ホーム » SM調教 » 【ゲイ】毛深い熊親父にSM調教される大学生

【ゲイ】毛深い熊親父にSM調教される大学生

親父の性処理オモチャ

京都府在住の会社員さんからの投稿。学生時代に歳上親父から過激な調教をされていたという投稿者。その親父というのが熊のように毛深いドS男だったようで・・・・
最奥までアナル挿入
俺が大学生の頃、ボロアパートで一人暮らししていたんだが、隣に住んでいるオヤジと関係を持っていたんだ。

オヤジは年が40代後半くらいでガチブトの毛深い熊みたいな人だった。

ある日の夜に俺が愛読していたゲイ雑誌をゴミ捨て場に捨ててる所をたまたま見られ声をかけられた事がキッカケだった。

「よかったら、部屋でビールでも飲まない?」と誘われたんだ。

最初の頃はオヤジが俺の身体中を触り、俺はオヤジのを手コキする程度の軽いものだったが、何度か回数を重ねるとオヤジの本性が顔を出し始めた。

そして「しゃぶれ!」と命令するようにまでなってきたんだ。

俺は正直、オヤジのチンカスが溜まって臭い仮性チンポをフェラしたくなかったが、「言うこと聞かないととお前の学校にゲイだとバラしてやる」と脅され仕方なくフェラをしてた。

その後もオヤジの命令的な注文は次第にエスカレートし、風呂場で小便を口で受け止めたり、足の指や毛むくじゃらのオヤジの全身を舐めるよう奉仕させられた。

その中でも一番の苦痛だったのは、大して拭いてないケツの穴をオヤジがテレビを診ている間ずっと舐めさせたれた事だった。

そしてオヤジは毎回、気が済むまで俺に全身を愛撫させると、チンカスだらけのチンポをしゃぶらせ手を使わせずイラマチオで喉奥で射精し飲ませてきた。

しかし、オヤジはケツには興味がなかったらしく、オヤジ自体は一切挿入はしてこなかった。

だけど、一度だけオヤジがどこから連れてきたか分からないが、俺と年齢が近そうな20歳位のイケメンを部屋に呼び俺と絡ませたことがあった。

俺はそのイケメンはかなりタイプだったので、別に嫌ではなかったがイケメンにバックから突かれ喜ぶ俺を見たオヤジが、嫉妬して急に怒りだし、俺の口にチンポを突っ込み「何チンポ突っ込まれて感じてんだ変態ヤロー!飲み干せ!」と小便をしてきた。

その時の俺は久々のアナルセックスで、しかもイケメンってこともあってか興奮はMAX状態だったので、雰囲気でゴクゴクとオヤジの小便を飲み干した。

するとそれを見ていたイケメンも、俺のケツに中出しした後に「俺のも飲めよ!」と口の中に小便をしてきた。

イケメンとはその一度だけしかなかったし、オヤジもその後は誰も連れて来なかったが、それからは俺に精子以外に小便も飲ませるようになってしまった。

そんな生活が二年ほど続いたある日、オヤジが俺に何も言わず急にアパートを出て行ったんだが、しばらくは「早くしゃぶりに来い!」とオヤジに奉仕している俺の画像を添付したメールが届いた。

しかし、遠方であったためか?パートナーが見つかったのか?諦めたみたいで最後に「気持ちよかったよ、ありがとな」とメールが送られてきた。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。