ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】中年デブの女装子がナンパされた末路wwwwwwww

【ゲイ】中年デブの女装子がナンパされた末路wwwwwwww

ポッチャリ系の女装子と

都内座中の会社役員さんからの投稿。数年前から女装の世界にハマってしまったという投稿者。かといって役職柄、会社の人間に見られることは許されないため離れた場所でそれも深夜に女装散歩を楽しむらしい・・・

都内西側住み 170 84 41、やわでぶ中年女装です。

年甲斐もなく若い子みたいな服装が好きで、黒のビスチェが透けてみえるカットソー、ミニミニのぺチスカート、腿でストッキングを吊ってセミロングウイッグ、ヒール、というような恰好で夜出かけています。

昨年のこと。何気なく公園に行ってみたときのこと。

0時を過ぎて静まる公園を散策し、街灯のある通りのベンチで休んでいたとき、何気なく前を往復する人が・・・。

「一人?横座っていい?」と太目の男性が声をかけてきました。

「ええ。僕男ですけど。いいならどーぞ」

「いいのいいの。じゃ、ちょっと失礼するね」

そういうと男性は私の横へ座りました。

「いやあ、最近女装さん見ないからさあ!久しぶりに見つけちゃったよ」と笑う男性。

こちらも「はは、そうなんですか。私も偶然来たんですよお」と軽く会話をしました。

「じゃ、ちょっといいかな・・」

その男性の手がスト足に伸びてきます。両手の指先で、足を軽く刺激するようないやらしい手つきに、こちらもあわせてしまいます。

くすぐったくてモゾモゾするのを面白がられ、両膝をスっと広げられます。

「へえ~、こういういやらしいストッキングとかどこで買うの?」

「なかなか肉体的でボリュームがある足だね。いいよ・・」

内腿をたっぷり撫でられたと思うと、ショーツに手が。

痴漢プレイでドキドキしてしまい、小さいショーツで無理やり抑えていた私のペニスが、ショーツを一気に引き下ろされたことで、スカートの裾からニョキッっと・・

「うわ!興奮してたんだね!こういうの好きとは」と笑われてしまいました。

その男性は私の膝の前に座ると、スト足の間に顔をうずめ、私のペニスをクチに。

ここで?ちょっと待った!そう思っていても男性の刺激に耐え切れず、すごく気持ちいい感覚を味わってしまいました。

手を伸ばして耳や頭を撫でながら、優しく口で吸ったり責めてきます。

ペニスを咥えたままで頭を振ったりと、変わったテクにもう爆発寸前でした。

ああ、いっちゃいそう・・そう思うと男性がクチを外します。

「気持ちいい?ねえ。どんくらいいい?」

「え?いやあ、もう・・・だめそうです」

「だめだよ簡単にいっちゃ。」

そういうとまたクチに頬張られ、刺激が始まります。

「もう勘弁してください。いかせちゃってください」

そういうと、男性が一気に激しくしてきます。

あっというまに行かされてしまった途端、男性がクチを外し、その人に笑って見られながら、情けなく落ち葉や自分のスト足に次々放出してしまいました。

「きもちよさそうだなあ!じゃ、俺も」

そういうと目の前の男性はジーンズのベルトを外し、大きくなった自分のを引き出すと、私の目の前で手淫しはじめました。

「ほら、いい?」

そういった瞬間、私の黒いミニの上に、勢い良く体液が発射されました。

露骨に体液染みが出来たまま、少し会話をしてからその人は帰って行きました。

公園の中を駐車場まで歩く間も、男性の体液を隠すことすらできず。

でもソレが羞恥で、そのまま家に帰り、自慰してしまいました。

これと同じか似たプレイ、またしたいなあ(笑)

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。