ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】熟年ウケが極太なイチモツを堪能してみた・・・・・

【ゲイ体験談】熟年ウケが極太なイチモツを堪能してみた・・・・・

今までで一番のビッグサイズ

北海道在住の熟年さんからの投稿です。熟年ゲイである投稿者が滞在先のホテルで掲示板を見ていると1つの書き込みを見つけた。熟年のウケを求める内容の書き込みであった。ダメ元でメールを送ってみるとなんと返信が。添付されていた写メを見て驚く投稿者・・・・・・・
最奥までアナル挿入
40代の男です。

あれは去年の年末でした。

ネット掲示板で書かれていた「ホテル滞在中の熟年。ウケの人に会いたい」と言う書き込があり、 軽い気持ちで携帯からコメントを送りました。

コメントは、まず返って来ないだろうと思っていましたら・・暫くすると返事が来て数回やり取りを交わし会う事になり、その人の出張滞在中のホテルへと向かいました。

携帯メールのやりとりの中では「熟年でデカマラですが、大丈夫ですか」とも書かれいて添付されていた写真は、かなりの大きなイチモツでした。

自分でもこんなに大きなのは、大丈夫かなと思いながらもイチモツ画像が目に焼きつき興味をそそられました。

そして、ホテルの部屋に向かいました。

部屋に入ると その方Aさんは半袖に短パンでした。

冷蔵庫から缶ビールを出してくれて冷えたビールを頂きながら仕事の事や、 いろんな話をして少しの時間が過ぎた頃・・Aさんの腕が僕の肩に伸びて来ました。

体を使う仕事か運動をされているのか、がっしりとした体と逞しい腕でした。

夕暮れ時に部屋に入ったのですが窓の外は夜景に変わっていました。

Aさんは耳元で「来てくれてありがとう、早く君の身体が見たいよ」と言われ、二人とも全てを脱ぎベッドに横になりました。

Aさんの体は僕より一回り大きな体で、横になるとキスと共に強く抱きしめられました。

僕は、普段は普通なのですがエッチのスイッチが入ると、ドンドンと溶ける様になります。

唇を重ねながら、Aさんの固いモノは太腿の深い所に当たっていました。

そのサイズは、送られてきた写真から大きいとは判っていましたが、実際に対面すると今までで一番の大きさだと思いました。

Aさん「フェラして欲しい」

僕「はい、判りました。」

Aさんの前に ひざまずき、口に含みました。

大きく開けた口から喉へ、太いモノが入って来ました。

口をふさぐほどの息も出来ないサイズ。

大きな肉棒は、喉の奥まで出入りを繰り返していました。

Aさん「咥えたまま 俺の目を見て・・」

僕「はい」

あまりの大きさに、息も出来なくて涙目になっていました。

そんな僕を見下ろしているAさんの肉棒は、より大きくなって喉の奥まで入って来ます。

両手で頭を掴まれ押さえ込まれる深いフェラもしました。

暫くするとAさんの指は僕のアナルにゼリーを塗り込んでいました。

その指は、花弁を一つ一つ開く様に塗り込んで来て、アナルがヌルヌルになる頃、僕はスイッチが入りもう完全にM状態でした。

Aさん「入っていい?」

僕「はい」

Aさん「前から入るよ」

僕「はい」

大きなモノがアナルに当てられ、アナルの中心に向かって肉棒は照準を合わすかの様に、ゆっくりと入って来ました。

最初のカリが入る所がけっこう痛かったです。

やがてカリが入ってその後ゆっくりと深く入って来ました。

全てが入ると、Aさんの激しい腰使いが始まりました。

Aさん「ああ、良いマンコだ。良く締まっているよ。」

僕「はい」

僕の身体は完全に女状態でした。

「ああっ大きいです、気持ちいいです。」

狭い部屋ですから大きな声は出さない様にと思いましたが、押し寄せる官能に漏れてしまいました。

前からも後からもとても激しいエッチでした。

最後は再び前からで僕の両足はAさんの両肩まで上げられていました。

深い結合感の中、なおも激しい動きが続きAさんの声が響きました。

「イクよ!」

「来て!」

・・・・・体の中心に入った大きなモノから熱いモノが広がりました。

時間にしたら二時間程でしたが楽しい時間でした。

またこちらに出張する時は、連絡をくれると約束してくれました。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。