ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】自分よりも短小に異常興奮する大学生の話

【ゲイ】自分よりも短小に異常興奮する大学生の話

【体験談】岐阜県在住の大学生からの投稿です。小さなペニスに劣等感を抱く投稿者。ある日、自分よりも短小眼鏡に出会いフェラチオしてもらったことをきっかけに短小フェチになってしまった末路・・・・・・

短小のフェラチオ

俺には悩みがあった

それはチンポが小さい事だ、中学の修学旅行の時、団体で入浴した時にわかった。

脱衣場で脱ぎ始めて皆んなチンポを隠さず堂々と浴場に向かったが俺の倍以上のチンポばかりでした。

サイズ違いにショックを受けそのまま服を着て出ました。

その日以来トイレに入ると気付かれないように他人のチンポを観察するようになりました。

同級生は勿論下級生にも劣る俺のチンポに劣等感を抱きました。

そんな俺より小さいチンポの持ち主を偶然見つけました。

大学入試の会場で休憩時間にトイレに入った時です、10個並んでる便器の端で用をしてる眼鏡の男性がその人でした。

隣りに行き小便をしながらチラ見するとエッと言う感じでした。

俺のより小さいのが居たのかと思わず顔を見ました。

眼鏡の男性も俺のを覗いて同時に目が合いました。

この瞬間何かを感じましたがこの時点ではわかりませでした。

試験も無事終わり帰りの電車の中で誰かに見られてる視線を感じましたが気のせいだと思い駅に着いた電車を降りました。

改札を出た所で声を掛けられました、振り向くと眼鏡の男性でした。

今気づいたのですが同じ制服でしたので同級生かなと?

「試験一緒でしたねなん組ですか?」と聞かれ

「3組やけど」と言うと

「水谷君、花房君と同じ組ですか」と言った

「水谷や花房を知ってるんですか?」と聞くと

「小、中学と一緒でした」と言った。

俺も彼らとは仲良しなので

「そうなんですか僕も仲がいいんですよ」など話していると

「試験どうでした?」と聞かれ

「まあまあかな君は?」

「僕もまあまあやけど、これから試験合わせしません?」

「そうやね」

と言う事で眼鏡の家に行きました。

大きな家で眼鏡の部屋は3階でした。

部屋もかなり広くWベットの横に机がありその隣りにはギッシリと本が並んだ本棚がありました。

眼鏡は机に座り俺はベットに腰掛けて問題集をチェックし始めました。
ですが10分もすると俺は眠くなり眠ってしまいました。

夢心の中ででチンポが気持ちいい感じでした。

「ん?」

気がつくと夢じゃなく眼鏡が俺のチンポを舐めていました。

小さくて劣等感のあるチンポですが何故かこの時は恥ずかしさも無く凄く気持ちいいので寝た振りを続けました。

寝てても無意識でもチンポは起つんだと思いました。

眼鏡はチンポや玉袋も舐めていて玉を舐めている時はチンポを擦っていました。

小さくてもセンズリはほぼ毎日していましたが自分でするよりはるかに気持ちいい。

フィニィッシユの時が近ずきました。

本人は自覚してるが擦ってるほうはわからない。

発射をした。

どこに飛んだかわからないが眼鏡の手にも付いてるのはわかった。

ん?チンポがなま暖かい。

チンポを吸われてる。

口で後始末をしてるのか?

ここで俺は目が覚めた振りして上体を起こした。

眼鏡はチンポを食わえたまま俺を見た。

一瞬でしたが長く感じました。

俺は下半身脱がされていて眼鏡は全裸でした。

眼鏡のチンポも勃起していましたが俺のチンポよりデカかった?

そのデカいチンポを俺は掴んでしまった。

他人のチンポを触るのは初めてだった。

成り行きと言うか自然に触る事が出来た。

お互い無言でチンポを触っていたが顔が近づき唇を重ねてしまいました。

何か吹っ切れたと言うか同性愛に目覚めたのかも知れない。

こうなると眼鏡のチンポを舐めたくなった。

これが俺の同性愛の始まりだった。

今まで10数本のチンポを食った。勿論短小専門だ。

君が短小なら俺に任せな。

じゃ待ってるぜ。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。