ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケの友達とチンポの長さ比べした結末wwwwwwww

【ゲイ体験談】ノンケの友達とチンポの長さ比べした結末wwwwwwww

ずっと見たかった友人のチンポ

長野県在住の学生さんからの投稿。どうしても友人のチンポが見たいため銭湯へ無理矢理誘ってみたという長野県在住の投稿者。脱衣所で覗き込んでみると大きさは自分の圧勝だった。しかし洗っていると勃起しはじめた友人のチンポが・・・
兜合わせ
俺・Tは友達Sと銭湯にやってきた。

それも8月というこの暑い季節の中である。

オマケにミンミンうるさいセミも付録付きである。

純粋に「何故その暑い季節の中、銭湯へ?」となるであろう。

そう、身体を癒すためである…じゃなく友達Sのチンポを見るために決まっている。

Sには暑さの我慢くらべしようぜってことで声をかけたら、意外にもノッてきてくれた。

俺とSは、脱衣場に入った。

俺「それじゃあ入ろうか!」

とうとう拝めるぞSのチンチン。

Sは上を脱ぎ、ズボンだけに。そしてとうとうズボンを脱ぎ、パンツ一丁に。

ボクサーパンツだった。それだけではなくSは勃起していた。

それはパンツでも確認できた。ボクサーパンツなだけにハッキリとしていた。

そんなSは俺がパンツを脱ぐのを待っていた。なので急いだ。

俺はパンツを脱ぎ、見栄剥きを見せた。

Sもパンツを脱ぐと、剥けていた。

俺は完全に見栄剥きだけど、Sは実際どうなんだろう。

気になるのを抑えて、脱衣場から銭湯へ向かった。

ここでもまたSはチンポを水平勃起し始めたのだ。

溜まっているのかなぁと思いつつ、かけ湯をしているとSは確実に勃起をしていた。

もっと見ていたかったが風呂に入ってしまいもう見えなかった。

残念だと思いつつも会話を始めた。すると身長の話へとなった。

俺「身長どっちが高いんだろうね!」

S「うーん同じ位じゃない?」

俺「そうだ!脱衣場の大鏡で比べてみようよ!」

俺はSを脱衣場の大鏡へと連れて行く。

これも身長を測るためではなくチンポ比べをするためだ。

脱衣場の大鏡に俺とSは平行に並んで立った。

S「身長は同じ位だね」

俺「S君がちょっと高いよ!」

本当は身長なんてどうだっていい、2人の下がったイチモツを見つつ、俺は話した。

「あれ?これバレるんじゃない?」て思った人、ご安心ください。

S自身の視力があまり良くないのでこんなの気付いたりなんかしません。

で、大鏡に映すと俺がSより倍以上大きいと分かる。

Sの2倍いや3倍のイチモツをぶら下げてることが嬉しかった。

まるでそれは子供と大人の差である。しばらく優越感に浸った。

その後、サウナが空いたというわけで、2人しか入れないような狭いサウナへ。

俺「S君ってムケてるんだね。羨ましいな」

俺は今まで気になっていた事を聞いてみた。

S「イキナリの下ネタトークですかw」

その後にSは「まぁいいけど」と言った。

俺「それじゃトコトン下ネタ話しますか」

Sにそう言うと、俺の見栄剥きじっくり見てきた。

S「T君ってムケてるんじゃないの?」

俺「あ、これ見栄剥きだからww」と言い、俺は本当の自分(包茎)を見せた。

Sも見栄剥きだろうと信じていた。だからこれくらい見せてやっても良かった。

Sも皮を戻そうとしたが、すぐムケチンに戻った。

どうやらSは自然剥けらしく立派だなと感心した。

そんな中、Sのチンポがムクリと上に反り立った。

俺「めっちゃ勃起してるじゃんw」

そういう自分のチンポも水平にムクリと勃起した。

俺「あれ、俺も勃っちゃったよw」

S「…触っていい?」

俺「え?」

S「自分じゃない人のチンポ触ってみたい…」

俺「いいよ。ただし俺もSの触るから」

俺はSのチンポを、Sは俺のチンポを触った。

S「T君、硬いな…」

俺「そう?」

Sは俺と自分自身のチンポWで握り確認した。俺もチンポWで握ってみたが太さ・硬さは俺が上らしい。

俺「S君、カリあるじゃん」

S「そう?」

またSは俺と自分自身のチンポWで握り確認した。

S「確かにカリがないな…」

俺「S君、上に反り立ってていいな…」

S「ああ、SEXする時には…」

童貞かどうか聞くのを忘れてしまった。言っちゃ悪いが多分童貞卒業していない。

俺「どっちが大きいのかな」

S「くっつけてみようよ…」

俺とSは立ち上がりチンポをくっつけてみた。

長さは同じ位(Sがちょっと大きいかも)だ。

チンポ平常時は子供と大人の差だったのに…。すごい膨張率…。

俺「オナニーはしたりするの?」

S「…たまにだけど。T君は?」

俺「毎日だけど。いつから始めたの?」

S「…遅いよ、高2位から。T君は?」

俺「恥ずかしながら俺も高2からだよ」

S「…オナニー見たい」

俺「え?じゃあする?」

S「うん、しよ」

俺「よし!それじゃあ…」

S「…他の人のチンポをオナニーしたい」

俺「え?」

Sの言ってることは俺がSのチンポ、Sが俺のチンポをオナニーするとのことだ。

そしてお互いに扱き始めた。

Sがものすごく速く射精し、俺はその後しばらくして射精した。

俺はこの日が忘れられない。

またSと風呂に行こうと思う。次は測り合いでもしたい。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。