ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】デカマラ童顔の厨房(15)は誰にでも咥えさせますwwwwwwww

【ゲイ】デカマラ童顔の厨房(15)は誰にでも咥えさせますwwwwwwww

自慢のデカマラ、召し上がれ

広島県在住の学生さんからの投稿。中学時代から大人が見て驚くほどのデカマラを持っていたという投稿者。1人の歳上男性にしゃぶらせてみると、そのデカマラ中学生の噂は瞬く間に広がってしまい・・・・
デカマラをフェラする男性
物心ついた時から男性に興味があった私は、中学2年生の時に、地元の映画館のトイレで父親ほどの年齢の男性にナンパされ、その男性の自宅に連れ込まれて初めての男性経験をしました。

といっても、一方的に彼にしゃぶられるだけでしたが、私は中学生ながらも結構太く長く大きいマラの持ち主で、それなのに顔は童顔で女の子のように可愛かった(今は全く違いますがw)ので、彼は「おいしい、おいしい…」と夢中で私の肉棒をしゃぶっていました。

私も私で、初めて男性にしゃぶられるという異様な感覚に酔いしれて、声をあげてよがってのけぞりました。

ただ、オナニーばかりしていたせいか、どうしても男性の口の中では果てることはできず、最後は自分でしごいてイクような感じでした・・・。

そのしゃぶられる快感を忘れられくなってしまった私は、その後も男性の家へ何度も通い、その度にしゃぶられては気持ちのいい思いをしていました。

そしてある日、その男性から「僕の友達を紹介したいんだけど、一度会ってみないか?」と言われたのです。

聞くところによると、その友達と言うのは彼のホモ仲間で、年下だということでした。

私もその頃、他の男性とも関係を持ちたいと思っていたので、承諾しました。

その次の週にいつものように家に行くと、30代くらいの男性がいました。

どうやら、彼がホモ仲間のようです。

彼は私に向って、「君がケンスケ君だね?大きいらしいねw」と言うと、いきなり抱きしめ舌を絡ませるディープキスをしてきました。

私は唇を合わせるキスすら初めてだったので、腰が砕けるほど身体がしびれ、同時にマラは今までに無いほどビンビンに勃起しました。

そして、舌を絡ませながらズボンの上からマラをもみしだかれると、我慢汁もどくどく溢れ、下半身をむき出しにされると、また同じようにしゃぶられまくられました。

「ほんと、噂通り可愛い顔して凄いデカチンだね・・たまんない・・・」

そして、そのまま相手の口の中に出してしまったのです。

口内射精は初めての経験でしたが、もの凄い快感を味わうことができました。

やはりその男性との関係も何度か続き、行く度にフェラさせてました。

が、途中から飽きてしまい、そこへは行かないようになりました。

しかし今でも、その時のことを思い出してはオナニーをしています。

今も、この話を書きながらもビンビンで我慢汁があふれています・・・。

また、誰かの口に思いっきり出したいなぁ・・・

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントは2件です

  1. aaa より:

    読んでいる私も・・・。(笑)

  2. なお より:

    ああ~ん こういう子に調教されたいわ♥

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。