Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】日サロでイケメンリーマンを誘惑した結果wwwwww

【ゲイ体験談】日サロでイケメンリーマンを誘惑した結果wwwwww

東京都在住の雇われ店長さんからの投稿です。日焼けサロンで働いている投稿者。店にくる客のほとんどは常連だが、こないだ久々に初めて来てくれたサラリーマンがいた。とても感じのいいイケメンで、赤い競パンまで穿いていて・・・・・・

日サロでイケメンリーマンを誘惑

俺が働いてる日サロでの話です。

ある夜、いつものように働いてると、初めて来店するお客さんが来た。
その人は20代後半のリーマン。
顔は真っ黒に焼けてて黒の短髪、背も高くて顔も良し、けど全然チャラさがなくて「デキるオトコ」って感じで俺のタイプそのまんま!って人だった。

初回の登録手続きを済ませて、リーマンを更衣室に案内した。

しばらくしてインターホンが鳴り、

「用意できましたー」

って言うのでマシンを案内するために更衣室のドアを開けると、リーマンは赤の競パン一枚で待っていた。
しかもケツが半分くらい見えるちっせーやつ。

リーマンのそのカッコに俺は興奮すると共に、

「もしかして、ホモかも?!」ってなんとなく思った。

それにしても体もスゲー筋肉質。オイル塗ってテカった体がまたエロい。
こんなに俺のストライクゾーンど真ん中って奴もいたもんだなー、なんて思いながらマシンを案内してる間も俺はずっと興奮しっぱなしだった。

他のお客さんが誰も来なくて、ずっとそのリーマンの裸思い出しながらフロントでボケーっとしてたらまたインターホンが鳴った。

「ボディーソープが切れてるみたいなんですけど。」

やっべ!って思ってすぐに代えのものを更衣室に持ってった。
リーマンは競パン穿いたままシャワーの前で待ってて、俺は営業スマイルしながらすかさず股間チェックしたんだけど、競パンの中が勃起してた気がした。

「えっ?!」って思ったんだけど、すぐにリーマンは

「ありがとう」って言ってシャワールームに入ってっちゃったし、気のせ

いかなーって思った。

それからもそのリーマンはちょくちょく来店してくれて、俺はほんの少しの接客とマシンへの案内を楽しみにしてたんだけど、マシンに案内するときにやっぱりリーマンは明らかに起たせてる。

「もしかして、誘ってる??」

とか思ったけど、そんなこと聞けるはずがないし、ましてやいきなり股間触ったりなんてできるはずもないからいつも見て見ぬふりをしてた。

そんなある日、リーマンがいつも通り来店してくれたんだけど、帰りに近くのデパートの買い物袋を忘れてった。
ロッカーに入れたままとり忘れて帰っちゃったみたいなんだ。

「まぁそのうち取りに来るかー」って思ってフロントに置いといた。

けどリーマンは忘れ物を取りに来ないまま閉店時間を向かえた。
俺は全部の仕事を終え、日焼けをしてから帰ろうと思って30分ほど焼いてシャワーを浴びてるとフロントの電話が鳴った。

「店内に誰もいねーしいっか」って感じで素っ裸でフロントに走って電話に出た。

「今日紙袋忘れてしまったみたいなんですけどそちらにありますでしょうか?」リーマンだ!!

俺が「ありますよ」って言うと、

「近くにいるんでご迷惑でなければ今から取りに言ってもいいですか?」

って言うんでオッケーした。

とりあえず体ビショビショのままだし体拭いて服着なきゃって考えたとき、ふと俺はエロい事を考えた。

「このまま裸で出てみよっかな…。」

そう思った俺は下着だけ穿いて待つことにした。

けどその日の俺の下着は白の紐Tバック。
かなり恥ずかしいかもって思ったけど、エロい方がいっかって感じで紐T穿いてフロントで待ってるとすぐに外のインターホンが鳴った。

「先程お電話した…」って言うから

「どうぞ」っつうと

「すみません」って言いながらリーマンが入ってきたんだけど、俺のカッコ見てリーマンは一瞬止まった。

「仕事終わって今焼いてたんですよね、すみません、こんなカッコで」

って俺が言うとリーマンは少し笑いながら

「こちらこそ閉店後にすみません」って言ってくれた。

俺は忘れ物の紙袋を取りにフロントへ向かうと、俺の剥き出しのケツに痛いくらいに視線が来てるのがわかった。
すげぇ恥ずかしさと興奮でどうかしそうになりながらも俺は平然を装って

「これですよね」って言ってリーマンに紙袋を渡した。

リーマンは「すみません」って言いながら視線は俺の股間に来てる。
俺は勝負に出ようと思い、リーマンにコーヒーでも、って勧めると、リーマンはそれに快く応えてくれたので、フロントにあるソファーにリーマンを座らせ俺はコーヒーを入れに行った。

どうぞって言ってコーヒーを出したときにもリーマンの視線はやっぱり俺の前の膨らみに来てる。

「やっぱりこの人、俺の股間気になってる…。」

俺はリーマンの隣に座り、

「いつも来ていただいてありがとうございます」から始め、たわいのない話をした。

リーマンも結構ノリが良く、会話は弾んでった。

しばらく話してるうちに話は俺の下着についてになった。

「店員さん、いつもこんな派手な下着穿いてんの?」

俺の下着の話だから、リーマンの視線は完全に俺の紐Tに来てる。
俺の恥ずかしさはどんどん上昇してきた。
顔が熱くなってくるのが自分でもわかる。
それに気付いてか、リーマンの行動はだんだんと派手になってきた。

「体鍛えてるみたいだからこういう下着似合うよね」

って言いながら俺の腕や胸筋触ってきたり、

「真っ黒に焼けてるから白の下着がよく似合ってるね」

って言ってTバックの脇の紐をつまんでパチンて弾いたり、しまいには、

「ほんとにちっちゃい下着だよね、ギリギリチンポとタマ隠してるだけで毛は丸出しじゃん」って言って指先で軽くチン毛を触ってきたりした。

俺の興奮は限界に来はじめて、小さな布ん中で俺のチンポは膨らみ始めた。リーマンはすぐにそれに気付き、

「興奮してきた?」って聞いてきた。

俺は恥ずかしくて何も答えられずにいると、

「こんなエロいカッコ見せ付けて、挑発しようと思ったんだろ?」って言って俺の股間の膨らみを優しく撫で始めた。

俺のチンポは一気に反応し前布を突き上げた。
リーマンは俺の前にしゃがみ込み、俺の股を大きく開かせた。

「すっげぇエロいカッコだぜ…。」

そう言って俺の股間に顔を埋めて布の上からチンポを舐めた。
そして今度は立ち上がり俺の目の前でワイシャツとスラックスを脱ぐと、リーマンはオレンジの超ビキニ一枚になった。
リーマンのチンポはビキニの中ですでにギンギンになってた。
リーマンはその膨らみを俺に突き出すと俺は我慢できずビキニ越しにリーマンのチンポにしゃぶりついた。

小さなビキニの中に無理矢理斜めに押し込まれたチンポに舌を這わせる度にリーマンのチンポはビクビクした。
タマを口に含み、そしてチンポの裏筋に舌を這わせくびれにキスをすると、リーマンは体を震わせ吐息をもらした。
リーマンのビキニは俺の唾液でグチョグチョになりチンポの形を、尿道までもを完全に浮かび上がらせてた。

リーマンは俺をソファーから立たせると、俺を抱き締め、俺の唇に吸い付いてきた。
俺を抱いた手は次第に下りていって俺の剥き出しのケツを握り、お互い布越しにチンポを擦り付けあった。

ケツを握っていたリーマンの指は、今度は俺のケツの紐を押し退けて俺の穴ん中に入ってきた。

俺にケツがイケることを確認すると、リーマンは俺を四つんばいにさせてケツの穴にそのデカいチンポを挿入し、そのまま俺の中でイった。

そして今度は俺のチンポをしゃぶり始める。
タマを丁寧に舐め、チンポをくわえて顔を上下に揺らす。
俺も我慢できず、リーマンの頭を持って腰を前後に動かしてるとあっと言う間にリーマンの口の中で射精してしまった。

そしてそれからしばらくの間、俺はリーマンに抱かれ、何度もキスをした…今はリーマンはいつも閉店後に焼きに来てくれます。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索