ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】絶対ノンケの友達がゲイビデオに映ってたもんで!!!!!!

【ゲイ体験談】絶対ノンケの友達がゲイビデオに映ってたもんで!!!!!!

石川県在住のアルバイト店員さんからの投稿です。ゲイ専門ショップで生まれて初めてゲイビデオを買った投稿者。早く見たくて一目散で家に帰り再生すると、そこに映っている裸の男に見覚えが・・・・・・

絶対ノンケの友達がゲイビデオに映ってた

俺が今の彼氏付き合うまでのいきさつを紹介します。

何度か男との経験もあったし、高校生の頃からこっちの世界を知っていた俺は完璧に男が性の対象になっていた。

TV番組のバラエティーでお笑いの人たちが脱いでいたり、ドラマなどたまに映るお尻やモザイクがオナネタであった。

ある時、アダルトショップを知りそこに行くとゲイ雑誌があった。

どうせもう来ないし、店の人に変な目で見られてもいいやと思いゲイ雑誌を買った。

そしてゲイ専門のショップがあるの雑誌の広告欄を見てを知り、さっそくその店に足を運んだ。

すっげ~!!ビデオやDVDいっぱいある!!!俺は初の光景にちんこをビンビンにさせながらくまなくパッケージを見ていた。

僕のぼっきに気が付いた客が、店員の見えないところで触ってきたりもしたが、その手を払いのけ、持ってきた2万円・・・どのDVD・ビデオにしようかと悩みまくっていた。

そして手にしたセールの一本のビデオ・・・

あれ??かずま??すっげー似てる?

かずまとは小学生の時からの親友で最後に会ったのは、先週末に一緒に飲んだ時だ。

昔からエロ話で、ソープに行ったとか、クラスのだれだれ(女)を抱いたとかそんな話をしていた親友だから、絶対ノンケ。

似ているだけだ本人じゃない。

でもかずまに好意を寄せていた俺は、そのビデオ“も”買って家に帰った。

そしてそのビデオをおかずにマスをかきはじめた・・・。

しばらくして、かずまに似ているやつが裸になり、もう一人のヤツと絡み始めている・・・

『にてるなぁ』そう思ってしこしこ・・・

『?・・・背中のあざ?あいつも有るなぁ』

小学5年生ぐらいの時、みんなと花火をしていて背中の左わきにロケット花火があたり、その瞬間爆発したという怪我をしていた。

中学高校と体育や修学旅行の風呂の時にそのあざを見ていたし、何度か、

『そのあざはあの時の花火?』

『うん』

という会話をしたこともあったのを思い出した。

そしてその週末もかずまと飲む約束の連絡が入った。

俺はそのことが気がかりでしかたなく、仕事をキャンセルをして一緒に飲んだ。

知っている人はいるかなぁ?

森伊蔵←(漢字が違うかも)という幻の焼酎が手に入ったから、居酒屋じゃなくて、俺のマンションで飲もうよといわれた。

仕事から帰り、コンビニでつまみを買い自分の部屋に向かうともう既にかずまは俺の部屋のとびらの前にしゃがんでいた・・・。

ごめん遅くなった待った?

5分ぐらいだよ~という彼は焼酎を抱えていた。

部屋に入り、つまみを用意していたら、

『なにこのビデオ??タイトルシール張ってないじゃん!!裏もんだろ?お前も好きだなぁ!!見せろよ~~』と言った

『あっ!』

昨日、ホモビデオをかたさなかったことを思い出した。

『見るなぁ!』

といった時はもう既に遅かった彼はビデオを見て驚いた表情で画面を凝視していた。

俺はリモコンで停止を押した・・・

しばらくお互いの沈黙が続き、勇気を出して、最初に口火を切ったのは俺でした。

『親友関係終わる?俺ホモなんだ。男が好きなんだ。気持ち悪いだろ?帰ってくれる?』

と俺は言ってしまった。

後悔した・・・。でもかずまはいっこうに帰る気配はない。

『俺が男を意識し始めたのは、高1の時・・・スッゲ~悩んだ、しかも俺が好きなのはかずまだから・・・』

投げやりのやっつけの告白でした。

『気持ち悪いでしょ・・・帰ってくれる?』

泣きながら俺は言った。

『ほんとにいいの?帰って・・・好きなやつが帰るぞ?』

かずまはそう言った(内容は正確じゃないが、こんな会話のやり取りでした)

そのまま・・・しばらく無言が続いた。

そして、かずまが泣き始めてつぶやいた

『もっと、早く気がつけばよかった。俺も悩んでた。ばか見たい・・・お

前が俺のことすきなんてぜんぜん気が付かなかったよなぁ・・・このビデオで抜いた?』

『ゲイショップを知って、そこでこのビデオを見つけて・・・かずまに似てるなって思って・・・。かずまに抱かれたかったから・・・』

何バカなことを言っているんだろうか?

『ありがとう・・・俺で抜いていたんだね。撮影した時みたいに抱いてやる俺もお前がずっと好きだった。』

そして、僕達は幻の焼酎を口にすることも無く、ベッドに向かい脱がし始めた。

お互いのペニスをしゃぶり始め、69の形になっていた。

あこがれていた・・・ずっと好きだったやつのチンポを加えているとそれだけでいってしまいそうな感じ・・・。

お互いに口に出し合った。

ディープキスをして一休みの時に、

『俺のビデオで抜いててくれたんだねありがと。あれは俺だよ・・・背中のあざいっっしょだろ』確かにそうだった・・・

でもビデオに出たいきさつとかには興味は無かった好きな人と抱き合っているだけで精一杯だった。

で、さらにビックリしたこと・・・

『そうそう!相手の男、お前のバイト先に入るヤツだぞ!』

よく見たら、就職内定がもらえず、就職浪人後にそのままフリーターとしてうちのバイト先に居残っているヤツだった。

そいつもGAYとは気が付かなかったから、なんて俺は鈍感?と思った。

その後かずまと俺は付き合うことになり、たまにそいつも交えて、3Pしたりして楽しんでいる。いっや~~世の中せまいっす!

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。