ホーム » ノンケ » 【ゲイ】職場の歓迎会で先輩リーマン(28)にお持ち帰りされてしまった話

【ゲイ】職場の歓迎会で先輩リーマン(28)にお持ち帰りされてしまった話

先輩リーマンに犯されて

宮城県在住の会社員さんからの投稿。去年大学を卒業して就職したばかりだという投稿者。その時点ではまだノンケ。しかし入社直後に酔って男にお持ち帰りされてしまい・・・
キスし合うサラリーマン
就職したばかりのころの話です。

歓迎会で居酒屋での二次会があってその時、お酒に慣れていない私はすごく酔ってしまい先輩のマサキさん(28)が独身寮の部屋に送ってくれました。

先輩が私をベットに寝かせてくれたまでは良かったのですが突然、私にキスしてきたのです。

私はかなり酔っていたこともあって最初はよく状況が分からなかったのですが、舌を入れられてさすがにビックリして「先輩やめてください!」と言いました。

「お前が可愛いから、ついキスしてしまったよ」とか言ってきて今度は服を脱がしはじめ、抵抗したのですが酔いが廻っていて力が入らず・・・

あっという間にベットの上で全裸にされていまいました。

先輩も全裸になって私の体を舐めてきます。

「本当にやめてください、そういう趣味はないんです」っ言いましたが聞く耳を持たず「可愛いな」と言って舌を這わせています。

次第に私もなんとなく変な感じがしてきて「ウッ」と声がでてしまいました。

「よしよし、感じてきたな。」と先輩は言って「まさか、童貞でもないだろう。でも男は初めてか」と私のチンポを舐めてきました。

「やめてください」と言ってもやめてくれず、また私も不覚にも感じてきて勝手にチンポが勃起してしまったのです。

あとはされるがままで先輩のチンポが私の顔にきて「お前も舐めてくれよ」と言われ、何故か思わず舐めてしまう私…

男の匂いとちょっとしょっぱい味がして、私も次第に興奮し身体が熱くなりました。

そして、自ら先輩のチンポに舌を絡めるようにして積極的に舐めてました。

私が「アッ出る、イク、イク」と言うと「俺もだ、イク、イク!!!」と先輩。

その瞬間、私のチンポから精子が先輩の口の中に飛び出しました。

その時、私の中の違う自分が目覚めてしまったのか、先輩の精子を飲んでしまいました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。