Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ノンケの友達(19)が部屋で寝てたので夜這いしてみた結果wwwwwww

【ゲイ】ノンケの友達(19)が部屋で寝てたので夜這いしてみた結果wwwwwww

男友達を夜這い

栃木県在住の学生さんからの投稿。実家に帰省中、家に友達が遊びに来ていたのだが酒に酔って寝てしまった。その友達は幼い頃からサッカーをやっており細マッチョ体型。プリッとしたお尻を見ていると我慢できずに・・・

夜這い

俺は大学生のときに、ふと手にしたゲイ雑誌がきっかけで男に興味を持ち始めていた。

そしてすぐに、男の尻に入れてみたいという強い願望を持ってしまっていた。

だが雑誌に出ているようなハッテン場で見ず知らずの人と交わるのには抵抗があり、行動出来ずにいた。

そんなとき、夏休みで田舎に帰省すると、中学・高校と同じサッカー部で仲の良かった友人が実家に遊びに来た

2階の俺の部屋で、久しぶりに2人で夜中まで飲んでいたら、飲み過ぎてそいつが寝てしまった。

その日は、暑かったし友達同士ということもあり、お互いに下着姿という楽な格好だった。

寝ている隙にこっそり悪戯しようと決めた。

寝息を確認しながら、そっとパンツの前を触ってみるとすぐにそいつのアソコが大きくなってきた。

気付かれないようそっとパンツのゴムを持ち上げると、想像以上に立派なズルムケチンポが勃起していた。

起きてバレるととんでもない騒ぎになる。もう一度友人が寝ているか確認する。

そして、ドキドキしながらパンツに手を入れて、直にアソコを触ってみた。

初めて触る同性のチンコ。凄くカチカチになっている。

目を覚まさないか気になったが、全く寝息は変わらなかった。

アルコールのおかげですっかり熟睡しているようだ。

下の階にいる両親もとっくに寝ている。

今になって思えば大胆な事だが、ついにここで願望を実行に移すことにした。

友人をそっとうつ伏せにし、そしてパンツを下げた。

筋肉質ないい尻だ。

手で尻の肉を掴んで広げると、卑猥な穴が見えた。

クリームのような物が部屋に無かったので、ツバを自分のチンポにたっぷり付けて行為に及ぶ。

友人は酔って寝ているからだろうか、ツバだけで先っぽの亀頭部分が入った。

尻の穴は暖かく、チンポに密着してきて最高に気持ち良かった。

俺の亀頭は細いのでなんとか入ったが、根元まで挿入するのはさすがに無理と判断。

先っぽだけを出し入れして楽しんだ。

気持ち良過ぎて、直ぐにいってしまった。

中で出してしまったのだ。

ティッシュで穴の辺りを拭いたが、中はどうしようもない。

朝、眠れなかった俺に対して友人は全くいつもと変わらなかった。

俺の両親と一緒に朝飯を食って、元気に帰っていった。

俺のザーメンには気付かずに、普通にトイレで流したんだろう。

まさかそんな事があったとは思ってもいないはずだ。

その友人は今では結婚もし、子供も2人いる。

地元で小さい会社の社長をしている。

今でもそいつとは仲が良い。

あの夜の事は俺の一生の秘密だ。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索