Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】ゴミの中に見つけた大量ザーメンの話

【ゲイ体験談】ゴミの中に見つけた大量ザーメンの話

使用済みコンドーム拾い

三重県在住の会社員さんからの投稿。某私立大学近くのマンションで暮らす投稿者。その辺一帯は大学生が住むアパートが多く、町内でゴミ出しのマナーを守らない大学生たちが問題になっており・・・・・・

ゴミの中に見つけた大量ザーメン

 

俺もやりました、ゴミ漁り。

 

俺は大学街のマンションに住んでるんだ。

 

学生って曜日に関係なく平気でゴミ出すから迷惑がられてるけど、俺にとってはありがたい話だ。

 

片っ端から袋あさってコンドームgetしましたよ。

 

出てくるわ出てくるわコンドームの山。

 

一つ一つチンポに被せたり、顔面に垂らしたり、口一杯に溜め込んだり、体中ザーメンだらけにしました。

 

部屋中ザーメンの臭いで充満し気が狂いそうでした。

 

何日か集めてる最中に気が付いたんだけど、結構イケテル奴が似たような時間帯にゴミ出ししてるんだよね。

 

それに狙いを定めて、袋が出されたら速攻で持ち帰ってみた。

 

そしたら出てきました、コンドームと履き古したパンツが。

 

3日分で7個のコンドームが入ってた。それがまた量が結構入ってる。

 

よく派手な女連れて歩いてたから、そいつとヤりまくってるんだろう。

 

1発でこんなに出るのかって想像したら、俺のチンポからもドクドク先走りが出て来ちゃった。

 

まず1つ目をチンポに泡が立つまで入念に擦りつけた。

 

2つ目をまたチンポに垂らした後セルフフェラでしゃぶった。

 

自分の口マンに発射した後は、他人のチンポをしゃぶった気分になってめちゃ興奮した。

 

3つ目を彼の履き古しパンツの股間に塗りたくって今後のオナニー用に取っておく。

 

で、残り4つを口に流し込みそのまま再度セルフフェラでシャブリまくって自分もザーメンを発射して彼と自分のザーメンが一緒になる。

 

それを舌を使って口の中で少しずつ混ぜながら飲み、かなり長い時間ザーメンが口の中に入ったままでした。

 

もう、ゴミ出しパターンは把握したので、しばらくは彼のザーメンをget出来そうです。



 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索