ホーム » マッサージ » 【ゲイ】整体のお兄さんが鼠径部ばかり揉んでくるんだけどwwwwwwwwww

【ゲイ】整体のお兄さんが鼠径部ばかり揉んでくるんだけどwwwwwwwwww

整体師さんの寸止めテク

静岡県在住の学生さんからの投稿。サークル活動中に腰を痛めて整体に行った時だった。いきなりオイルを身体に垂らされて驚くも、黙って施術を受ける投稿者。すると整体師の手がやたらと鼠径部ばかりを責めてくる・・・
寝込みを襲われた学生さん
ある日、ソフトテニスで腰が痛めてしまい動けなくなってしまった。

ということで、痛みが落ち着いてから整体に行くことに。

しかし、近所には整体がないので、以前試合に行った時にたまたま見かけた整体院へ電車で向かうことに。

入ると、お兄さんが迎えてくれた。どうやら客は俺だけのようだった。

「それではまず、シャワーを浴びて腰にタオルを巻いて来てください」と指示された。

シャワーというが、案内されたのは奥の整体院に併設されたお兄さんが居住していると思われる普通のお風呂だった。

しかも生活感満載のリビングを横切って…

一瞬不思議に思ったが、とても暑い日だったのでわざわざ気を使ってくれたのだと理解した。

俺は、さっぱりすると整体院に戻り台の上へ腹這いで寝た。

「気になる所ありますか?」と聞いてきたので、「腰が痛い」と伝えた。

足首からオイルを垂らし、マッサージが始まった。

「強さいいですか?」

「良いっす」

くすぐったいような、気持ちいいような、手が鼠径部に来て後ろから前へ。

こんなに、鼠径部が気持ちいいとは、知らんかった。

ギンギンになっている…痛い位だ。

腰から首としっかり揉んでくる。

上を向いてと言われ、慌てた。

まだ、勃起がおさまってないのだ。

仕方ないので、上を向くと足首からもみ上がって、気持ちいい鼠径へ。

もう、笑うしかない。

「くすぐったい?」

「うぃっす」

こんなやりとりをしながら、手のひら、腕と結構しっかりと揉んでいる。

兄さんはクッションを腰の下に入れ、両膝を立たせ、肛門と玉の間から玉へ、そして両方の玉を揉んだ。

「あ、」

「どうした?」

「いや、何もないっす」

「本当か?」

そんなやり取りをしながら、乳首へ、コリコリしてきた。

やはり、このお兄さんはヤバい奴かも……

「もう、帰ります」

「何処に、帰るんだ?」

俺は、「止めてくれ」とお願いしたが体は素直だった。

「もう、垂れてるぜ、触ってもないのに。」

そう言うと、お兄さんは、垂れた汁を指で伸ばすように触っている。

「あー。あー。あー。」

「お客さん、だいぶ溜まってますね。」

「ダメですよ…」

お兄さんは優しく、舌でレロレロ、ツンツンしている、もう限界だ。

「イクッすよ」

お兄さんはそれを聞くと、刺激を止めて太ももの内側や、玉袋の下辺りをサワサワしている。

俺は、涙目で「お願いっす…イかせてくれっす」

お兄さんはニヤニヤしてる。

「あれ、帰りたいんじゃなかったのか」

と言いながら乳首にデコピンしてる。

そして、ようやく上下の刺激を加速してくれた。

「ヤバイっす」

そのまま2回もイかされてから家に帰された。

しかも、気がつくと腰の痛みは無くなってたw

 

カテゴリ:マッサージの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    どのあたりの整体ですか?
    いってみたい

  2. ゲイの名無しさん より:

    あるわけねーだろ

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。