ホーム » 野外・露出 » 罰ゲームは子供用ブーメラン穿いて海水浴wwwwwww

罰ゲームは子供用ブーメラン穿いて海水浴wwwwwww

好奇な視線

埼玉県在住の大学生からの投稿。これまでに、ゲイサークルで色んなイベントに参加してきた投稿者。毎回何かしらのゲームがあり、負けると罰ゲームとして次回に執行される。今回海水浴場で罰ゲームが決定していた投稿者はあるモノを渡され・・・・・・

子供用ブーメラン穿いて海水浴

20代までが中心のゲイ仲間のサークルで、海水浴へ行った。

僕は憂鬱だった。

なぜなら、前のサークル集まりのボウリング大会で、僕の罰ゲームが決定していたから。

罰ゲームの内容は「次の海水浴に競パンで参加すること」だったから……。どれだけイヤでも辞退するわけにはいかない。
場が完全にシラけるし、もう彼らと楽しく付き合いができなくなる可能性もある。

競パンは、競パンマニアのYさんが用意してくれることになっていた。

Yさんの競パン好きはサークル内では有名で何度か勧められたけど、うまくかわしてた。

僕はそれでも、一応普通の水着を持参して待ち合わせ場所へ向かった。

罰ゲームは僕を含めて3名。18歳の僕が最年少だった。
残る2名は、20歳の子と27歳の社会人の人。

27歳の人は、年齢よりずっと若く見えてイケメンだから、Yさん含め皆から期待されていた。
20歳の子はパッとしない小太りで野暮ったい感じだから、どちらかというとお笑い要員。
僕は、見た目はまあまあそれなりって感じだけれど、何しろ若い方だから

「楽しみだなぁ、○○君の競パン」なんて言われていた。

「競パン持ってきましたっ。じゃんけんで早い者勝ちで選んでもらいます」

Yさんが持ってきた競パンは、案の定サイズの小さい超ブーメラン。
中でも、一つは小学生サイズではないかと見紛うほど小さかった。

あれだけは穿きたくない。本当に嫌だった…
もう一つは、サイズは普通(といっても小さい……)ながら、蛍光色でゲイゲイしいから避けたい。
残る一つが一番マシに思えた。有名メーカーのものだ。

しかし、僕は悲しきかなじゃんけんに限らず勝負事に弱い。
やはりというか、負けてしまい、一番サイズの小さいお子様競パンが残って僕のものとなった。一気にテンションが下がる僕。

何台にも分乗して車で乗り込んでいたが、僕ら3人だけ、海の家で着替えるように命令された。残る人間は車で身支度して砂浜へ……。

僕ら3人はほとんど無言で海の家へ向かい、しぶしぶながら競パンに着替えた。当然、周囲の視線が突き刺さるが、開き直って砂浜を歩く。

仲間たちを探すが全く見つからない。あれだけ大勢のグループなのに……。

僕ら3人は、広い砂浜を競パン姿で延々と仲間探しのために歩いた。
・・・・その間、仲間たちは死角で僕らを眺めていたのだった。

これも罰ゲームだから怒れない。

30分ほどするとようやく仲間の方から合流してくれた。僕ら3人用のパラソルが用意され、仲間たちは少し離れた場所でバーベキューを始めた。紙皿に載せられた肉が僕らの元に届けられた。

「四つん這いで犬のように食えってさ。Kさんの命令ね」

おいおい。それはやり過ぎだろ! と言いたかったが、お笑い要員の20歳の子がすんなり従った。
悲壮感はなく、笑いが溢れる陽気で楽しい罰ゲームだった。
けれど、僕は笑えない。彼らの視線、照りつける太陽までも恨めしい。

日焼けして競パン跡が残るのがイヤだったが、泳げない僕は海中にずっといるわけにもいかない。

結局、パラソルの下で好奇の視線に晒された一日だった。

 

カテゴリ:野外・露出の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。