ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】高校2年生が夏休みにナンパ筆おろしされた話

【ゲイ】高校2年生が夏休みにナンパ筆おろしされた話

初めての発展映画館で・・・・

都内在住の学生さんからの投稿。男性に興味のある童貞高校生がネットで発展映画館の存在を知ってしまう。気持ちを抑えることができず年齢を詐称してまで突入した途端、隣の席から手が伸びてきて、投稿者の股間を弄りだした・・・
熟年さんのフェラチオ
私が高校2年生の夏休みの日、大人の格好をして初めて成人向け映画館に入りました。

館内の後ろの方で一人見ていると、いつの間にか隣の席に男の人がいるのが判りました。

恥ずかしくなったけど暗いので顔は見えないからいいやと思い映画を見続けていました。

するとその男の人が突然、私の股間に手を置いてきました。

怖くなり逃げようと思いましたが、身体が強張って動かずそこから離れることが出来ませんでした。

抵抗しない私に、男は私のズボンのファスナーを降ろし始めました。

私はビックリして手を抑えようとすると耳元で「大丈夫、気持ちよくしてあげるから・・・」と私の手を退けるとトランクスの中に手を入れ、少し興奮しておおきくなっていたペニスを取り出し、しごき始めました。

もちろんオナニーはよくしていたんですが、他人の手で擦られたことなどもちろんありません。

すごい快感が押し寄せてきます。

射精も近いと感じてきました。

それを知ったのかその男は私の前にしゃがみ、それをパクリと喰われてしまいました。

最高の快感にあっというまに射精してしまいました。

その男はそれをすべて飲み干し、ファスナーを上げてくれると、小さな声で外に出ようと私の手を取って映画館の外にでました。

明るいところで初めて見るその男は40代位でした。

「これから俺のマンションに行こう」と言われ、タクシーで行きました。

マンションには小さな部屋が2つあり、その一部屋には大きなベットが置いてありました。

私はキョロキョロと部屋を見ましていたのですが、男はいつの間にか全裸になっていて「お前も早く脱げよ」といわれました。

私たちはベットに全裸で横たわると頭を互いに反対に向け69の体位になるとパクリと私のペニスを咥えて来ました。

私の顔の前には大きくなった男のペニスがあり、私は覚悟を決め黙って咥えました。

少し嫌な臭いにおいがしましたが、時間が経つと慣れてきました。

そして、私は男に激しくシャブられ再度射精してしまいました。

男は仰向けになって、「手でしごいてくれよ、出そうになったら合図するから口に咥えて飲んでくれよ」と言われ始めて他人のぺニスを握り上下に擦りました。

しばらく続けていると「出るよ、咥えてくれ」と言われ、あわてて口に含むと何度も跳ねながら射精してきました。

なんとも云えない味でしたが、ようやく飲むことができました。

少し休んだ後男は四つん這いなり、私に後ろからペニスを挿入してくれと言われ、手で擦ってくれ私のペニスが大きくなったのを見て再度よつんばになりお尻を突き出して来ました。

男は傍にあったクリームのようなものを自分でお尻に何度も塗りつけ、「さあ、突っ込んでくれ」と。

私は男のお尻の穴にペニスの先をあてがい腰をつきだすとぬるりとした感じで、すんなりと挿入されました。

男は「ああ、最高のチンポだ。思い切り掘ってくれ」と。

オナニーや手コキとは違った快感であっというまに男のお尻の射精してしまいました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. たく より:

    素敵な想い出♥

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。