ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DCの頃、友達の巨根で掘られて潮吹いた僕wwwww

【ゲイ】DCの頃、友達の巨根で掘られて潮吹いた僕wwwww

潮を飲んでみた

愛知県在住のトウマさんからの投稿。中学時代、変態の友達とオシッコをしていた時のこと。急にオナニーしようと誘われたらしい。そしてお互いに扱き合いながら、どちらがたくさん出るか競ってたんだとか・・・・・・
フェラし合う学ラン生徒
中学生の時、マジで変態だった友達とやりました。

彼は将一君と言い、いつもエロエロでよくエロ本も見せてくれました。

でも本人はゲイでエロ本を鑑賞する僕のリアクションを楽しんでました。

ある日、放課後トイレに行くと将一君がおり彼はトイレの角でL字に配置された小便器にオシッコをし、90度ターンして遊んでました。

当然床には彼のオシッコが飛び散ってましたがスルーです。

彼「オー、M(僕の名前)お前もやってみるか?」

僕「うん」

まずは普通にオシッコをし、右にターンし、右の便器にオシッコ、オシッコが放物線を描き、出なくなるまでターンしました。

僕「面白いね」

彼「なぁオナニーしない?」

僕「え?ここで?」

彼「大丈夫だって」

そう言い、僕らは便器に向かってシコリ、先に僕がイキました。

彼のチンコは18センチもありました。僕は15センチで彼に充分大きいから大丈夫って言われました。

チンコ比べは初めてだったので安心しました。

それからは彼とシコリ合うようになり、どちらがより出せるかを競ってました。

彼にフェラしようと言われ、僕は彼のチンコをくわえました。

彼のチンコはいつもよりさらに大きくなり、定規ではかると20センチととんでもない長さでした。

彼「Mにフェラされたらこんなにデカくなった」

僕「すごいね」

彼「このまま、セックスしようぜ」

僕「どうやるの?」

彼「男同士の場合、ケツの穴使うんだよ」

僕「え?汚いよ」

彼「大丈夫」

そういい、彼は僕を風呂場に連れて行きシャワ浣、ユニットバスだったから、そのまま綺麗になるまで出しました。

彼にお尻に塗り薬?を塗られました。

彼「本当はローションがいいんだけどないから」

僕「うん、でも気持ちいい」

彼「指でも感じるって素質あるよ、じゃあ入れるぞ」

僕は体に電流が流れたように感じました。

あまり気持ちよくなく、正直硬いうんちを出すようでした。

僕「あんまり気持ちよくないね、指の方が」

彼「これからこれから」

とだんだん、アナルがほぐれ、彼の巨根がすべて入りました。

彼「やべー、どう?まだダメ」

僕「あ、ちょっと気持ちいい」

僕は彼に抜ける寸前から根元までピストンされるのが気持ちよく、感じたのでそう伝えました。

彼「コレだとどこら辺感じる?」

僕「お尻の出口のところ」

彼「そうか、コレがいいんだ」

そのままピストンされ、僕は潮吹きしてしまいました。

でも僕は潮吹きを知らないのでオシッコと勘違いして恥ずかしくなり「ごめん、オシッコ漏らしちゃった」と言いました。

彼「バカ、コレは潮吹きだぞ」

僕「何それ?」

彼「まぁ俺もよく知らないけど、とにかく小便じゃないしさらさらだろ?」

彼は潮を手で救い僕の口に入れました。

彼「そろそろイクぞ」

そして彼は僕の中でイキました。

アナルからチンコを引き抜くと舐めてと頼まれたので彼のチンコをお掃除フェラしました。

その後、彼に僕が潮吹き体質か調べられ、勃起した僕のチンコの先を彼は掌で円を描くように擦りました。

僕「あー、ダメ」

あまりのくすぐったさに我慢で来ませんが彼に無理やり擦られます。

彼「我慢我慢、笑」

1分と持たず僕は再び潮吹きしました。

彼「やっぱりMは潮吹き体質だな」

それからは彼とセックスする際は彼のフェラで潮吹きし、口移しで潮を飲みました。

味は海水のような感じでした。

僕は将一の潮吹きも飲みたいって言い、次の日飲もうとしましたが彼は潮吹きするフリで僕に小便をしました。

味ですぐわかりましたが、そのまま飲んでしまいました。

その後は彼にフェラされ潮吹き、最近ではくすぐったさが減り気持ち良さに変わりました。

その後は彼のチンコを下の口にもらいました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:潮吹きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。