Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 乱交 » 【ゲイ】上野の大番会館で15人と乱交してケツ穴崩壊した話

【ゲイ】上野の大番会館で15人と乱交してケツ穴崩壊した話

噂の大番会館

都内、上野に良いハッテン施設があるとの情報を聞きつけ、東京出張の際に利用したという投稿者。その時の経験が忘れられず定期的に訪れているらしい。そしてある日、そんな淫乱リーマンの前に男達が列を作り出した・・・
大番会館

以前、上野にある大番会館に行ってきたのだが、それ以降病み付きになり、東京出張のたびに大番会館を宿泊先と決めていた。

そんなある日、薄暗い大部屋で男を待っていると、1人がオズオズとぼくの尻を撫でてきた。

「きたな!」と思いながら相手の愛撫に任せているうち、下半身はいつの間にかむき出しにされて、アナルの周辺を指で弄られた。

もちろん、ぼくのチンポは期待で膨らみ、相手が入れやすい体位をとっていた。

相手は初心なのか、躊躇しながらも硬くなったチンポを穴にあてがい、グッと力を入れて挿入しようと試みた。

しかし、潤滑油も何も使わないものだから、上手く入らず、「これじゃいかん」と思ったのか、彼はぼくの穴の周辺に唾をつけ、さらに自分の竿にも唾をつけて、ようやく合体に成功させた。

耳元で、「いいモノをもってるなあ!すぐイキそうになるわ」と囁きながらズッコンズッコンと快調に腰を使っていた。

そのうち、周りに人が集まり始め、われわれの行為を眺めていたが、1人がぼくの前に回って自分のチンポを口に押し付けてきた。

上下のクチがふさがれた格好だったが、やがて先にぼくの穴を使っていた男が「ああ、たまらん! イク! イク! イク!」と叫んで果てると、ぼくにチンポを咥えさせていた男が、「今度は俺だ」とばかりに、後ろに回って硬くなったものを入れてきた。

犯される男

「気持ちいいなあ。さっきイッた男のザーメンでヌルヌルしてる。こんな気持ちのいいのははじめてだ!」と、思いっきり腰を使っていたが、すぐに「駄目だわ! イク! イク!」とあっけなく果ててしまった。

その男がぼくの上から降りると、横で眺めていた若い男の子が「ぼくも入れていい?」と聞きながら挿入したが、可愛い声の割にはデカイチンポ。

ぼくは思わず「いいわあ!いいわあ!もっと強く!」と叫び、自分でもたやすくイってしまっていた。

3人のチンポを味わい、「きょうは成果があったなあ!」と快感に身を任せていたが、その日は3人で終わらず、いつの間にか、新しい男が挿入をしていた。

次の順番を待つ男が前に回ってチンポをしゃぶらせるという、終わりのないズッコン、バッコンがまたもや始まったのだ。

口々に「ヌルヌルで気持ちいいなあ!」とか「いいオマンコしてるなあ!」と言うのを聞きながら、ぼくも2度、3度とイっていた。

確か10人ぐらいは相手にしたかと思ったが、ぐったりしたぼくに年配の男が近づき、「さっきからいいのを見せてもらったぜ。14人を相手にしてたなあ。オマンコ痛くないか?俺も味わわせて欲しいけどいいか?」と言うのでOKして、合計15人を相手にしたのだった。

その最後の年配さん、ただでさえデカマラなのに真珠入りだった。都市伝説と思っていた真珠チンポに出会えるとは!

「どや?すごいやろ?昔、ムショで入れたんや」と耳元でつぶやきながらズッコンバッコン!

痛みを超越したあまりの刺激に「おおおおおお!!!」と雄叫びを上げながら自分でもケツを振っていた。

その年配とのセックスが終わって時計を見ると深夜3時過ぎ。

実に8時間近く掘られ続けていたようだ。

手でヌルヌルになったアナルを拭いてみると薄っすら血がでていた。

おそらくその日の真珠チンポがキッカケで脱肛癖が付いてしまった。

上野を通る度に懐かしくなりまた入ってみたい衝動に駆られるが、それ以来行ってない。



 

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    脱肛とか傷害で訴えろw

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索