ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】掲示板でジャニ系の友達らしい投稿を発見したもんでwwwwww

【ゲイ体験談】掲示板でジャニ系の友達らしい投稿を発見したもんでwwwwww

ジャニ系の友達

 

俺は176*58*24*18、そこそこ声はかかるんで、男女ともにモテる方だ。

 

俺には、21歳で今風の友達(隆治)がいる。
前から抱きたくて誘っても、

 

「賢(俺)はHする対象じゃない」とアッサリ断られている。

 

1ケ月程前、掲示板を見ていると、

 

≪16●*5●*21ジャニ系です。Hが上手い人に掘られたいです。
●●に一人暮らしです≫と言う書き込みを見つけた。

 

背格好と言い、住んでる場所と言い、『もしかして隆治?』と思いつつ、サブアドでメールしてみた。
ダラダラとヤリ取りの中、俺は顔から下の身体画像を送ってみた。

 

すると、

 

≪綺麗な身体してますね。身体画像はないけど、顔はこんなです≫と顔画像を送ってきた。

 

やっぱり隆治だった!

 

メールのヤリ取りの中で、隆治はM気があることを知った。
俺はS気があるので、ますます隆治を犯したくなり、即行で逢うことにした。
全裸で目隠しして、四つん這いで待機してろと指示して、隆治のアパートに向かった。

 

何度か来たことのある隆治の部屋の玄関は、約束通り鍵は開いていた。

 

『もしかして目隠ししてなくて、鉢合わせしたらどうしよう!?』

 

と、内心ドキドキしながら短い廊下を進むと、隆治はベッドの上で指示通り待機していた。
想像通りのスリムで綺麗な身体に興奮した俺は、全裸になりベッドに向かい、無言のまま隆治の口に俺のチンコに持って行くと、旨そうにシャブリだした。

 

俺のチンコは瞬く間に勃起し、隆治は

 

「デカいですね。旨いです」と呟いた。

 

俺は喋ることもできず、返事の代わりに、喉奥目掛けて腰を振った。
隆治はえずきながらも、夢中でしゃぶりついていた。

 

俺は口からチンコを外し、隆治のケツに向かった。
毛もほとんどない綺麗なケツを舐めまくり、舌を硬くさせ、穴の奥までグリグリしたやった。

隆治は気持ちよさげな声を出し、チンコは勃起していた。

 

ローションを垂らし、指マンしながら持参した5を内緒で仕込み、

暫く前立腺を指で刺激してやってると、
泣きながら隆治のチンコからは我慢汁が垂れ、シーツに染みを作っていた。

 

隆治を仰向けにし69の体勢になり、俺は隆治のチンコをしゃぶりながら指マンして、隆治は、俺のデカマラや玉を尿道に至るまで丁寧に舐めていた。

 

暫くすると、隆治のケツがヒクヒクと菊の花が咲いたようになり、
5が効いてきたのか、身体を震わせ始めた。
俺は、それでも指マンを繰り返し、隆治の喘ぐ姿を楽しんだ。

 

すると隆治は

 

「入れてください」と懇願してきた。

 

俺は正常位の体勢で隆治の足を抱え、ケツにチンコを宛がうと、

 

「ゴムして下さい」と言ってきやがった。

 

俺はゴムの袋を破き、付けたフリをし、生チンをユックリ隆治のケツに収めていった。
憧れてた隆治と初めて1つになれた喜びを噛み締めながら、隆治のケツを味わった。

 

隆治の身体を抱え込み、乳首を舐めたり噛んだりしながら激しく、時にはねちっこく掘りあげた。
その度に隆治は女みたいに泣きながら、程よく割れた腹筋に我慢汁を溜めていた。俺は、こんな淫らな隆治を見たことがなかった。
隆治にDキスをすると舌を絡ませ、

 

「あん、気持ちいい~ぃ、目隠し外してもいいですか?」と聞いてきた。

 

俺は目隠しを外してやると、一瞬ビックリした表情をしたが、

 

「隆治は淫乱なんだな。気持ちいいんだろ?」と言いながら、更に腰を振るスピードを速めた。

 

さっきまで泣きまくっていたのに、
恥ずかしさからか、

 

「ンッ、アッ」くらいしか声を出さなくなり、

 

「俺のチンコ、気持ちいいのかよ? ならもっと声出して泣けよ!
あんなに泣きまくってたのによ~」と言いながら乳首を抓った。

 

「賢に抱かれてると思うと恥ずかしいよ」と言うから、

 

「ならヤめるぞ」と、ケツからチンコを抜いた。

 

すると、

 

「イヤっ、やめないで」と言うので、

 

「ならお願いしろよ!」と強い口調で言った。

 

隆治は

 

「もう恥ずかしがらないので入れて下さい」と懇願してきた。

 

俺は

 

「何を? ドコに?」と焦らした。

 

「ケツに賢のチンコを入れて掘ってください」

 

あんなに俺に抱かれたがらなかったのに、俺は征服感でいっぱいだった。
俺は仰向けに寝転がり、

 

「跨がれよ」と命令した。

 

隆治は跨がる時に生に気付き、

 

「ゴムは?」と聞いてきた。

 

「俺のは普通サイズのゴムは合わないんだ。生が嫌ならやめるぜ」と凄んだ。

 

隆治は納得したのか、再びケツでチンコを飲み込み、自ら腰を振り泣き始めた。俺は隆治を少し浮かせた状態にし、下から突き上げた。
隆治は白目を剥いて、

 

「あ~ン、当たってる~、賢のチンコ気持ちいい~、狂っちゃうよ~」と淫乱な姿をさらけ出した。

 

「オラ、どこが気持ちいいんだ~? 狂っちまえよ」と更に突き上げた時、

 

「ケツが…ケツが気持ちいい…」と俺の顔目掛けて、隆治は勢いよくトコロテンで吹き上げた。

 

正常位に体勢を戻し、

 

「俺の虜にしてやるよ」

 

と、下から突き上げる感じで前立腺を目掛けケツを犯すと、
隆治はヨダレをたらしながら、チンコからはダラダラとトコロテンを繰り返した。俺もそろそろイキそうになり、

 

「イキそうなんだけど、どこに出して欲しい?」と聞くと、

 

「外に…中はダメ…」との返事。

 

「なら、もう掘ってやんねぇ~ゾ!」と言うと、

 

「ケツん中でイッてください」と了解を貰った。

 

俺は玉がケツにビタビタ音がするくらいラストスパートで掘りまくり、

 

「俺のガキ孕めよ!」と、ケツ奥に種をつけてやった。

 

と同時に、隆治も再び勢いよくトコロテンした。

俺は萎えるまでの暫くの間、絡み付くケツを楽しみ俺の種を擦り込んだ。
萎えたチンコを引き抜き、隆治の顔に跨がり、

 

「綺麗にしろよ! 俺の味を忘れるなよ」としゃぶらせた。

 

俺も隆治の腹に溜まったザーメンを舐めとり、2人でシャワーを浴びた。
それから隆治は、俺のいいなりで抱かれるようになった。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索