されても立ち直れるからという理由だったそうです。

その後はもうやりたい放題。

ゲイのDVDを引っ張り出して来て再生し、 二人で興奮しながら見ていました。

「あー・・・服脱いでいい?」と聞いてきたので、「ならジャンケンで負けたほうが1枚ずつ脱いで行こうよ」と提案。

彼も乗り気でジャンケンすると見事に俺の惨敗。

ベルトだの靴下で抵抗したものの、相手はトレーナー1枚だけ脱いだのに対し、 俺はベルトの通っていない超緩いジーパンのみになっていました。

すると森本さんは、「このままやとお前が裸になるんが先やろうで、俺が先に脱いだるわ」と、上半身裸の下半身パンツ1枚になりました。

初対面で恥ずかしすぎる!と思った俺は「いやいやいやいや、服着てくださいよ、ありえませんて!」と主張したのですが、「どーせ寝るときも似たような格好やし、関係ないやろ」と笑っていました。

それで、「俺が脱いだんやでお前も恥ずかしないやろ?脱いでしもたら?」と話をふってきました。

「まだいいですわぁ、それより、森本さんの息子さん触ってみても良いですか?」と話をかえて、断られること前提の質問を振ってみると、「お、扱いてくれんちゃうんかぁー」と冗談だと思われる声で残念そうに言いました。

彼のチンポには若干興味はあったので、いざ、森本の息子をそれとなくタッチ…。

すると突然「お前のこと、俺好きなんかもしれへんのやけど…」と顔を真っ赤にして言ってきました。

でもなんだかもう驚かなくて、 嬉しく思いました。

『俺も好きになってたんかな…』と考えながら。

それを聞いてスイッチが入り、彼のチンポをボクサー越しにしつこく擦り付けてやると、「ん…んっ…ぁっ……」と、見かけによらない可愛い声で喘ぎ、俺はそれで興奮していきました。

ボクサーを下ろし、手で強弱をつけて扱いてやると、低く可愛い声で喘いで…

「ゴメン……ぅぁ…イクッ」と精子を大噴出。

吐ききるのに結構もかかって、 それを言葉でなじってやりました。

「だいぶ溜まってたんやねぇ。誰ともエッチせんかったん? この量って、マスもせんかったとか?」等々…。

すると彼が俺にのしかかって、ズボンを一気にずり下げました。

いままで上からの立場だったので急に立場が逆転したことで何も言えなくなって、されるがままになっていました。

ズボンを下げられてボクサーのみになった時、たまたま穿いてたボクサーの色が灰色だったので先走りで ベタベタになっているのが人目みて分かる状態に!

彼は「お前も結構エロいんやなぁ。もうベタベタやん。頼んだら俺が出してやってもいいけどなぁ。」と言いながら、俺の息子をボクサー越しに爪で軽く擦ってきました。

あまりにも気持ちよすぎてそれこそ喘ぐとはこのことだと言わんばかりに喘いでいました。

あまりの快感に涙を出しながら先走りを出していると、「もう喰うぜ?」と言ってボクサー越しに俺の息子を咥えこみました。

あまりの気持ちよさに、一瞬でイッてしまいました。

ボクサーの中が自分の精液でグチャグチャになったあの嫌な感覚をまだ覚えています。

そのあとちょっと休憩して、今度は直でフェラをしたりされたり、 またお互い扱き合ったりを朝の7時前までやっていました。

最近ではエッチもするようになり、種付けもよくしてもらっています。

今思うのは、あのピザ屋でバイトしててよかったな、ということです。

偶然ってすごいなって、改めて思います。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。