ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】プールで色黒マッチョの極細チンコを目撃した話

【ゲイ】プールで色黒マッチョの極細チンコを目撃した話

【体験談】滋賀県在住の会社員さんからの投稿。高校時代、プールの授業で水着越しに男子の股間を観察するのが日課だったという投稿者。そんな中、クラス一の色黒マッチョ君が執拗に股間を隠して着替えているのだ。気になった投稿者がぴったりとくっついて観察していると・・・

細いペニスの体験談

思春期の頃、クラスメイトのチンチンが気になって仕方なかった人っているでしょうか?

僕はその頃とにかく友達のチンチンが見たくてたまらなかったのですが、その時期ってお互いに恥ずかしく性器のことは秘密で、なかなか友達のチンチンを目にする機会ってありませんでした。

そんな中、チンチンを見れる数少ないチャンスがあるのが水泳授業でした。

高校1年の最初のプール授業。

僕らは男子更衣室で制服から水着に着替えるのですが、部屋にいる全員がパンツの上にバスタオルを巻き、隠しながら着替えるんです。さも、隠すのが当然の如く。

中学時代は生えてる者生えてない者が混在し、どちらの立場でも恥ずかしくてタオルで隠すのが常識でした。

しかし高校生ならばもう全員発毛してるだろうに、相変わらずタオルで厳重ガードするのが当然みたいな更衣室の空気はちょっと意外でした。

僕らの高校の指定水着(事前に業者から全員同じデザインのものを購入させられる)は一昔前の競泳水着のように小さなブリーフみたいな形のものでした。

ですから着替えを終えてプールサイドに整列すると同時に、みんなの股間の膨らみが一目瞭然でした。

僕は自分の股間の膨らみとクラスメイト達のそれとを頭の中で比較しました。

直接見ることはできなくても自分のチンチンの大きさは当然把握してるので、自分の膨らみを基準に比較すれば、クラスメイトのチンチンのサイズは大体推測できます。

さすがに高校生にもなると膨らみのない奴は皆無で、大半のチンポジは上向き収納。一部が下向きや横に向いたもので、泳いで上がった後には水着が体に張り付き、それぞれのチンポサイズは一層明確になりました。

チンチンの長さのほうは見た限り長い奴と短い奴とで3~4センチぐらいの差がありましたが、太さのほうは若干異なるもののおおむね同程度と思われました。

ところが比較するうちに、クラスの中で一人だけ、明らかに「絶対こいつは細い!」という奴を見つけてしまいました。

しかもイケメンで女子にもモテる奴でした。

本田君というその彼は身長高めで細身の筋肉質の色黒で、クラスの中でもさえない自分とは正反対の容姿でした。

そんな、自分からは完璧に見える彼の、おチンチンだけは並以下の極細という、女子には絶対知られたくない秘密!?を知ってしまった僕は、無性に本田君の生チンを見たくてたまらなくなってしまいました。

もっとも、プールサイドの反対側では女子が水泳授業をしてたので、実際にはみんな本田君の水着姿は見てるはずで、別に秘密でもなんでもないんですが…。

本田君のチンチンが見たい僕は、まずは更衣室で彼の横にべったり張り付き、至近距離でマークしましたが、しっかり腰にバスタオルを巻いて隠すので、見ることはできませんでした。

そこで今度はちょっと工夫してみました。

タオル巻きでその中はノーパン状態の本田君が水着を足に通して上げていくタイミングを見計らって、僕は手に持っていた自分の水着をわざと床に落とし、しゃがんで水着を拾うふりをしながら、視線だけは本田君の股間に標準を合わせます。

同じタイミングで水着が上がる、と同時にタオルの裾が捲れて、立ち上がった状態では見れない彼のおチンチンが一瞬あらわになりました。

水着の膨らみ方から明らかだったものの、鉛筆を一回り太くしたぐらいしかない、ゴボウみたいな極細チンポでした。

そして先端だけマッチ棒の先のように微妙に膨れていました。

こんなチンチン、今まで見たことなかったので強烈に印象に残りました。

その後はクラスの他の男子を同じようにマークして、一瞬のチャンスを伺いながらチンチンを覗いては楽しんでいました。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。