Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » トコロテン » 【ゲイ】初トコロテンを目指してオナニー研究を続けた結果wwwwwwww

【ゲイ】初トコロテンを目指してオナニー研究を続けた結果wwwwwwww

目指せトコロテン

静岡県在住のリーマンさんからの投稿。たまたま目に入ったゲイ動画でトコロテンというモノを知ってしまった投稿者。手っ取り早くハッテン場に突入してみるもトコロテン達成には到らず。もう自分で開発するしかないと自宅でアナル開発をはじめてみる・・・
ディルドでアナニーする男性
元ノンケですが、アナルの快感が分かり始めてから、トコロテンをしてみたくてネットで情報を集め、色々なことを試してみました。

最初は手っ取り早く、お相手を探したのですが、ゲイではなく既婚者のため「恋人」を作るわけにもいかず、どうしても一時のプレイで終わってしまい、トコロテンには至りませんでした。

ゲイとして、特定の男性と同棲でもするようになれば早いのでしょうが、残念ながらノンケですし、男性に対して恋愛感情を持てないので、そういう流れにはなりませんでした。

それで、発展サウナに通い相性云々は抜きにして、取敢えず何度も抱いてもらおうという行動に出ました。

発展場では、ネットでパートナー募集するよりはるかに多くの男性に抱いてもらいました。

しかし、タチの男性にも色々な方がいますし、何よりそういう男性はご自身の快楽を優先されますので、私を仕込むというところまではいきませんでした。

数人に輪姦されたこともありますが、それが例えば何日も続くこともなく終わってみれば、一時の快感で終了でした。

私の目的はあくまでもトコロテンすることなのです。

それで、発展場でもトコロテンは無理だということが分かり誰かに仕込んでもらうのを諦め、自力でなんとかしようと思い色々なディルドやローターを買いあさりました。

特にペニスでイかないようにするために、貞操帯を使い始めました。

お相手を探すのではなく、あくまでもオナニーなので、毎日のようにすることが可能です。

そうしているうちに、意識をペニスからアナルに移すことで、自分自身でペニスの存在を忘れ、勃起しないでいられることが分かりました。

これは、その後のトコロテンに繋がる大きな発見でした。

根がマゾなので、貞操帯を嵌めているという事実は、被虐感をあおります。

その被虐感が興奮→勃起となるのですが、アナルにディルドを挿入し前立腺に当てながら、全意識を前立腺に集中するとペニスは萎えていきました。

頭の中では、自分の股間は「女性のそれ」であり、ペニスのようなものはぶらさがっていなくて、オマンコに挿入されているディルドが気持ちいい部分に当たっている・・・という想像をすることで、自身のペニスの存在自体を忘れられたのです。

一種の自己暗示のようなものですが、何回も繰り返すうちに自然とそれができるようになりました。

そうやって、全意識を前立腺に集中させ、いかにも本物のペニスが今まさに自分を貫いている!と思いながらオナニーを続けていると、前立腺から上がってくる快感だけでイきそうになり、さらに刺激を続けるとついに射精してしまいました。

射精するときの感覚は、普通にペニスを扱いたときのものと同じでしたが、ただひとつ違ったのは、ペニスを扱いたときは、ギンギンに勃起したペニスから爆発的に一気に射精して、平静に戻るという感じですが、

最初の「ドカーン」という快感が来てから、しばらくの間その快感が持続しました。

上手くいえませんが、

普通は『・・・・ドカーン・・・ふ~』って感じなのが

『ドカーーーーーーーーーーーーーーーーーン』という感じです。

強さは同じでも長さが全然違います。

ですから、完全にその快感の虜になってしまいました。

当然、その日から何度も何度も同じようにオナニーしました。

そしてある時、勃起しないなら貞操帯もいらないと思い、貞操帯抜きでオナニーしました。

ただし、目を開けると萎えているとはいえ自分のペニスが視界に入りますのであえて見ないように目をつぶり、頭の中では前立腺に意識を集中し、オマンコに挿入されているペニスを思い描きながらオナニーしました。

そして、射精の瞬間目を開けると、仮性包茎で完全に皮をかぶった筍のようなペニスの先から、ドロッドロッドロッ・・・という感じでザーメンが出てくるのが確認できました。

そしてその間中、射精感が続き、あまりの気持ちよさに意識が飛びそうになりました。

そうやって、オナニーでトコロテン出来るようになってからは、普段からペニスというものを意識しなくなりました。

エッチな事を考えると、まずアナルがヒクヒクします。

萎えているペニスを擦っても気持ちいいという感覚がありません。

ペニスが「生殖器」でも「性器」でもなくなって、単なる「排泄器官」になってしまいました。

その代わりにアナルが「性器」になったような感じです。

そこまでになると、本物の男性に抱かれてもトコロテンするようになりました。

ただ、お相手の方のテクニックの問題もあり、こちらがあともう少しというところで、向こうが終わってしまい、それっきりという事もあります。

やはり相手がいると、しかたないことですが、相性という問題が起こってきます。

でも相性さえ合えば、本当に気持ちのいい絶頂感を味わえます。

もう戻れません・・・というより戻りたくありません。(笑)

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索