Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】デブな小学生だけど学校で家畜扱いされてます・・・・・・・・・

【ゲイ】デブな小学生だけど学校で家畜扱いされてます・・・・・・・・・

デブ&ショタ

福島県在住の高校生からの投稿。以前住んでいた町でイジメに合っていたと言う投稿者。それも暴力的なイジメではなく、性的なものだった。家畜として扱われて性器からミルクを搾り取られる毎日・・・

デブな少年

 

小学6年のころ、僕はデブでしたが優しい性格で苛められていました。

 

しかも情けないことに年下の男の子に追いかけられ尻や胸をもまれていました。

 

当時、155㎝68㎏で胸がぽちゃっと脹らんでいて、同級生の女の子より大きいくらいでした。

 

お尻も90㎝のデカ尻でした。

 

追い回していた5年生と2年生の男の子2人に、ある時、帰り道で待ちぶせされました。

 

そして腕を引かれ林の草むらに連れて行かれると、衣類を奪われ裸にさせられました。

 

2年生の子が「ママより、おっぱいあるよ」と言って僕の乳首に吸いついてきました。

 

5年生の子は「大きなケツを食べたかった。豚の串刺しにしてやる」と言われ、仰向けのまま足を持ち上げ、まんぐり返しにされました。

 

そして尻を広げられて、アナル割り箸をゆっくり刺し込まれました。

 

僕が堪らず「あーん」と女の子のような高い声を上げると、2人は目を見合わせて興奮しだしました。

 

そして、さらに割りばしを動かしてグリグリと回してきます。

 

そして、おっぱいやお尻を舐め、かじりついてきます。

 

「いやーん。ゆるしてー」とますます色っぽい声を出す僕。

 

いつの間にか、まだ毛もはえないクリチンが硬くなっており、それに気づいた2人がクリチンを引っ張ったりデコピンしたりしてきます。

 

「なんだこいつ!この変態やろう!」と容赦ない股間責め。

 

そして玉に触られた瞬間、ピュッと白いミルクを初めて出してしまいました。

 

2人は「うわなんだコイツ!チンチンから変なもの出した!」と驚いていました。

 

その後も2人は、僕が卒業して他の街へ転校するまで、メス豚のように尻やおっぱいを中心に責めてきました。

 

毎日のようにクリチンからミルクを搾り出されていました。

 

今思い返しても、変わった学校生活でした。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索