ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ショタの脱糞姿見て完勃ち→彼氏にバレてお仕置きファック

【ゲイ】ショタの脱糞姿見て完勃ち→彼氏にバレてお仕置きファック

他の男の子で勃つのはダメ!

兵庫県在住のカイリさんからの投稿。公衆トイレで戸を開けたままウンチするショタの姿に興奮し勃起してしまったという投稿者。しかし、一緒にいた彼氏にすぐに見つかってしまったようで・・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
小6の夏休みくらいから、健太郎くんと一緒にトイレの練習を始めて2ヶ月くらいが経ったある日のこと。

健太郎くんと手を繋ぎながら歩いているときにウンチがしたくなった僕は、すぐ近くにあった公衆トイレに入りました。その公衆トイレは身障者用や洋式の無い古いタイプ、しかも、男子用には個室は1つしか無かったけど空いていたので、健太郎くんと一緒に入りました。

そして、健太郎くんに「ねえ、いつもはドアを開けたままでウンチしているけど、今日はちゃんとドアを閉めてウンチしてみようか!」と言われたので、ドアを閉め、鍵も掛けました。

そのあと、半ズボンとオムツを脱いで、手摺りを握りながら、和式便器に跨がった瞬間、僕のお尻から一気にウンチが吹き出して、猛烈な臭いと音が広がりました。

そのときは珍しくお漏らしはしていなかったけど、いつも以上にお腹がぴーぴーなことに気が付いた健太郎くんが、ずっとお腹をさすってくれていたときのことでした。

「あぁ、ウンチ漏れちゃう!」という声を上げながら、誰かがトイレに駆け込んで来て、僕たちが入っている個室のドアを激しくノックしました。

健太郎くんがノックを返して、「ごめんなさい! 今、カイリくんがお腹がぴーぴーで出られそうじゃないんです!」と答えた直後、「あぁあぁ、もうダメだぁ•••」という絶望的な声が聞こえた後、ウンチをお漏らしする猛烈な臭いと音が広がりました。

それから数分が経って、僕のウンチが終わったので自分でお尻を拭いて、オムツと半ズボンを穿いて水も流して個室から出ると、小3くらいの男の子が半ズボンや足までウンチまみれの状態で、そして、僕や健太郎くんと同じくオムツを穿いているみたいで、半ズボンとオムツの替えを持った状態で立っていました。

僕たちが個室から出ると、男の子もかなりお腹がぴーぴーだったみたいで、ドアを開けたままで半ズボンとオムツを脱ぎ、和式便器に跨がった瞬間、お尻からビチャビチャのウンチが吹き出して、再び猛烈な音と臭いが広がりました。

公衆トイレで僕がずっと個室に入っていたため、ウンチを我慢することが出来ずにお漏らししたうえ、個室に入った後もずっとウンチをしている男の子の姿を見た僕は、おちんちんが完勃ちしてしまいました。

完勃ちしているといっても、健太郎くんのおちんちんと違って、僕のおちんちんは小1くらいの男の子と変わらないくらい小さかったけど、僕のことになると物凄く敏感な健太郎くんにはバレてしまいました。

「カイリくん、さっき公衆トイレで男の子がウンチをお漏らしして、さらに和式便器でウンチの続きをしているのを見て、勃っちゃたんだね!」と言って来ました。そういう健太郎くんのおちんちんも完勃ちしているのに気が付いた僕は、そのことを指摘するも、健太郎くんは「僕はカイリくんの彼氏だから、ほかの男の子で勃っても良いけど、カイリくんは僕の彼女なんだから、ほかの男の子で勃つのはダメなの! そんな淫乱なカイリくんには、今から僕がお仕置きレイプをしてあげるから!」と言って、僕を近くの公園の倉庫の裏に連れ込みました。

「健太郎くん、こんなところでエッチしていたら、誰かに見つかっちゃうよ!」と抵抗するも、「カイリくんは淫乱だから、僕にレイプされている姿を皆に見られるのが良いんじゃないの?」と言いながら、僕のオムツの中に手を入れて来て、おちんちんをシゴき始め、僕はあっさりと射精してしまいました。

「カイリくんは学年で一番の秀才でハンサムで、家も超お金持ちなのに、6年生になってもオムツが取れなくて、1人でトイレにも行けない。しかも、淫乱だなんて、レイプされない訳ないじゃん!」と言いながら、僕をその場に押し倒して、ジャンパーとシャツの前を開けて肌着をめくり上げ、さらに半ズボンとオムツを脱がせました。

そして「僕は男の子がお漏らしするのと、トイレでウンチをする姿だけじゃなく、カイリくんがウンチをする姿まで見ちゃったから、もう限界だよ!」と言って、半ズボンとオムツを脱いで、バットのようになったおちんちんを見せて来ました。

「そんなの挿入されたら、僕が壊れちゃうから!」と逃げようとする僕を簡単に取り押さえて「じゃあ、カイリくんの望む通りに壊してあげるから!」と、健太郎くんはいきなりおちんちんを僕のお尻に挿入して、激しく腰を動かし始めました。

いきなり奥まで突かれて僕はまた射精してしまったけど、健太郎くんの腰の動きは止まらず、何度も奥まで突かれて連射されたあと、僕は意識を飛ばしました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。