ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】14歳の♂だけど下着女装おじさんに性処理させてますwwwwwwww

【ゲイ】14歳の♂だけど下着女装おじさんに性処理させてますwwwwwwww

女装おじさんでイイや・・・

香川県在住の会社員さんからの投稿。初めてフェラされたのは14歳の時らしく、またその相手が50代の男性だったのだとか。ロリコン趣味のそのおじさんは投稿者のザーメンを飲むために公衆トイレで毎日待機するようになり・・・
女装子さんのフェラチオ
私は中学2年から下着女装のおじさん(50代)に、フェラしてもらってました。

そのきっかけは、塾の終わった帰り道に公衆トイレに捨ててあったエロ本を個室で見ながらオナニーし、立ち去ろうとした時でした。

おじさんに「ねぇ、君チンチン弄ってたんでしょ?おじさん、エロ本沢山持ってるからあげようか?」と声をかけられました。

当然恐くなり急いで自転車に乗ろうと早足で歩きましたが、おじさんに腕を掴まれおじさんの車まで連れてこられました。

そして、ワンボックスカーの後部座席には段ボールが二箱ありギッシリとエロ本やビデオが入っていて、「君のチンチン見せてくれたら好きな物持っていっていいよ」と言われました。

怪し過ぎてかなり悩みましたが、エロ本欲しさにおじさんの車の中でパンツをグイっと下げてチンポを見せました。

その頃はまだ毛は生えたてで、皮を剥くのが痛い時期でした。

おじさんは凄く喜び、チンポに触ってきたり皮を剥いたりされているうちに勃起してしまいました。

するとおじさんは「エロ本と一緒にお金もあげるから、チンチン舐めてもいい?」

勃起してたのもあって、言われるがままに首をコクンと頷いていました。

おじさんは皮を剥かずに優しくフェラを始めました。

スゴく上手であまりの気持ちよさに直ぐにイきそうになると、おじさんは「我慢できなくなったら口の中に出しなさい」と言ってくれたので、そのまま口の中に放出してしまいました。

するとおじさんはズボンを脱ぎ出しました。

ビックリした事におじさんは女性物のピンクのスケスケパンティを履いていました。

股間には陰毛は無く、自分と同じ包茎チンポでした。

おじさんはをパイパン包茎チンポの皮を剥き、僕が口の中に出したザーメンを亀頭に塗りつけてオナニーを始めました。目がトロンとして、とても気持ちよさそうです。

「ママの気持ちよくなる所を見ててね」

「僕ちゃんのオチンチンもう一回舐めていい?」

「もう一回ママにザーメン飲ませて」

おじさんはフェラしながら淫語を連発し、僕は二回目にもかかわらずあっという間に射精しました。

その日から塾帰りに公衆トイレに立寄り、おじさんの車の中でフェラ抜きしてもらう日々が始まりました。

僕が女児パンツやTバックを穿かされてフェラされたり、おじさんにオナホで責められたり・・・

僕が高校に入るまでの2年間、下着女装したママ(おじさん)に性欲処理してもらいました。

今自分は32歳になりましたが、今でも女装ママが恋しいです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。