ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】会社事務所でスリム新入社員に顔射したったwwwwww

【ゲイ体験談】会社事務所でスリム新入社員に顔射したったwwwwww

スリム新入社員に顔射

俺の勤務する営業所に、この7月から3ヶ月の新人研修を終えた大学出たてのスリムでちょいガキっぽい奴が配属されてきた。

「犯しがいのありそーな」
身長は170位かな体重は53㎏で陸上の長距離をやってたらしい。

こいつに男のセックスを仕込む気になったのは、ひょんな事からだった。
いけない事とはいえ、営業に出た彼が携帯電話をデスクに忘れてしまった時、こいつの携帯を覗いてしまったんだ。

俺より4つ年下なんだけど、その内容は

「○○さんのが欲しいよー」とか
「今度いつ逢える~」って、どうも男に対しての送信履歴

仕事柄お互い電車通勤だったけど、残務に追われてついつい終電を乗り過ごすこともしばしばだった。

ある日

「先輩、チョクチョクこんな勤務形態じゃ、家帰ってても朝が辛いんで、大学の時に使っていた。寝袋持参しちゃいました。事務所で泊まっていっても構いませんかー」

って・・・一瞬返答に困ったけど

「あぁ~いいよ」って応えてしまった。

後輩のために、俺はコンビニで遅めの食事を買ってきて、二人で食べながら世間話とかしながら。
残っていた仕事も片づけ、気付いた頃は深夜の12時半を廻っていたかな!

営業所のシャッターを下ろし施錠後、夏場ということもあって、シャツとパンツ一枚になって、俺はロングソファー、彼は並べたデスク3台の上に寝袋でくるまって寝ることにした。

夜中も2時半頃喉が乾いてたのと、小便をするため起きてしまった俺は、トイレに行くため、この新人の寝てるデスク脇を通り、用をたして戻ると、トイレに行くときは目が慣れてなかったんでハッキリは見えなかったけど、帰りには寝袋のジッパーをはだけた彼のシャツからパンツあたりが丸見えだった。

何故かパンツがモッコリしてて丁度亀頭の辺りには、先走りの後とも思える黒いシミがわかったんだ!

俺はこいつの下半身の大事な部分へ息を殺しながら。
手を軽く乗せ、パンツ越しにさすってみた。
通常でもこんなに大きいんだ・・・・

心臓はバクバクな俺に呼応するかのように、彼のパンツのモッコリが見る見るうちにテントを張り上げていったのです。

その後の彼の下半身は、ボクサーブリーフがまるで立体的なお面のような
そんな感じで膨らみ。
その先頭部からは油が漏れだした石油ストーブの給油タンクの様な
そんな感さえ覚える位。先走り液が滲んでくるのです。

世の中こんなに出る奴も珍しいよなー
とそんなとき

「○○さんー入れてー」

って、こいつ彼氏の事か良くわかんなかったけど
人の名を呼んで悶えてるような

「俺を誘っているのかな」

そんな気分にでもさせられてし
まうほどの可愛さでもあったんです。

俺は思いきって、こいつにキスしました。

唾液が絡み合わせ彼を蓑虫のからから抱き起こすように、激しく求めてしまったんです。

新入社員は、とっさに気づき、抵抗し始めたけど、俺はそんなことどうでも良いほど欲望に火が着いてしまっていました。

後から羽交い締めにして、乳首、アナル、性器。

そのどれもがモロ感な、こいつの肉体をむさぼられずにはいられない。
その亀頭を全身のエネルギーで気持ちよく扱き始めると、観念した猫のように俺の言いなりになっていったのです。

「アナル舐めて欲しい」

「先輩のチンボも入れて~」

とリクエストに答えるかの如く、俺の固くなった性器をこいつのアナルへ、唾液だけで挿入し始めると

「あぁーダメー、もぉーダメー、メロメロだょー」
「もっとーもっと奥に入れてー」

って相当淫乱な状態に、俺自身の性器は益々固く熱くなっていくのでした。
手こきで、彼をいかせたときには、その精液の量も半端じゃない量でした。かれこれ20分位掘り続けて、我慢できなくなり

「俺もいきそーだ」って言うと彼は、

「顔面にかけてぇー」顔にかけて欲しいと可愛い声で叫ぶのでした。

そしてフィニッシュは望み通り顔面に・・・
今じゃ俺無しでは生きていけない身体になっている。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。