Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】喉フェラで熟年さんの子種を搾り取ってきます・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】喉フェラで熟年さんの子種を搾り取ってきます・・・・・・・・・

熟年さんとのフェラチオ乱舞

大阪府在住の夢中さんからの投稿。半年前に知り合った熟年男性さんとの愛の瀬を綴ってくださった投稿者。その熟年さんに身体を開発されつくし、今では無意識に相手のザーメンを求める変態喉便器に・・・
フェラチオ

昨夜!遂に好きな成った方の自宅に泊まり、好きに成った方の精液を注ぎ込まれて熱い想いを体感しました。

約半年前に知り合った体格の良いケンさんと言う62歳の親父さんと、発展公園でフェラチオされたり、フェラチオしたりしていました。

アナルセックスはなし、口で楽しむ関係です。

そして何度目かに遊んだ際に、多目的トイレに行こうという話になりました。

そこで全裸にされて、ケンさんが持参したマットの上で四つん這いにされ、後ろからアナルを優しく舐められては、ビクンッ!っと身体を仰け反らせて反応させていました。

攻められる快感を覚えさせられてからは、プレイ内容もどんどんエスカレートしていきました。

今年に入ってからは自宅で脱毛して、指導された通りにシャワー洗浄してから淫らな気持ちで会いにいきます。

ムズムズする淫らなアナルをヒクつかせた状態で、毎週の様にケンさんと待ち合わせて夜の公園のトイレで可愛がられてきました。

ケンさんの舌先で小さな蕾を優しく舐められ、柔らかく成り始めたアナルに舌や指を捻じ込まれたり、背後から腰を抱え込まれた状態で顔を尻タブに埋めこみ、ズズズぅ~~! ジュルジュぅ~~! っと厭らしい音を響かせて、ケンさんにアナルを吸われ捲ったりされます。

ケンさんが持ってくる様々な玩具で弄られたり、エネマって玩具で前立腺を刺激し続けながらサワサワと身体中を愛撫されて、触ってもいないペニスからダラダラと精液を垂れ流しになっている始末。

延々と続く執拗な愛撫で、いきなり透明な液を噴き出してしまう変態な身体にされてしまいました。

勿論、乳首も執拗に愛撫されカリカリに勃起する様に成り、吸引器で毎回吸い上げられて、小指の先程の大きな乳首にされてしまいました。

普段の生活の際もシャツで擦れただけで、あっ!ケンさんっ!と思わず反応してしまい、近くのトイレに駆け込んで。。。

キスもして欲しくて、オネダリしちゃいました。

全てを任せますから、ケンさんがしたい様にキスしてイイからいっぱいキスしていっぱいケンさんの唾液を飲ませて欲しいです。

ケンさんの唾液も飲まされたいし、、、、、、今夜はケンさんの精液も飲まされたいです。

そう告白した先週末、初めて近くのビデオボックスに行き、パイプベッドの上で全裸で抱き合ってキスされました。

分厚い舌を吸い、唾液を飲み込み、上から垂らされるケンさんの唾液を舌を突き出して受け止めてゴクゴク飲みました。

毎回、毎回、射精するって事は無いケンさんのペニスが、いつもよりギンギンに勃起。

ケンさんの上に跨り、尻タブをケンさんの顔に擦り付けて愛撫をオネダリしながらケンさんのギンギンに勃起した、やや太めのペニスを喉奥深くまで咥え込んで激しくフェラチオ。

頂戴っ! ケンさんのお汁飲ませてっ! ケンさんの精液いっぱい飲みたい! ケンさんに強引に喉奥深くに射精されて、ケンさんの熱い精液を飲まされたいです。

下から腰を抱え込んで俺のアナルを舐め廻したり、ジュルジュルとアナルを吸い捲ってたケンさんが突然起き上がり、横向きに成った俺の口にペニスを突っ込んで来ます。

出るんや!と思って喉を開く様にしたら、いつもより深くケンさんのペニスが入ってきて、大きめの亀頭が喉にガポっと嵌った瞬間に、出るっ!ってケンさんが呻きます。

喉に嵌った亀頭がぶわぁ~っと膨らみ、どプッ!ってケンさんの熱い精液が注ぎ込まれました。

2度! 3度! と噴き出す塊の様な精液を飲み込む度に、ゴキュっ! と音が響き、喉が自然と亀頭を丸ごと飲み込む様に締め付けているのがハッキリと解ります。

下からケンさんを見上げると、恍惚とした表情だったのが嬉しくて堪らずケンさんの腰を抱きしめて、もっと奥に!もっともっと奥に突っ込んで、もっともっと出して! もっともっと飲ませてっ!

ゴキュゴキュと喉を鳴らして喉でフェラチオしてると、ケンさんが、又出るっ!って呻いて腰を更に突き出したので、苦しくて思わず顔を引いたら、シャアぁ~~!っと精液が飛び散りました。

慌ててペニスをパクっと咥えて生温かい精液が口いっぱいに溜まり、生臭い精液特有の匂いがこもり、飲まされてるって感じて幸せな気持ちで満たされました。

やや萎みかけたペニスをゆっくりゆっくり愛撫してケンさんのペニスを堪能しました。

長く成ったので昨夜の熱い体験は又かきます。



 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    臨場感よw

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索