ホーム » トコロテン » 【ゲイ体験談】ヤリ部屋で朝まで中出し乱交!種汁でケツがヤバイwww

【ゲイ体験談】ヤリ部屋で朝まで中出し乱交!種汁でケツがヤバイwww

【体験談】東京都在住のバリウケさんからの投稿です。都内で働く投稿者が先輩に誘われて居酒屋へ。仕事話に花が咲いてしまい、気がつくと終電の時間を過ぎていた。仕方なくヤリ部屋で一泊することにした投稿者・・・・・

朝まで中出し乱交

終電を逃した金曜の晩、ヤリ部屋で過ごす羽目になり軽くシャワーを浴び寝場所を探しに上にあがり、薄暗い一角を見つけいつもの癖でうつ伏せでウトウト寝てしまった。

次の瞬間、ケツ穴に冷たい感触を感じて振り返ると、年下のイケメンが上反りのギンマラでケツマンコを狙ってた。既にケツ穴にはオイルが塗られており、ブチ込み態勢が出来上がってた。思わずケツマンコを突き出した。イケメンが

「生でいいか?」

と聞くので無言で頷くのと同時に一気にブチ込まれ高速で突きまってきやがった。俺もチンポからヨダレが垂れっぱなしで喘ぎ声を挙げ感じまくり。イケメンが

「兄貴のマンコ、トロトロっすよ!マジ、ヤバいっす」

と叫びながらガン掘りを続けた。気が付くと、それを聞きつけた、2~3人のギャラリーが...お互い興奮度が増し、更に激しく生交尾が続いたのちイケメンが

「兄貴、種どこに欲しいっすか?」

と聞いてきたので

「中に出してくれ」

と叫んだ。程なくするとイケメンの動きが止まり、数回ピクッ、ピクッと痙攣し俺のケツの中に熱い種を放出した。しかし、それで終わりではなかった。途中から気が付いて集まったギャラリー達も興奮状態で納まりつかず、次から次へとケツで種処理をさせられた。

イケメンから種付けられた倦怠感が抜けきらず放心状態でいると、後ろで二人組の会話が耳に飛び込んで来た。そいつらは途中から生交尾を観ていた奴らだった。

「なぁ~マワそうぜ」

そう聞こえた瞬間、二人組に起され腕を掴まれ個室へ連れ込まれた。部屋に入ると二人組、腰に巻いてたバスタオルを外した。一人は水泳体系で競パン跡がくっきり、もう一人はがっちり体系で、既に完全勃起したデカマラと長マラが目の前に現れた。

両側に立ち、交互にクチの中に熱い肉棒が突っ込まれる。咥えきれぬデカマラと喉の奥に当たる長マラで、咽びながらシャブリつく。時にはWで咥えさせられた。

暫くすると、ガッチリ系の奴にケツを突き出せ!と命じられ素直に四つん這いになりケツマンを突き出す。既に開ききってるマンコは、すんなりとデカマラを飲み込んだ。長マラの奴が前に回り、再びクチの中に突っ込み クチとケツ同時にピストン運動が始まった。喘ぎ声を漏らしながら感じている俺が、そこにいた。

二人組は10分間隔で交代し、一時間近く犯され、まずはデカマラがケツマンコに一発目を種付けられた。その時、俺はトコロテンでイッてしまった。

その後、長マラから種付けられた。穴からは種汁が流れ落ちるのが解った。これで解放されると思った。が、その思いは早くにも打ち砕かれた。次の瞬間、デカマラが

「まだ終らないぜ!」

と、ニヤリと薄笑いを浮かべた。今度は、ドラマンで楽しませて貰うぜ!と言うと隠し持ってた、?Dを仕込まれた。効きだすまでの間、二人は煙草をふかし待機中!俺が置かれた状況は、まさに蛇に睨まれた蛙状態で、どうする事も出来なかった。

次第にケツが熱くなり始め ?Dが効いてきたのが解った。それをデカマラが見逃すはずがなかった。

「効いてきたなッ!」

と言いつつ、指でケツマンコを掻き回された。俺は全身が超過敏なまでになっていた。そこからは頭が真っ白になり、今迄に味わった事が無い快感に酔い痴れ、記憶が途切れ途切れで自らチンポをねだり、気が付くと

「マンコに種下さい」

と叫ぶ自分が居た。あの時、何発の種を流し込まれたのか覚えてない。朝方、寝てたシーツを見ると、そこには大量の種汁があり、ケツマンコからも流れてた。忘れぬ一夜だった。

今は病み付きになりつつある自分が居る。今週末、もう一度、味わいたい気持ちでいっぱい...

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。