ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】合宿で裸踊りしながらセンズリさせられました・・・・・・

【ゲイ】合宿で裸踊りしながらセンズリさせられました・・・・・・

全裸合宿

北海道在住の会社員さんからの投稿。学生時代、柔道部に所属していたらしいのだが、意地悪な先輩達からとんでもない仕打ちを受けてきたらしい。最初は屈辱でしかなかったそのイタズラ行為も次第に快感へとなってしまい・・・

裸踊りしながら

大学一年からしばらく完全寮にいた時のセンズリしごきを思い出すたび未だに興奮します。

学生時代、柔道を続けていたのですがガチの体育会系で先輩の言うことは絶対という時代でした。

そこでは年に数回、強化合宿が行われるのですが、その合宿は「全裸合宿」と呼ばれる伝統行事だったのです・・・

初めての合宿、そんなおかしな伝統など知る由もなく、スタートしました。

どうせ寮から合宿所の往復ですから、身の回りのものを、なんとなくまとめて持って行ったんですが、いきなり荷物検査と伝統の身体検査や全裸自己紹介がありました。

包茎ちんこ丸出しでの目標発表も顔から火が出るほど恥ずかしかったのですが、それ以上に恥ずかしかったのが、荷物に含まれていたお気に入りの『熟女ものエロ本』を部員全員の前で晒されてされてしまったことでした。

(もちろん没収です)

合宿中は、全裸で過ごす時間も多く、先輩たちにちんこを見られるたびに「あのエロ本見て、何したいんだー、オイッ(笑)」とかっていじられまくっていました。

合宿が終わって、禁欲も解けました。

寮に帰った後、どうしてもあのエロ本を返していただきたくて先輩にお願いしたら、合宿明けの先輩たちの酒盛りに呼ばれました。

そしてまた、「これ返してほしーのか、これで、何するつもりだ?!」といじられる始末。

何十日も溜まっていた俺は、恥知らずもいいところ、「すぐ、しこりますっ」て言ってしまいました。

溜まりすぎって怖いっすね。(笑)

その後は、先輩たちの命令のまま、即全裸、即勃起、即センズリ披露の始まりでした。

それでも、なかなかエロ本は返していただけずに、エロ本を持った先輩たちは、どのおねーさんが好きなんだ?って聞いてきます。

「?人目の、おっぱい大きなおねーさんです」とか大真面目に答える俺。

するとさらに、おっぱいとお尻どっちが好きだとか聞いてきます。

毎回、エロい質問に真面目に悩みながらちんこしごきながら答えます。

質問に対して即答できないと、怒鳴られ、エロ本やらねーぞってまた質問の嵐でしごかれるのです。

もう泣きそうになりながら(18歳でしたから)半端なく気持ちいいちんこをしこしこするのに精一杯でした。

無事エロ本を返していただいて、部屋でゆっくりオナニーしようと思い、部屋に戻る挨拶を(勝手に)したら、「ふざけるな!」と怒鳴られました。

そこからさらに激しくシゴきが始まります。

俺の一番のお気に入りのページを広げて、両手で持って頭の上に掲げながら、先輩たちに言われるまま、

「おっぱいにちんこはさみたいー」とか、「お尻にちんここすりたいー」とか、「パンティー頭にかぶりたいー」とか、大声で言いながら、ちんこを立たせたまま腰振って踊らされました。

最後の方でパイズリしろと命令されました。

一瞬どういうことかわかりませんでしたが、脳みそはエロエロモードなんで、俺はプライド捨てて、お気に入りおねーさんのおっぱいが、2ページにわたって載っているページにちんこを擦り付ける動作を裸踊りの最中にやりました。

やべっと思ったのですが、もう手遅れでした。

慌ててエロ本をまた頭の上に持ち上げて腰振り踊りを再開したんですが、チンコからはピュルっと精子が流れ出してしまいました。

そのまま垂れた精子が足や太ももにかかって、精子、熱っ!て思ったのを覚えています。

(精液の温度なんて気にしたことなかったですから、いつもはティッシュ直行だったので)

見開きにしていたおっぱいページは先走り汁でテラテラになってるらしく、先輩たちは、「おねーさんのおっぱい汚すなよー」とか言いながら、精子漏らしたまま裸踊りしている俺を見て大爆笑していました。

久しぶりにまた、人前で女体エロ本を掲げながら勃起裸踊りしたり、腰振りセンズリ披露したいなーと思っています。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。