ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ショタの頃、いとこと包茎チンポ咥えるエッチ遊びしてました

【ゲイ】ショタの頃、いとこと包茎チンポ咥えるエッチ遊びしてました

布団に潜って・・・

青森県在住のyuyuzxさんからの投稿。現在、70歳男性とカラダの関係を続けているという投稿者。あくまでも既婚者でゲイではないのだが、思い返してみると幼少期に一つ下のいとことよくエッチな遊びをしてたようで・・・・・
フェラするショタ
62歳既婚者です。

ゲイではありませんが、ゲイの70歳の男とカラダの関係を続けています。そんな状態でも自分はゲイだとは思っていません。

ただきっかけが小学2.3年頃からいとことエッチ遊びが長く続いたことかな、と思うことはあります。

いとこは1歳下の男の子。

お互いの親が兄妹で家も近かったため、ホントの兄弟みたく育ちました。

毎週土曜日の晩はどちらかの家に泊まり合い一緒の布団で寝てました。

子どもなのでいろんな遊びをしますよね、少しずつ余計にカラダをタッチしたりしてエスカレートします。

朝目が覚めてお互いのチンポが勃起してるのを触り合ったりしました。

そのうちキスをするようになり、舌を絡ませ吸い付いたり唾液を飲んだり、子どもながら激しさを増していきます。

当時の年齢ですから勃起しても包茎のままなのですが、そのまま口に含んだりしました。ふたりともスッパダカで布団は被っていますがひとりは布団の中に潜り込み下半身にキスしたり舐めたり勃起チンポをシゴイたり、、、。

小学5年くらいまでこの遊びが継続しました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。