ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】会社の人に『ナイモン』やってるのバレてたんだがwwwww

【ゲイ】会社の人に『ナイモン』やってるのバレてたんだがwwwww

俺専用の種壺になれよ

三重県在住のブーさんからの投稿。会社の研修先で、他県から来ていた社員にやたら話しかけられたという投稿者。どうやら投稿者が出会い系アプリ『ナイモン』をやっている事を知っているようで・・・・・・
ポッチャリ肥満男性のアナル交尾
私は46才のバイで120キロ有るデブです。

先月とある研修を二日間受けてきました。

全国から20人程の年齢は30~55才が集まっていました。

初日の研修が終わり懇親会が始まりました。

暫くすると、34才あきらさんになぜかロックオンされ、ずっと話し掛けられていました。

ちょっと間が空いたのでトイレに行くと、あきらさんも後から来ました。

ただスマホを触っているだけで何してるのかな?と、思っていました。

トイレから出ようとすると、あきらさんに呼び止められ、ホテルでの懇親会だったので、人の少ない休憩用ソファーに連れていかれました。

「ナイモンやってますよね?」私は確かにやっていましたが、とぼけました。

「これそうですよね?違うなら他の人にも見せて大丈夫ですよね?」

私は認めるしかなかった。

「俺D専で前から気になってブリしてたんですよ!懇親会終わったらやらないですか?(笑)」

回りを気にしながら胸を揉んできた。

断る事も出来ない位の威圧感に受けるしかなかった。

「懇親会終わったら一時間後に行くから部屋教えて?」私は素直に教えた。

「キレイにして裸で待っててくださいね!」

そして私は約束通り待っていると、彼はホテルの浴衣を着てやってきた。

ドアを開けると急いで中に入り、抱き付いてキスをしてくる。

彼のチンポが抱き付いてキスをする間に硬く大きくなるのが、腹に当たり分かる。

ベット脇まで進むと、「バスタオル敷いて準備万端だねぇ(笑)年下に今から掘られるのに、恥ずかしくないの?ビンビンだよ」

私はどうせするなら、お互い満足出来るセックスがしたいと言うと、浴衣とパンツを脱いでベットに押し倒した。

「たまらないよ!触り心地良いよ」

そして全身に手と舌とチンポを這わせ、お互いの透明な汁と彼の唾液で濡れていた。

私は我慢出来ずに、あきらさんが来る前に解したから、そのまま入れてと言うと彼は小さな袋からローションを取り出し、チンポとケツマンに塗り、一気に入れた。

そして興奮しているのか、ガンガン突きながら「トロマン最高!俺の専用の種壺になれよ!」そう言って5分位で種付けした。

「何回でも掘ってられるよ♪」萎える事なく2回目に突入した。

結局この夜は3回。

翌日は昼休みに1回、その夜は朝までに5回の種付けをされました。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。