Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » レイプ » 【ゲイ】カップルの別れ話がとんでもない結末に・・・・・・・・

【ゲイ】カップルの別れ話がとんでもない結末に・・・・・・・・

どこにでもいるカップル

滋賀県にお住まいのフリーターさんからの投稿。合コンで知り合った男性と付き合いだしたのが半年前。色々と合わない部分が多く、別れ話を切り出した。その場では了承してくれていたのだが、後日荷物を取りに会いに行くと・・・
オナ禁調教
半年程付き合ってた彼氏と別れることになりました。

ザーメンとか飲むの苦手なので拒否すると「へー、好きなやつのも飲めねーんだ?」と言われ無理やり飲まされたり、シャワー浴びているといきなりオシッコかけてきたりしました。しかも嫉妬もすごくて…

そういうのが積み重なって、とうとう電話で別れ話を切り出したのですが、意外すぎるほどすんなり承諾してもらえ、別れることになりました。

すると彼が「お前の荷物も少しあるし、来週、最後に1回だけ会おう」と言ってきたので、もう会う気はなかったのですが最後に会いに、翌週、彼の家にいきました。

彼の部屋に入って、5分くらい何気ない会話を交わしていると、突然隣の部屋のドアが開いて、彼の友人らしき今風の人たちがいきなり6人位入ってきました。

「な、何・・・」僕は嫌な予感しかしませんでした。

皆、ニヤニヤしながら「もーいいんじゃねー」「待ちくたびれたよ」と言いながら、僕を取り囲んできました。

タイミングを見てとっさに逃げようとすると、腕を捕まれ、そのまま羽交い絞めにされたかと思うと、無理やり服を脱がされて、全裸のままベットの上に投げ飛ばされました。

混乱してた僕は、彼に必死に助けを求めると「テメェが悪いんだろーが!大事にしてやろーと思ってたから、これまでやりたい事も我慢してきたのによー、それが別れようだ?ふざけんな」とキレられました。

「もういいから、はじめようぜ。抵抗したら腹2~3発殴って動けなくしてもいいから」と言い放ちました。

怖くて抵抗できないでいる僕の両腕を、皮のベルトのようなもので後ろで締め、両足もカエルように「く」の字で固定し、口に猿轡をしたかと思うと、いきなりプラグのような物をアナルにさし込み、大量に浣腸をしてきました。

お腹が少し膨れるくらいまで入れられた所で、ストッパーで栓をされると、今度は猿轡のボールを外され無理やり口にアソコを突っ込んできました。

「下を綺麗にした次は、上も綺麗にせんとな~」といい「ゲロってもいいから、絶対歯は立てんなよ。立てたらぶっ飛ばすからな!」というと、僕の後頭部抱えたまま、思いっきり喉奥目掛けてピストンしてきました。

もう、僕のことを完全に道具としてしか見ていないようです。

僕の顔が涙と胃液でドロドロになり、苦しみながら必死に耐えている僕を楽しむように、相手の人は「あ~喉マンはやっぱ最高~」「あ~喉奥に濃いのぶっ放してやるからな~ちゃんと飲めよ~」と言い、喉の一番奥で射精しました。

その瞬間、思わずむせて鼻と口からザーメンがたれ流れると「こいつザーメン鼻水出してやんの」と皆でお腹をかかえて爆笑してました。

「あーでも吐いたから、罰としてもう一回だな」

「じゃー今度は俺が喉やるから、誰かこいつの乳首攻めてくれ。こいつ乳首を攻めると、すぐチンコ立たせるから。あとアレ吸わせて」と彼氏が言い放ちました。

僕は浣腸でのお腹の苦痛さと、喉の痛さと、酸欠と、両乳首の気持ち良さに加え、ティッシュに染み込ませたアレを嗅がされ、一瞬で意識が飛びました。

しかし、すぐに頬を叩かれ起こされると「アナルの栓抜くから、バケツに思いっきりぶっ放せ!いいか?わかったか?」と言われ、喉マンと乳首攻めされ続けながらバケツに勢いよく排泄すると、開放感からかまた意識を失ってしまいました。

頬を叩かれ起こされると、既にアナルをガンガン突かれ、両乳首は2人にいじられ、口にもアソコを突っ込まれた状態でした。

僕は既に放心状態で抵抗する気力もなく、されるがままに7人に順番に犯され続けました。意識はあまりなかったのですが、ザーメンは殆ど飲まされるか中出しされていました。

ひととおりイッたらしく、7人それぞれがタバコ吸ったり、飲み物飲んだりと休憩をし始めました。

そして15分くらい経った頃、彼氏が「そろそろあれやろうか?」といい冷蔵庫に向うと、小瓶のようなものを7つ机に並べ「これ何かわかるか?1週間溜め込んだ、冷凍ザーメンだ」といい蓋を開け、ひとつずつビールのグラスに流し込みはじめました。

「うぁ、イカくせー」「お前、量多くねー」などと爆笑しながら、ビールグラスの3分の2の量が溜まりました。

「これをどうするかわかるよな?」と言うと、仰向けで動けない状態の僕の上にまたがり、もうひとりが頭を固定して、口元の開いた猿轡で閉じれない僕の口の中に、冷凍ザーメンを注ぎ込んできました。

僕は必死に飲まないように口の中で溜めていると、鼻をつままれ息が出来ない状態にされ、無理やり飲み込まされました。

すさまじい臭いと、喉に絡みつくドロドロした粘り、そして生臭い黄色がかった液体は想像を絶する味でした。

涙を流しながら何とか全て飲み終わり、ようやく開放されると思い少し安堵していると、横で僕が飲むのを見ながらオナニーしてた4~5人が次々と口内射精してきました。

最後のひとりが口の中に出し終わると、猿轡を皮のようなもので塞ぎ、口で息が出来ない状態にされました。

「これでゲロっても飲み込むしか出来ないから気をつけろよ~。まぁ~ゲロは全部ザーメンだけどな」と笑ってました。

それからは、乳首、亀頭、アナル攻めを中心に延々と数時間攻められ続けました。

どれくらい時間が経ったか、ちょうど彼氏が中にフィニッシュをしたときでした。

「さーて、そろそろ仕上げといこうか」と言い放ち、アナルにアソコをさしたまま、思いっきりオシッコをだされました。

そして、そのままストッパーでアナルに栓をされたかと思うと、お風呂場にかかえられ、水の張ってない浴槽に入れられると、猿轡を塞いでいた皮のはずされ頭を固定されると、一斉に僕の口に目掛けて皆オシッコをかけました。

その後、そのままシャワーを浴び、家に帰らしてもらえました。。

家に帰ると熱がでて1週間寝込みました。喉は晴れ上がり、乳首もかさぶたができ、アナルも少し裂けていました。

さすがに、こんな状態で病院に行ったらおおごとになるかと思い、怪我と体調が治ってから検査にいき、病気とかもらってなかったので安心はしたのですが、いまだにその元彼氏からは電話がかかってきます。。もう、恐怖でしかないです。



 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索