ホーム » 出会い系掲示板 » 【初体験】勇気を出してゲイ掲示板で募集してみた結果・・・・・・・・

【初体験】勇気を出してゲイ掲示板で募集してみた結果・・・・・・・・

優しいおじさん

大阪府在住の学生さんからの投稿。どうしても男性との経験がしてみたく、掲示板を使って募集してみたところ一人の年上男性と出会う。優しくリードしてくれる男性に心を開いてしまい、言われるがままに身体を委ねたのだが・・・
熟年さんのフェラ
男性との経験はなく、銭湯でお話でも、と掲示板募集した時のことです。

ですが、なかなかメールは届かず、待ちきれずにお風呂へと入りました。

中に入ると、深夜だったので人も誰もいませんでした。

その時というのが、雪が降りそうなくらい寒い日だったから仕方ないのかもしれません。

仕方なく先に身体を洗い、外の露天に行きました。

しかし、露天とは名ばかりで天井がないだけの露天だったので、景色は良くもなく、ただ単に温まっていました。

そして15分後くらいでしょうか、のぼせそうになったので中に戻ろうとすると、誰か脱衣所にいるのが見えました。

50代くらいのおじさんが上着を脱ぎながらキョロキョロして、浴槽やシャワーの方を伺っている様子でした。

もしかしたら掲示板を見てくれて来たのかな?と思い、あえてまた露天に居座りました。

するとおじさんが入ってきて、遠いながらも確実に目が合いました。

ジッ、、、と見た後におじさんはすぐに身体を洗い始めました。

また数分したら、今度はおじさんが露天に向かってきました。

そして少し離れたところに座りました。

なんか逆に違かったら気まずいなと思いながらいると、おじさんは気さくに話しかけてきました。

今日は寒いね、今年一番の寒さってテレビでいってたよ、とか、他愛ないテレビで見た話をふってきました。

「そうなんですね〜」と、自分も愛想よく受け答えをしていました。

するとおじさんは「そっちの方がお湯が温かそうだね」と言ってこちらの方へ移動してきました。

自分はつい、おじさんの股間に目がいってしまいました。

おじさんはそれを察すると、少し無言になったあとに、「もしかして、掲示板に書いてた子?」と聞いて来ました。

自分は、あっ、と思いました。

何だかすごく恥ずかしくなってきて「はい…」と小さく受け答えすると、おじさんは脱衣所の方を見ながらさらにらまた近づいて来ました。

「メールしようとしたんだけど、時間がたってたからさあ」と言いながらもまた脱衣所を見て、肩に手を回しました。

「いくつかな?若いね、おじさんでもいい?」といいながら肩や背中をさすりました。

こちらもそれに、「はい」と答えると、「こんなおじさんに緊張しなくていいよw」と言いながら股間の方へ手を降ろしはじめました。

こちらのアソコはすでに固くなってしまっていました。

おじさんはそれを見ると、嬉しそうに笑いながら、「ちょっとここじゃあれだから、」と露天風呂の横にあるミストサウナに行くことになりました。

「でも、銭湯じゃそういうことは、、、」と心配になって言うと、「大丈夫、見てるから」と慣れた手付きで椅子になっているスポンジのマットに寝かせました。

そして、おじさんが覆いかぶさるようにして乗りました。

お腹に馬乗りになるように座り、胸を揉まれました。

乳首をいじられながら、そこでおじさんに口を奪われました。

舌をいれてのディープキス。

中腰でされていたので、外の様子が見えず不安になりました。

時々、外が気になってわざと口を閉じて頭を上げて外を見ましたが、おじさんは大丈夫の一点張りでした。

小心者の自分はやはりそれじゃちょっと、、、と思い、おじさんにどいて貰いました。

すると、なら見えるようにさっきの所に移動することになりました。

おじさんはその際に中へ戻ってシャンプーなどが入ったカゴを持って来ました。

そして、さっきの場所より、やや死角になる位置にいきました。

おじさんは自分に表を見るようにいいました。

足だけ浸かる形で、温泉が流れる滝のオブジェのようなものに身体を隠して脱衣所を見る感じでした。

おじさんは後ろから手で乳首をいじりながら首を舐めました。

あまりされたことがないので、気持ちの高ぶりよりもそれはただくすぐったいだけでした。

首、肩、うなじ、流れるようにして舌を這わされました。

おじさんは気持ちよくしてあげようかと言って、潜り込むような形で、今度はこちらのアソコをくわえました。

暖かく、太い舌がいやらしく動き、すぐにイッテしまいそうになり、腰を引きました。

ですがおじさんにお尻を掴まれ、なかなか逃がしてくれません。

すると、さきほどのカゴからプラスチックの容器を取り出し、片手で器用にフタを開けました。

中の液体を手に垂らすと、そのままお尻を触りました。

ヌルっとしていて、冷たい感じがしました。

急な冷たい刺激に思わず腰を押し付けてしまい、おじさんが壁に頭をぶつけてしまいましたが、おじさんはまた、なにくわぬ顔でくわえました。

ヌルヌルしているのは、ローションだとわかりました。

ゆっくりと、吸うようにしておじさんの頭が動きました。

外を見ないけないのに、その光景を見たくて視線が奪われました。

その間に今度は指がお尻の割れ目に近づいて来ました。

指で撫でるようにして刺激されました。

そのソフトタッチがとても自然で、フェラとお尻の刺激のタイミングも合わすようにして頭と指を動かされました。

多分本当に数分、いえ、もっと短い時間だったかもしれませんが、いつのまにかお尻に挿っている感覚がありました。

今まで、お尻はされたことなかったのですが、お尻が暖かいような熱いような、不思議な感覚。

え?挿って、、?とハッとしましたが。気づいた時には中指?が奥に入っていました。

凄く自然すぎて本当にわかりませんでした。

もうこんなにされてしまってるなら、、、とあとは受け入れるように、すぐにイッテしまいました。

いつのまにか、内股になり、片手でおじさんの頭を軽く抑えるようにして、イきました。

おじさんは、イッたのがわかると、ゆっくりと。

またさらにゆっくりとフェラをしました。

最後にチュパッと音を鳴らすようにして、最後まで吸い取りました。

そして、ゴクんっと喉が鳴りました。

自分は恥ずかしさが後から来て、なにも言えませんでした。

そして、おじさんは美味しかったよと言ってゆっくり立ち上がり、その場を離れて行きました。

それ以来、おじさんには会っていませんが、それ以来、お尻も中に指などを挿れられるような経験もしばらくありませんでした。

後日、アダルトショップで男性器の形をしたモノを買って自分でしてみたりしたのですが、なんだか痛いようなだけで、なかなかあの時のような経験はあれからありませんでした。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. 高倉 より:

    未経験経験希望60歳以上
    優しく手慣れた方、秘密厳守

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。