ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中2の頃、ハイエースで拉致されてしまい・・・・

【ゲイ】中2の頃、ハイエースで拉致されてしまい・・・・

工事現場の悲劇

大阪府在住のゆういちさんからの投稿。ある日、工事現場の中でエロ本を見つけてしまう投稿者。こっそり読んでいると知らないおじさんに見つかってしまい・・・・
犯される男

中学2年の男子の時におじさんに犯されました。

誰もいなかったので、家の近くの工事現場に勝手に入って遊んでいたのですが、そこに落ちていたH本を見つけました。

興味あったし見たことなかったから、興奮してみているとやらしい内容でチンコも立ってきました。

そうしたら「おい、なにしてんだ」と怒鳴られました。声ののほうをみると作業着姿のおじさんがいました。

びっくりした僕はうごけなくて「そこでなにしてる」とおじさんが近づいてくる

僕は「すみません」と謝ると「こんなとこはいってきたらだめだろどこの学校だ」とじろじろと見てきます。

「すみませんもう入りません」と逃げようすると「逃げるな、何見ていた」と僕の腕をつかみ僕が見ていたH本を持ち上げて「なんだこんなのみていたのか、ちょっとこい」と手をつかまれたままおじさんの車に連れていかれました。

ハイエースの後部座席に押し込められ僕は怖くてなにもできなくなってました。

「ダメだろここは、危ないからこんなのを見たいなら俺のをやるからここにはくるなよ」とおじさんがH本を渡してくれました。

びびっていた僕は遠慮していたけどおじさんは開けて見せてくる「その年ならみたいだろ、こんなの沢山あるし遠慮するな」言ったので恐る恐る見ました。

やはり見てると興奮してチンコが固くなってると、おじさんが固くなったチンコをつかんできて「やっぱり若いと元気だな」と触ってきました。

嫌だけど怖かったので抵抗もできずにいると段々と気持ちよくなってきました。

「気持ちいいか、、、もっと気持ちよくしてやろうか」というと僕のズボンのチャックをおろしてチンコをだして舐めてきました。

僕は初めてのことだったので、よくわからないまましてもらっていると初めての気持ちよさであっという間におじさんの口の中に射精してしまいました。

おじさんが「若い味だな、お前もっと気持ちいいことするか」と言ってきました。

いったばかりでぼーとしていたので、わからず頷きました。

「ならしてやるわ」とおじさんは車のエンジンをかけてラブホテルに移動して入りました

初めて入るラブホテルは緊張しました。

中に入るとおじさんが優しく服を脱がせてくれました。

全身舐められてくすぐったりしたけど、気持ちよかった。

おじさんがおしりの穴に指をつっこんできたときは、びっくりしたけど抵抗が出来なかったです。

痛かったのが段々気持ちよくなってくるとおじさんがちんこをいれてきました

なんともいえない感じでしたが、おじさんがチンコを触ってくるとすごく気持ちよかったです。

そしてチンコを激しく扱くとあっという間にいってしまった。

「いったか俺もいかせてもらうぞ」というと腰を激しく動かしてから、お尻の中でいったみたいです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。