ホーム » トコロテン » 【ゲイ体験談】純粋な子に優しくピストン

【ゲイ体験談】純粋な子に優しくピストン

東京都在住の会社員さんからの投稿です。担当していた仕事がひと段落し精神的に解放された投稿者は久々にグッスリと眠った。翌朝は数ヶ月ぶりに朝勃ちしており、嬉しさのあまり軽くシゴキながら掲示板に書き込みしてみる事に・・・・・・

昨日は朝から天気が良かったのでふとんほしました。

朝からエロモードだったのでホモサイトに書き込みしました。

久しぶりですよ、本当に。

で、朝9時に書き込みしましたが、午後2時までに5人の方からメールいただきました、非常に嬉しく思っています。

しかし、5人の方と色々メールやり取りすると、その方々の性格も少しずつ見えて来ます。今日はその辺りのお話を、少々。

最初のメールは165*69*21で親父さん好きっていう方です。

でも色々メールで聞いて行くとどうも10代というか高校生。
これって県条例違反の犯罪ですね。丁重にお断りしました。

捕まってテレビに映りたかりません。

次に172*78*26良くホモサイトに書き込みしてる方と判りました。
色々質問されましたが答えがあいまいだったのか、10回目のメールから返事が来なくなりました。よくあるぱたーんですね。

次に160*69*28こちらの方もメールの内容から相当遊びなれてる方と思いました。ひょっとすると女性かもしれませんね。

だって、男か女か若いか年寄りかなんてメールではわかりませんから?
どうも、私の感が当たったみたいで女性ですね。きっと。

際どい話になるとメール来なくなりました。

こういうのに捕まり色々住所だの電話番号だの教えると
他のサイトに書き込みされますからね。写真なんてもってのほか。

次は172*72*36この方最初は低姿勢でしたが途中から顔画像無いと会えないとか、カーナビで行くので住所が欲しいとかちょっとおかしな雰囲気。これも怪しいのでキャンセル。

一番最初にメール送ってくれた172*68*35の方と連絡とりました。
こちらは至ってごくごく普通。本当にすれてないって言うか育ちがいい。
172*68*35のごく普通の子と連絡とりました。
メールの内容も丁寧で私が引っ掛けメールしても全然普通な対応です。
10回以上のメールのとき彼から今夜会ってくれる?って聞いてきました。俺としたら即OK。いきなり電話番号送って来ました。
こんな子久しぶりです。純粋ですね。びっくりしました。

夜九時に会うことにしました。
時間通り9時に電話が来ました。詳しく俺の家を教えると、程なく到着。
いきなり抱きしめながらキス。ジックリとね。べろべろ~~~。
恥ずかしそうに脱がされながら、でも竿はしっかりビンビン。

小さな声で、経験すくないです!!!!!

部屋の電気を小さくしてくれって言われ、豆電球に。

暗らあ~~~~。

アナルに指1本入れると、痛いくらいに締め付けてくる。中々の上物。
ゆっくり解しながら乳首舐めると声が、出るんですよ、声が。

あああ~~~て。

ジックリ、ゆっくり、美味しそうなケツマンコを指3本まで解し、乳首や性感帯をこれでもかというほど責めまして、あえぎまくりでござった。
それからは極楽浄土でありました。(詳しく解説しません。法に触れる場合が想定で来ます)で、ジックリと。

ゆっくり痛がってはと心使いをしながらピストンしてると、様子が変。

変なんです。変。はい。変なんです。~~~
でも正常位でジックリ突いてました。

あんまり遊んでないって聞いてたから。

乳首を舐めようかなって暗い中、乳首に近づくと腹の上に白い塊が??????栗の花の匂いが充満してます。

ありゃや~~~~~~~

トコロテンですでに白濁液を自分の腹部及び胸部に激しく放出していました。

初めてですトコロテンは~~~~!!!

トコロテンするとは思わなかったので安心していました。

て。お互いびっくり。

ベットの中でゆっくり話をすると、育ちのよさを痛感。

俺も言葉使いが急に標準語になっていました。

俺の直感も満更じゃないでしょ。
こんなこともたまにはあるんですよ。

後日会う約束もしっかりしました。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。