ホーム » 巨根 » 【ゲイ】亀頭カリ高のとんでもない怪物チンコを目撃しました・・・・・・・・

【ゲイ】亀頭カリ高のとんでもない怪物チンコを目撃しました・・・・・・・・

驚愕の怪物チンコ

東京都在住の熟年さんからの投稿。小学生時代にトイレで規格外のデカチンを観てしまった投稿者。男性の股間を見て何故か自分まで勃起していることに気づいた。それ以来、そのデカチンのことが忘れられず、少年はゲイの世界に・・・
ハッテントイレ
初体験ではないのですが、初めて衝撃的な目撃をしたことを書きたいと思います。

随分前の話ですが、今から40年くらい前の日曜の昼下がりのことです。

私は国鉄(現在のJR)の品川駅構内のトイレで小便をしていました。

ふと端っこで用を足しているおじさんを見ると、何と自分のいきり立ったマラを無表情で扱いていたのです!

当時、小学生だった私は、初めて見る大人の男性の勃起したマラを目の当たりにして頭が真っ白になるくらいクラクラしてしまいました。

しかも、遠目でもわかるくらいカリ高で筋が立つくらい反り返っていて・・・

それは、今になってもくっきりと記憶に残ってるほど、衝撃的なものでした。

小学生ながらに自分のマラもあっと言う間に勃起してしまいました。

でも、そのおじさん(今にして思うと30代くらいか?)は、別に周囲を気にすることもなく平然と扱き続けています。

私は自分が勃起したのが恥ずかしいのと怖いのとで、すぐその場を逃げるように離れたのですが、冷静になればなるほど太く大きいマラが頭から離れず、どうしてももう一度見たくなってしまいトイレに急いで戻りました。

しかし、残念ながらそのおじさんは既にトイレには居ませんでした。

今にして思うと、仲間を見つけ、どこかホテルにでもしけ込んだのだと思います。

思えば、あのおじさんは、ホモのわりには挙動不審でなく、落ち着いていたような記憶があります。

今でもあのときのソリマラの残像を思い出してはオナニーしています。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメント1件

  1. より:

    てす

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。