ホーム » ノンケ » 【ゲイ】もう我慢できない!ノンケがチンポ懇願してしゃぶり倒す!!!!!

【ゲイ】もう我慢できない!ノンケがチンポ懇願してしゃぶり倒す!!!!!

ノンケの隠れた性癖

大阪府在住のフリーターさんからの投稿。日雇いの仕事もほとんどなく手持ちのお金もわずかしかない投稿者。もちろん彼女などいるはずもなく、風俗に行くお金もない。そんなところへタイミング悪くゲイにナンパされてしまう。心が揺れ動きながらも性欲には勝てず・・・
フェラするリーマンさん
だいぶ前の話だが、仕事もせずお金もなく、東京から地元の大阪へ帰ろうと電車を乗り継ぎ、静岡に寄った時のことです。

宿泊費節約のため夜の公園で寝ようとベンチに座っていると、サラリーマンらしき男の人が声をかけてきました。

いきなり話しかけてくるなんて怪しい人だな、と思いながらも時間を持て余していたんでしばらく世間話に付き合っていました。

そして話は段々とエロネタに変わっていきました。

よくよく話を聞くと、その人はゲイらしく男じゃないと興奮しないと言ってきました。

しかも驚いたことに奥さんもいるらしく、性生活はまったくなく奥さんもその人の性癖を理解してくれているとのことでした。

そして「ホテルに泊まらせてあげるから、僕と付き合ってくれない?」と言ってきました。

僕は2週間以上も溜まっていたせいもあったのか、これから起こるであろう事を想像しただけで急に興奮し思わずうなずいてしまいました。

その人はすぐに身体を摺り寄せてきて、僕のチンポをズボンの上から触ってきました。

興奮していた僕はすぐに勃起してしまい、その快感に身をゆだねていました。

そしてジッパーをずらされ、僕の勃起したチンポが外に飛び出ました。

直接触られ、思わず声が出ました。

「ああ、、気持ちいい!」

すると、その男の人は「若いから元気いいね。」と言いながら、擦り続けました。

すぐにイきそうになったので「ああ、イきそう!」と言うとパッと手を離し「この続きはホテルでね。」と言いました。

二人でホテルに向かいました。

ホテルに着くと、お互いに全裸になりシャワーを浴びました。

シャワーの後、トイレに行くと、男の人がチンポを振ってくれました。

身体を洗い終わると、ソファーにすわり、早速僕のチンポを触り始めました。

さっきよりもビンビンにいきり勃つと、今度はしゃぶりはじめました。

男の人もパンツの上からテントを張っていました。

僕もしゃぶりたい衝動にかられ「もう我慢できない!舐めさせて」といい、勃起したチンポにむしゃぶりつきました。

初めてのフェラチオに興奮で頭が真っ白になり、しゃぶりまくりました。

男の人は女声で「ああいいわ。もっとしゃぶって!」と叫び、気持ち良さそうに腰を振っていました。

そのままベッドに行き、今度は69をしました。

お互いのアナルも舐め合いっこしました。

その後、お互いのチンポでチンポを擦り合いながらプレイを楽しみました。

やがて溜まっていたものが我慢できず、僕の尿道からいきおいよくザーメンが飛び出ました。同時に男の人も射精しました。

僕は興奮のあまり、ザーメンの付いたチンポをしゃぶりました。

その人とはそれきりでしたが、今でもたまに思い出してはオナニーをしています。

自分にこんな性癖があったことを思い知らされた出来事でした。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。