Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » フェチ・特殊性癖 » 【ゲイ】高1♂ですが体育倉庫でDQN先輩にレイプされました・・・・・・・

【ゲイ】高1♂ですが体育倉庫でDQN先輩にレイプされました・・・・・・・

【体験談】サカユニ性癖

香川県在住の学生からの投稿。中学時代、サッカー部の先輩達のイタズラで何かが変わってしまったという投稿者。そこから変態になってしまい、男物のサッカーユニフォームなどを嗅ぎながらオナニーするように。高校に進学してもその癖は抜けきらず、それがキッカケでとんでもないことに・・・

DQN先輩にレイプ

 

自分がバイのサカユニフェチになったきっかけを書きたいと思います。

 

私は小学生の時剣道部で中学でも続けるつもりでした。

 

そして中学に入学してある日、同じクラスの仲良くなったサッカー部に入っていたりょうが「はやと、サッカー部入らない?」と誘ってきたのです。

 

しかし「俺、剣道部に入るの決めてるからごめん」と言って断わりました。

 

それでもりょうは「俺のサッカー道具貸すから来ない?」などひつこく誘ってきました。

 

その度に断わりました。

 

そして何日か経ち剣道部の練習に何度か行き、剣道部に入部届けを出そうとした日の放課後のことでした。

 

りょうが来て「はやとにお土産買ってきたからこの後サッカー部の部室の前に来てよ」と言われました。

 

入部届けを出してから行こうとしたのですが「後ででいいじゃん」と言われ、そのままついて行きました。

 

サッカー部の部室前に着くとりょうに部室の中に無理やり入れられ、「先輩!新入部員連れてきました!」とりょうが言いました。

 

そして、部室の中にいたサッカー部員何人かに無理やり制服や靴や靴下まで脱がされ、サッカーユニフォームやサカパン、サカスト、スパイクまで穿かされました。

 

りょうは先輩から新入部員を連れてくるようにノルマで俺を連れてきたようでした。

 

サッカー部の格好にされた後はそのままグランドに出され、先輩達に制服などを取り上げられ帰れなくされサッカー部の練習をさせられてしまいました。

 

そして今日から剣道部だったはずの自分が、サッカー部のユニフォームを着てサッカー部の練習をやっていました。

 

練習してるとサッカー部の監督が練習に来てしまい、完全にサッカー部の新入部員だと思われてしまいました。

 

そして「明日から合宿だからおいで」と言われてしまいました。

 

当然この時は行くつもりはなく、練習が終わってサッカー部の先輩達に剣道部に入部する事を言いました。

 

すると先輩達が俺の学生服と靴をとって、「明日これ返すから。明日来なかったら返さないからな」と言われてしまいました。

 

その日、結局返してもらえずサッカーユニフォームにスパイクで帰る事になってしまいました。

 

その姿で帰るとかなり目立ちクラスの女の子などに見られてしまいました。

 

そして親にバレないように家に入り着替えました。

 

制服を取り戻すため、親には剣道部の練習だと嘘をついて次の日行く事にしました。

 

そして合宿、かなり走りこみをしてミニゲームをして終わりました。

 

完全にサッカー部の新入部員のようになっています。

 

目的だった制服はその時点では返さないと言われ明日までやらないと返さないと言われました。

 

親が急だから許さないと思っていたのですが、3年の先輩が剣道部の先生になりすまして親に剣道部の合宿だと電話して、泊まる事になってしまいました。

 

そしてその日の夜、サカユニフェチにされる出来事がありました。

 

夜みんな一つの部屋で布団で寝るんですが、急に先輩が「はやとにサカユニの気持ち良さ教えてやるか」とニヤニヤしながら言いました。

 

周りの部員も怪しく笑っていて急に部員達に抑えつけられ、体操着を脱がされ部員達と同じサカパンを直に穿かされ、サカパンの上からアソコをシコシコされ始めました。

 

最初は嫌で抵抗して逃げようとしていたのですがだんだんアソコが膨らんでいき、今まで経験したことがない気持ち良さに襲われていきました。

 

抵抗も出来なくなり何かが出そうな感覚に襲われました。

 

その時に「サカパン気持ちいだろ?」と聞かれ思わずコクンと頷いてしまい、もうその時には洗脳された状態になっていました。

 

「サッカー部だと毎日できるぜ」と囁かれながらシコシコやられサッカー部の部員全員が見てる前で初めて精通を感じてしまいました。

 

その後訳も分からずりょうが持ってきた入部届けの部活の欄を剣道部からサッカー部に書きかえてしまい「サッカー部の仲間入りだよ」と言われ、その瞬間サッカー部になってしまいました。

 

サッカー部では部員同士でシコシコしたりされたりするのが普通で、その日から私も先輩のをシコシコやっていました。

 

合宿も最終日になりユニフォーム姿で写真撮影までしていました。

 

その後は親に内緒で正式にサッカー部になりました。

 

そして入部から3年が経ち、高校生になりました。もちろん部活はサッカー部です。

 

高校に入ってからは中学の時みたいに部員同士でオナしたりすることはなくなりムラムラが溜まっていきました。

 

練習終わりに部室に置いてあるカッコいい先輩のユニやソックス、スパイクを履いてみたりしてたのですが物足りなくなってしまい、先輩のサカパンを直に着てオナしたりしていました。

 

そしてある日練習終わりにみんなが帰った後、先輩の練習で使ったユニやソックス、スパイクを全部身に着けてオナしていると急にガチャっと部室のドアが開けられ、身に着けていたユニの先輩が入ってきてしまいました。

 

そしてその姿を見られ、沈黙が流れた後、私からフェチである事など全て話ました。

 

すると先輩は優しく「汚すなよw」とだけ言って行ってしまいました。

 

もっと引かれると思っていたので思わずキョトンとなってしまいました。

 

その先輩は顏は可愛い感じで佐藤勝利みたいな顏の先輩(この後から勝利先輩)で女の子からも人気な先輩でした。

 

そんな事があった次の日の日曜日の練習終わりにみんな帰った後、勝利先輩に呼ばれ体育館に連れて行かれました。

 

そして体育倉庫の中まで行きました。

 

すると中に3人いて2人はバスケ部、もう一人はサッカー部の先輩で一人DQNのバスケ部の先輩以外はみんなイケメンでした。

 

そしてバスケの格好したDQN先輩が「この可愛いのが仲間にできそうな奴?」と勝利先輩に聞き、「そう。可愛いだろ?」という会話をしていました。

 

すると「じゃあやるか!」という言葉を合図に羽交い締めにされました。

 

そしてアソコをサカパンの上からシコシコされ始めましたが私はこれは経験済みなので抵抗しませんでした。

 

すると同じサッカー部の先輩が「勝利の言うとおりこいつ仲間にできそうだな」とニヤニヤしながら言っていました。

 

そしてDQN先輩が自分のアソコを出したかと思うと「舐めろ!」と言ってきました。

 

自分はもちろん嫌だったので「それは嫌です!」と言うと無理やり押し込んできました。

 

口を閉じて抵抗していると鼻をつままれて口を開いた瞬間、先輩のアソコが口の中に入ってきました。

 

そして先輩は腰を振り始めました。

 

何度かオエッとなり逃れようとしても先輩達に抑えられていて逃れられず、先輩が「あっ出る。あっ」と言った瞬間脈を打ちながら大量の精液が口の中に入れられてしまいました。

 

射精の勢いで喉の奥の方まで入っていきました。

 

DQNの先輩に精液を飲まされた事に思わず泣いてしまいました。

 

その後今度は着ていたサカパン、スパッツまで全部脱がされてDQN先輩はローションを手に持っていて俺のお尻に押し当て流し込まれました。

 

このままでは挿れられると思ったので必死に抵抗して「それだけはやめてください。」と泣きながら言いましたが聞いてもらえず、指が入れらてローションが広げられていきました。

 

足をバタつかせて抵抗して挿れられないようにしてたのですがガッチリ抑えられ、ゴムを付けた後、ついに中にヌルっと入ってしまいました。

 

この瞬間ホモにされた感じがして悲しくなったのですがジーンとした刺激がして繰り返されるうちにだんだん快感に変わり始めました。

 

その時DQN先輩が勝利先輩に「はやとをバイにしろ!」と言って勝利先輩が俺のアソコを舐め始めました。

 

今まで経験した事の無い気持ち良さに襲われました。

 

ケツを掘られた気持ち良さと格好良い先輩にアソコを舐めてもらって確実に何かが芽生えていきました。

 

その時一人の先輩にスマホで動画を撮られていました。

 

もうすでにおかしくなっていてDQN先輩に「気持ちいだろ?」と聞かれて「ヤバイっす。もっとお願いします」と言ってしまってました。

 

そしてケツでドクッドクッと脈を打ち、自分もイキそうになっていたのですがイキそうになると寸止めされ、それを何度も繰り返され思わず自分で「あっ勝利先輩ぃイカせてくださぃ」と言ってしまいました。

 

すると勝利先輩は口を激しく動かし、自分も腰を振っていました。

 

そしてドピュッドピュッと勝利先輩は口の中で受け止めてくれました。

 

これがきっかけでただのサカユニフェチからバイにされてしまいました。

 

勝利先輩も同じように無理やり挿れられてだんだん慣れて気持ち良くなってしまいバイにされたようです。

 

これをヤられたらヤバイです。



 

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索