Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ】マセガキの緊縛奴隷へと堕ちていくM教師の話

【ゲイ】マセガキの緊縛奴隷へと堕ちていくM教師の話

縄で縛られる家庭教師

東京都在住の大学院生からの投稿。現在、バイトの家庭教師先で高校3年生の男子生徒を教えているのだとか。もちろん自分がゲイであるという事は伏せてある。しかし、ある日の出来事がきっかけで・・・・・・

緊縛されたM男

 

俺は、大学院に通いながら家庭教師のアルバイトをしています。

 

今教えているのは高3と高2の男子2名。

 

そのうち高3の方が超イケメンで、週に2度会うのが密かな楽しみです。

 

名前はK君。勉強もできる方です。

 

ある日、2丁目の行きつけのゲイバーで飲んでいたら、見覚えのある顔が店に入ってきました。それがなんと、K君……。

 

最初はK君に似た男の子かと思ったんですが、見覚えのある服装だったので間違いありません。そして、同年代くらいの子を連れていました。

 

まさかこっちの世界の人間だったなんて、俺はかなり驚きました。

 

なにしろ、超ノンケっぽいし、彼女もいるという話だったので。

 

お互いすぐに目が合い気付きましたが、気まづい感じで素知らぬ振りで通しました。

 

俺の連れが「あの子可愛い」などと言っていましたが、聞こえないフリをしてなるべくあちら側を見ないように……。

 

気まずかったけれど、結構酔っていたので、そう深くは考えませんでした。

 

その翌々日がK君の家へ行く時間でした。

 

ゲイバーで会ったことをどう切り出そうかと悩み、ちょっと緊張しながらも、いつも通りに訪問。

 

K君の家は父子家庭で、一人いるというお姉さんは結婚して独立しています。俺が訪問するときは、いつも家にはK君しかいません。

 

ちょっとだけ、「何か楽しいことに発展しないかな…」という期待を抱いていたのは事実。

 

しかし、俺の想像を遥かに超える、とんでもない事態に発展することになるのです。

 

家へ行くと、K君はいつも通りに迎えてくれました。

 

ちょっと拍子抜けする感じ。

 

K君は、いつも開始前にコーヒーを淹れてくれます。

 

インスタントではなく、挽きたての豆をドリップで。

 

このへんのマメさは、こっちの世界の人間らしいと言えなくもないと思いました。

 

コーヒーを飲んで落ち着くと、K君がにやにやして俺の顔を覗き込みました。

 

「先生、ドMなんですよね?」

 

俺は、「えっ」と言葉を詰まらせました。

 

「あの店でママに教えてもらっちゃった」

 

K君は嬉しそうに言いました。

 

「あそこに座ってるお兄さんがイケるって話をしたんだよね」

 

まさかそんな話をママとしていたなんて……。

 

「でさ。ママが『あの子はSM好きでドMの変態だからヤメときなさぁい』だって」あのお喋りママ……。

 

俺がSMバーへ通っていることも、べらべら喋ったに違いありません。

 

「ちょうどよかったよ」

 

「えっ?」

 

「俺、ドSだから」

 

「いや、ちょっと……」

 

K君がベッドの下をごそごそと探りました。

 

出てきたのは、ロープ、鞭、猿轡、ハリガタ……。

 

俺は、「ちょっと待てよ」と言いながら、予想外の展開にただ驚くばかりでした。

 

「先生、脱いで」

 

K君が、二重で大きく鋭い目で俺を睨みつけました。

 

「おいおい、待てよ」

 

「待てない待てない。ほら、脱げって」

 

K君は、俺の股間を軽く足蹴にしました。

 

「言うこときかないと、カテキョの会社に『先生に襲われましたぁ』って言っちゃうよ」

 

「おい、シャレになんねぇよ、それは」

 

「だから、早く脱げって。全部」

 

イケメンの高校生がS役を買って出てくれてるのですから、俺としては最高のシチュエーションです。

 

しかし、家庭教師と教え子の関係なのに……。

 

K君は苛々した態度を隠さず、強引に俺のジャケットを脱がせ、シャツを捲り上げてきました。

 

「わかったよ。脱ぐよ」

 

俺は、開き直って服を脱ぎました。

 

「いい体してんじゃん。さっ、早く下も脱いでね。全部だよ全部」

 

結局、俺は教え子の前で全裸になり、勃起を晒す羽目に……。

 

そう、ドMの俺は、この時点で勃起していました。

 

K君は、にやにやしながら俺の体を舐め回すように見てきました。

 

「先生、やっぱ変態じゃん。もう先っちょ濡れてるし」

 

俺の勃起を指で弾くと、K君は猿轡を俺に噛ませてきました。

 

「俺、縛んのはまだ慣れてないんだよね。まあ、練習台になってよ」

 

そう言うと、青いロープで俺を縛り始めました。

 

「えーっと、ここをこうやって輪っかにして……」

 

「はい完成」

 

慣れていないと言いながらも、それなりに手際よく、俺は亀甲縛りをされました。

 

「うん、なかなかだ。記念撮影しようっと」

 

K君は、ケータイで俺を撮影し始めます。

 

「おい。撮るのはヤメろって」

 

俺がそう言っても、猿轡のせいでくぐもった声になります。

 

「すげーな。チンポからよだれ。はいチーズ」

 

「さて。今後じっくり調教していくとして、今日は勉強しましょう」

 

K君はそう言うと、机にテキストを並べ始めました。

 

俺の猿轡を取り、ロープを解きます。

 

K君は「じゃ、先生よろしく」とにこやかに微笑みました。

 

俺は、気を取り直して脱いだ服を探します。

 

「何してんの先生、今後俺の前では全裸になること。これ、命令ね」

 

教え子の命令で、俺は全裸で勉強を教えることになりました……。

 

それなりに勉強熱心なK君は、全裸の俺を気にすることなくいつも通りな感じ。その日は、勉強が終わると服を着ることが許されました。

 

「じゃあ、またね」

 

呆気ない感じで、俺はちょっと欲求不満な感じで帰宅しました。

 

K君の家を出て、駅へ向かう途中、K君からメールが届きました。

 

“次回は1時間くらい早めに来い”

 

今日撮った、俺が縛られた画像が添付されていました。

 

もちろん、俺はその命令に素直に従うことにしました。

 

このままそんな関係になってよいものか悩みましたが、性欲には勝てそうにありませんから。

 

次回は、ついにK君の均整のとれた裸、顔に似合わぬデカマラを拝むことになるのですが……。その話はまた今度投稿します。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    続きが楽しみです

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索