ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】ショタ専の運転する車に跳ねられた結末

【ゲイ体験談】ショタ専の運転する車に跳ねられた結末

愛知県在住に会社員さんからの投稿です。小学生時の体験談です。学校の近くにあった駐車場でスケボーの練習をしていた投稿者は車と接触事故を起こしてしまう。擦り傷程度で済んだのだが、心配した運転手は投稿者を車に乗せ・・・・・・

ショタ専の運転する車

学校から帰るとチャリに乗って、大きな公園の駐車場まで行きスケボーで遊んでいた。

5年だったと思う。スピード出し過ぎて駐車場に入ってきた車を避けられずにこけた。

運転していた人は、すごく慌てて降りてきた。男でけっこう歳のいった人だったと思う。

大丈夫かと声を掛けて、抱き起こしてくれた。肘や膝を擦りむいていた。痛いより、ショックなのか怖かったのか忘れたけど、立ち上がると足がガクガクしてオシッコを少し漏らした。

運転していた人は、謝りながら手当てするからと俺を車に乗せた。てっきり病院に行くと思ってたら、その人の家に連れて行かれた。

風呂場で足や腕を水で洗われた。オシッコ漏らしたのに気づかれたのかズボンとパンツを脱がされ、下半身を裸にされた。少し恥ずかった。

上着も水で濡れ、とうとうマッパにされた。体中石鹸で洗われくすぐたかった。マッパのまま風呂を出て、タオルで拭かれたあと他に怪我してないか見るからとベッドに寝かされた。

心配しなくても自分は医者だから・・・なんていってた。
俺はその時までは疑ってなかったと思う。

しかしそいつは俺のチンコをいじっていた。急に生温かい感じがして起き上がろうとしたら、押さえつけられ目を閉じて寝てるように言われた。ばい菌が入るといけないから・・とかいってた。

絶対に舐めてた。でも言われるまま薄目を開けて寝てた。

頭の中でこいつ変態かもと思い始めた。でも暴れても無理そうだったので、じっとしてた。

お尻を広げて舐められたときは怖かった。でもしだいにチンコは立たなくても、少し気持ちいいような不思議な感じはした。
チンコはしつこいくらい舐めてた。そのあと首を絞めるしぐさをされ、
超怖かった。これからは気をつけろよと言われ、また風呂場に連れて行かれ、体洗われた。

まだ濡れたままの短パンや体操服を着て車に乗せられ、駐車場で降ろされた。家に帰り母親にすり傷見られ、話そうとしたけど知らない人に連れて行かれたことは言い出せなかった。

しばらくトラウマみたいになった。いま30だけど、たまに思い出すんだよね。

でもショタにはなってないけど、なぜかホモになってる(笑)

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。