ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】祖父がボクの包茎チンコを剥いて弄ってくるんです・・・・・・・・

【ゲイ】祖父がボクの包茎チンコを剥いて弄ってくるんです・・・・・・・・

孫思いのおじいちゃん

長崎県在住の学生さんからの投稿。幼い頃に起こったお祖父ちゃんとの経験を投稿してくださった投稿者ある日、いつものようにお祖父ちゃんとお風呂に入っていたのだが、やけにチラチラと股間をみてくる・・・
お爺さんのフェラチオ
こんなサイトがあったとは、驚きながらも興味深く皆さんの体験談を読ませて頂きました。

皆さんのような絡みはないですが(笑)、俺も実のおじいちゃんとの恥ずかしい思い出があるので書かせて頂きます。

両親は共働きだったので俺はおじいちゃん子でした。

おばあちゃんは俺が生まれる前に若くして亡くなっていました。

なので夕飯やお風呂まで、何をするのもずっとおじいちゃんと一緒に過ごしていました。

そんな、おじいちゃんとのお風呂での経験談です。

人に言ったら驚かれてしまうんですが、俺は中3までおじいちゃんと風呂に入ってて当時は恥ずかしいなんて気は全くなかったと思います。

そして、いつものように一緒に入浴してたら、『しっかりチンポも洗えよ』と言われて、『ちゃんと洗ってるで』と言ったら、『いいや洗ってない。チンポはな、皮も剥いて洗わなアカンねん』と言われました。

当時は何のことか分からなくて、『皮を剥くって?』と尋ねたら、いきなりおじいちゃんは風呂から上がってきて、俺のチンポの先をつまんで、『これは包茎やねん。これを剥いて中まで洗わなアカンねん』と言いました。

そして、『痛かったら言えよ』と言って、おじいちゃんは俺のチンポを剥き出しました。

おじいちゃんの言う痛みも全くなく、スルッと剥けました。

当時から、勃起した時は剥けてたので、自分の亀頭は見慣れていましたが、おじいちゃんは俺の包茎しか見てないから、ちょっとびっくりしたように『これでお前も一人前の男やな』と言いました。

『この中が蒸れて臭なったりするねんで』と、チンポの洗い方を教えてくれました。

で、俺は『剥いてまで洗うもんなんか』と知り、石鹸をつけて、チンポを洗い出したら、何ともくすぐったいような快感を覚え、即、勃起してしまいました。

おじいちゃんは笑いながら、『勃っとるくらいが洗いやすいんちゃうかw』と言いながら、俺の勃起したチンポを、ひと撫でしました。

その、おじいちゃんが軽く撫でた感触に感じてしまい何と初めての射精をしてしまいました。

今思えば、中学生くらいって早漏以上に早漏なんですね。

射精の瞬間に、俺は初めて経験する何とも言えない気持ち良さに、恥じらいも感じずに無意識に『ああ…おじいちゃん…』と言ってしまったのを覚えています。

俺は何が起こったのか分からずに、多分、呆然としていたのですが、おじいちゃんは黙って、シャワーで飛び散ったものを洗いながして、俺のチンポにもシャワーを掛けてくれました。

当時は自慰行為も知らなかったし、チンポが何で勃つのかさえも知らずにいたので自分が一番びっくりしたと思います。

今思えば、おじいちゃんも、まさかこんな事になるとは思ってなかったのか、シャワーで俺のチンポを軽く洗ってくれた後、何も言わずに静かに風呂から出て行ったのを覚えています。

その後も、おじいちゃんとはいつものように風呂にも入っていたけど、あの日のことは何も言わなかったし、俺も普通に接していた。

それから俺は自慰行為を知ってコキまくっていたんですが、あの日のことが妙に恥ずかしくなり、中3の半ばくらいから理由をつけて一人で入浴するようになりました。

おじいちゃんは少し淋しそうでしたが、思春期の僕を理解してくれたようでした。

あの時、俺が射精した瞬間におじいちゃんは笑うこともなく、何で無言を貫いたんだろう?

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。